ピクシブ百科事典

Strv.103

すとりっつばぁぐんひゃくさん

スウェーデン軍に配備されていた第二世代主力戦車。通称「Sタンク」
目次[非表示]

概要

正式名称はStridsvagn 103。
100mm級の主砲を備えた3番目のスウェーデン戦車だった事に由来する。

中立国スウェーデンでは、ソ連を迎撃する事を前提に戦車開発をしていた。
1950年代中頃、それまで用いられていた英国のセンチュリオン(Stridsvagn 81)を更新するべく、新型戦車Stridsvagn S(のちにStridsvagn 103)の開発を開始した。
その特徴は、
・油気圧サスペンションを用いた姿勢制御
・車体に完全固定された自動装填装置付き主砲
・低車高を徹底するための無砲塔
・車体全体に導入された鋭角の傾斜装甲
である。
一見すると駆逐戦車突撃砲と勘違いしそうになるが、れっきとした主力戦車である。

主砲は自動装填装置付き62口径105 mm L74戦車砲。
センチュリオンのロイヤルオードナンス105 mm L7戦車砲を独自改良した主砲であり、51口径から62口径に延長されている。
総弾数は50発であり、弾種はAPDS、APFSDS、HEなど。
自動装填装置が故障した場合、無線手席付近に搭載されている即応弾5発で対処する。
総合的に、仮想敵であるソ連のT-62を十分撃破しうる性能である。

エンジンはディーゼルエンジンガスタービンの併用式。
通常はディーゼルエンジンのみを使い、発進時や路外走行等、大出力が必要なときのみガスタービンを併用する。
なお、設計段階からエンジンを巨大な空間装甲として扱い、搭乗員への被害を食い止める配慮が為されている。
最高速度は前進・後進ともに50km/hであり、出力重量比はおよそ18hp。

搭乗員は車長・操縦手・無線手の3名。
特性上、操縦手が砲手を兼任しており、無線手は後進時の操縦手(緊急時の装填手)を兼任している。
車長も砲手・操縦手の動作が可能であり、緊急時は一人だけでも戦闘できる戦車である。

姿勢制御用の油気圧サスペンションだが、この戦車以外に装備しているのは、日本の74式90式10式、韓国のK1K2のみである。

バリエーション

  • Strv S1/S2

最初期の試作車両。

  • Strv 103-0
先行量産型。別名ゼロシリーズ。

  • Strv 103A
初期生産型。一部はゼロシリーズからの改修型。

  • Strv 103B
追加生産型。
エンジンの換装に加え、排土板・防水スクリーンの追加。
対HEAT用防護柵がオプション装備として追加。

  • Strv 103C
エンジンやFCSの改良。
A型・B型の双方から改修のみで新規生産は無し。

  • Strv 103D
暗視装置などCタイプの内部ハードウェアを換装した試作車両。
爆発反応装甲を有する試作車両も存在した。


冷戦終結によりソ連の脅威がなくなったため、現在スウェーデン陸軍はドイツのレオパルト2をStrv.121及びStrv.122として採用しており、Strv.103は全車退役している。

余談

ちなみにバトルフィールド4のfinal standで登場するHT-95はこれが元である。(というかstrv.103にホバーエンジン4つだけ付けた感じ)もちろん砲塔は回転しないが本体が回転する。

関連タグ

Sタンク 駆逐戦車 突撃砲 自走砲

pixivに投稿された作品 pixivで「Strv.103」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12983

コメント