ピクシブ百科事典

主力戦車

しゅりょくせんしゃ

「Main Battle Tank(略称:MBT)」の訳語。現代の戦車はほとんどが主力戦車に分類され、陸上戦力の要となっている。
目次[非表示]

概要

直訳すると、「主戦闘戦車」になるが、「戦闘」と「戦車」で意味が重複するので、一般的に「主力戦車」と訳されている。
※タンクのみだと単純に「容れ物」の意味でも通じてしまう(メインタンクだと主たる燃料等のタンクともとれる)ため、バトルタンク=戦車という使い方もされる。その場合は直訳で主力・戦車となる。

かつて第二次世界大戦終了までは軽戦車中戦車重戦車歩兵戦車騎兵戦車巡航戦車快速戦車、さらに戦車に近い存在として駆逐戦車突撃砲砲戦車など、主に技術面の未熟が原因で「メインじゃないバトルタンク」が様々な区分として存在したため、この呼び方がされた。
技術の向上によりそれらの統合が可能になった戦後開発された戦車は、ほぼ主力戦車に一本化されている。

一本化された要因は様々であろうが、

  1. 戦訓の蓄積によって「機動力重視の戦車にはより厚い装甲」「装甲重視の戦車にはより高い機動力」といった具合に求められる性能が似通ってきたこと
  2. 上記の戦訓の蓄積に加えて、技術の発展によって従来様々な種類の戦車がそれぞれの特徴を生かして担っていた任務を「主力戦車」に集約させることが可能になったこと
  3. 他の分野の兵器や装備品の開発によって、それまで様々な種類の「戦車」が担っていた任務を代替させる事が可能になったこと
などが主な要因であると考えられる。

こうして、火力・機動力・防御力を両立した戦車として主力戦車が誕生した。
とはいえ、防御力を多少犠牲にしても機動力を重視するか、機動力を多少犠牲にしても防御力を重視するかについては、開発国の個性が出る。

開発された時期によって、第一世代MBT第二世代MBT第三世代MBTという区別がなされるほか、それらの発展形などが第2.5世代MBT第3.5世代MBTと分類される。

戦車の主目的である敵塹壕・敵陣地の突破や歩兵支援などのほか、敵装甲戦闘車両の撃破や敵の攻撃が想定される様々な状況下での運用を目的に設計・開発される。

交通関係の法律の中の戦車

戦車とは言っても法律上は自動車(日本では大型特殊自動車の扱い)なので、平時の公道では信号や標識、警察官の指示や誘導に従い、道路交通法に基づいて走行することになる。
また、日本の場合は車両の保安基準を定めた「道路運送車両法」の対象ではないものの公道走行を前提にナンバーもついているし、ウィンカーやバックミラーも取り付けられるようになっている。
運転免許証をお持ちの方はよくお分かりかと思うが、ウインカーやストップランプの無い車両が公道を走ることの恐ろしさといったら…
余所の国も、大体このような灯火がある為日本だけが特異な訳でも無いとか。

装填手はいる?いらない?

どんな乗り物でも自動化が進み省力化されている現代であるが、現代の主力戦車に関しては主砲の自動装填装置が実用化されているにも関わらず、装填手を不要とするかは国によって好みが分かれている。
東側諸国や日本、フランスなどは自動装填装置を採用して装填手を廃止した3人体勢(車長、砲手、運転手)だが、西側諸国では今なお自動装填装置を採用せず装填手を残す4人体勢(車長、砲手、装填手、運転手)が主流である。イスラエルに至っては砲弾の取り出しだけ自動化して装填は装填手が行うという徹底ぶりである。

これは、戦後最大級の戦車戦を経験したイスラエルでの「戦車を守るには最低でも4人必要」という戦訓に由来する。
装填手を廃止した3人体勢は、確かに車体を小型軽量化できるという点でも有利なのだが、1人でも負傷すれば他の乗員の負担が増し有効な戦闘が行えなくなってしまうためだ。
また、現場での簡単なメンテナンスや防御陣地の構築などは、ミーティングなどで不在しがちな車長以外の乗員で行う事が多いのだが、装填手を廃止した3人体勢ではこれを2人で行わなければならずやはり負担が増してしまうという問題もある。

関連タグ

関連記事

親記事

戦車 せんしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「主力戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36685

コメント