ピクシブ百科事典

九二式重装甲車

きゅうにしきじゅうそうこうしゃ

九二式重装甲車は、日本陸軍が採用した騎兵用の装甲車。速やかに更新されたが、花形での活躍もあった。
目次[非表示]

概要

 この兵器は1932年(皇紀2592年)に採用され、ロ号とも呼ばれた。特徴的であるのはこの兵器はその当時戦車を扱う歩兵ではなく騎兵の所属であったことである。これは、戦車の登場により騎兵が不要となるという焦りから生まれたことも影響している。
 性能を見る限り豆戦車であるにもかかわらず戦車という名称ではなく、装甲車となっているのもそのためである。
 この兵器は九四式軽装甲車九七式軽装甲車ができたため、主要ではない戦場で用いられたが、登場前にはノモンハン事件などにも参戦している。

性能と利用

 この兵器はルノーFT-17等の海外製豆戦車を参考にして装軌式の車両を国産することにし、石川島自動車製作所が試作。テストの結果採用されることになった。
 この車両はリベットを用いず溶接作られ、装甲最大6mm九二式車載13mm機関砲(連射性能および威力に問題があるため九一式6.5mm車載機関銃九四式37mm戦車砲に換装したものもある)、砲塔に九一式6.5mm車載機関銃を装備、45馬力のガソリンエンジンを搭載(後にディーゼルに換装したものもある)した。
 このため、と異なり休息もあまり必要ではなく最大時速40kmのスピードを出すことが可能であった。
 また、当時採用の戦車である八九式中戦車の1/3の価格であった。
 足回りは試作車はリーフスプリングで吊られた小径転輪4つであったが、量産車では小径転輪6つに増やされた。また量産車の後期型では大径転輪4つに改められている。

欠点

 良い点ばかりではなく、設計の問題で細長いため取り回しに不安があったこと、溶接不良の個体は「知らないうちに壊れていた」ということもあるものであったし、装甲は薄くて小銃弾でも貫通しかねない程度だった。さらには兵装の不良もあったため、換装されたものもある。

運用

 この兵器は朝鮮および関東軍に配備された。その際重要な戦闘に参加し、この種の兵器の有用性を確認させた。
 しかしながら、牽引車として開発され後に装甲車となった九四式軽装甲車やその後継である九七式軽装甲車等が作られたため、それ以降、大東亜戦争においては前線で使用されることはなくなった。

関連項目

大日本帝国陸軍 装甲車 豆戦車

外部リンク

九二式重装甲車 - Wikipedia

関連記事

親記事

豆戦車 まめせんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「九二式重装甲車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7309

コメント