ピクシブ百科事典

豆戦車

まめせんしゃ

軽戦車よりさらに小型・軽装備な装甲戦闘車両。タンケッテや豆タンクとも呼ばれる。絶滅種。
目次[非表示]

概要

砲塔を持たず、主砲は機関銃である。
装甲も申し訳程度で、せいぜい火炎瓶や投石に耐える程度しかない
乗員は一人ないし二人。

『豆』の心意気

「本当に活躍したんだろうか?」と思っている方々の心配はその通り。
戦車の最小クラスとして戦間期(1920年代~1930年代)に登場した『豆戦車』だったが、見た目はもちろん、活躍も『豆』だった。

この時代は大軍縮時代であり、安価で簡便な装備として「植民地の警備向け」に生み出された。
警備用、つまり暴徒鎮圧用の車両なので別に強くなくてもいいからビジュアル的に強そうならOKとされた結果である。

もちろん本格的な戦闘に耐えるには力不足であり、第二次世界大戦でも後方での治安維持任務に回された。そもそもが大砲牽引車を装甲版で囲み、機関銃を搭載した程度なので弱いのだ。

前線で活躍したとするなら牽引車としてであり、装甲も紙同然なので、別に対戦車ライフルでなくてもスコスコ貫通する。この種の車両の元祖であるガーデンロイド(イギリス)の装甲は6mm~9mmしかない(しかもこいつはオープントップで天蓋がないので、火炎瓶や投石攻撃にすら満足に耐えられない)。

このような車両なので、第二次世界大戦の後はただちに衰退の一途をたどっている
ドイツヴィーゼルなどは豆戦車だと言えない事もないが、これも装甲車の一種とみなされる事が多い。

現代は、戦車の砲撃に耐えてはじめて戦車と認められるのである。

主な豆戦車


関連タグ

装輪装甲車 テクニカル

外部リンク

豆戦車 - Wikipedia

関連記事

親記事

戦車 せんしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「豆戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88379

コメント