ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドイツ連邦陸軍現行主力戦車。最初の生産車が1979年に納入されてから、30年以上経過しているものの、絶え間なく改良が続けられ、いまだに第1線級の戦闘力を誇る。

誕生までの経緯

「レオパルト2」はその名前にもかかわらず、実はレオパルト1の単純な新バージョンではない。
元々はアメリカとのMBT-70KPz70)の共同開発プロジェクトであったが、双方の要望を盛り込んでいくうちに重量が増大し、さらに想定より開発コストが超えてしまったため、最終的にプロジェクトは中止された。
その後、アメリカと西ドイツの双方はMBT-70(KPz70)の開発で得られたノウハウを生かし、それぞれ「M1エイブラムス」と「レオパルト2」を開発したのである。

金メッキのレオパルト(レオパルト2開発計画)

純国産の新式戦車の開発は1970年にクラウス・マッファイ社によって始められた。
1年後には新戦車の名称は「レオパルト2」と決定され、元のレオパルト戦車は「レオパルト1」となった。同年17輌の試作車が発注され、16輌が製造された。開発は進み1977年1月に西ドイツ軍は3輌の車体と2基の砲塔からなる量産試作車を発注したが、これらは車体前面により強化された装甲を装備していた。続いて1977年9月に1,800輌のレオパルト2が発注され、5つの量産バッチに分けて製造された。最初のバッチは1979年10月25日に納入された。

性能

当初より、西側第三世代主力戦車の標準装備である「複合装甲」「120mm滑腔砲」「1500馬力級エンジン」を備えている。
初期の外観はかつてのドイツ軍戦車のような台形型の砲塔を採用していた。
A5から隔壁装甲または楔装甲と呼ばれる空間装甲板を砲塔前面及び側面に付加。射撃統制装置を改良し、車長用ハッチ後方に全周旋回可能な車長用サイトを増設したものになった。
A6からは主砲をA5までに搭載されていた44口径120mm滑腔砲から55口径120mm滑腔砲に換装し、専用のAPFSDSを使用する事により有効射程が向上した。

ヨーロッパ・スタンダード

レオパルト1と同じく多くのヨーロッパの国々に採用された。
ヨーロッパでレオパルト2を採用した国は、オーストリアオランダスイスギリシャスペインポルトガルデンマークスウェーデンノルウェーフィンランドポーランドトルコである。
これは、自国で戦車開発をしているイギリスフランスイタリアと、現在もロシア製の戦車を配備している東欧諸国を除けば、ほぼすべてのヨーロッパの国で採用されていることになる。
その理由は、堅実でありながら発展に余裕のある設計でそれぞれの使用国に合った独自の改修ができることと、それらの要望に応じるサポート態勢を備えているところである。
そのため、レオパルト2は「欧州標準戦車」とまで言われるようになった。
ヨーロッパ以外で採用した国は、カナダチリがある。
また、インドネシアカタールサウジアラビア等が採用を検討している。
カナダは非対称戦争に合わせて戦車を全廃し、ストライカー等の装甲車で代替しようとしていたが、アフガニスタンでは装甲車では防御力も火力も圧倒的に不足しており、持ち込んだレオパルト1が効果を発揮したために方針を撤回、オランダとドイツからレオパルト2を緊急調達し、アフガニスタンに投入することとなった。

関連タグ

戦車 ドイツ連邦軍

名称が登場するゲーム

Sa・Ga2秘宝伝説 - 主人公たちが使える武器としてストーリー後半に購入可能。戦車というよりは重火器という扱いに近い(一人が複数装備可能な点など)。

関連記事

親記事

第三世代MBT だいさんせだいしゅりょくせんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レオパルト2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54908

コメント