ピクシブ百科事典

九五式重戦車

きゅうごしきじゅうせんしゃ

大日本帝国陸軍が戦間期に開発した多砲塔戦車である。
目次[非表示]

概要

前史

 第一次世界大戦後にイギリスにて誕生した多砲塔戦車は、各国に衝撃を与えた。それは、日本も例外ではなく1927年(昭和2年)に開発された国産初の重戦車に試製1号戦車、その改良型に試製九一式重戦車があるが、これらは車体前後に機関銃を装備した銃塔を持つ多砲塔戦車であった。しかし両者共にコストや重量、機動性の問題から量産されることは無かった。

開発

1932年(昭和7年)12月に九五式重戦車は試製九一式重戦車を基にに開発が開始され、1934年(昭和9年)9月には試作車が完成した。そのスタイルは試製1号戦車や試製九一式重戦車を踏襲しているが、装甲防護力や火力がより向上した。装甲に関してはさすが重戦車だけに前面装甲厚は35mmとこの時期の日本戦車(九七式中戦車は、装甲厚25mm)としては厚い。火力に関しては九五式軽戦車と九七式中戦車を足したようなもので、70mm 砲を搭載したということで榴弾威力の増大が利点であるが、同時期のソ連多砲塔戦車T-35重戦車の方が、火力、装甲とも上回っていた。足周りは八九式中戦車と同様のものであった。

評価と生産

九五式重戦車は1935年(昭和10年)に制式化され、陸軍の試験を受けたが実用性に欠けるとして生産は4輌にとどまった。これは陸軍が大陸での戦闘に於いて何より機動力が重要であると認識したからであった。それは最高速度25km/h、重量12tの八九式中戦車でも不十分とされていたので、ましてや最高速度22km/h、重量26tの九五式重戦車の実用性は非常に低いとみなされたのである。結局、九五式重戦車が実戦に参加することはなかった。
1輌が三菱重工業によって10cmカノン砲を搭載した自走砲(ジロ車)に改造されている。

この記事のカテゴリ

日本 日本陸軍

pixivに投稿された作品 pixivで「九五式重戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4474

コメント