ピクシブ百科事典

SMK

せるげいみろーのびちきーろふひゃっかてんせんしゃ

1939年に製造されたソビエトの多砲塔戦車。1台だけの試作戦車であり、冬戦争が唯一の実践投入であった。
目次[非表示]

概要

ソ連赤軍が開発した多砲塔戦車である。ソ連内部では装軌式突破駆逐戦車というカテゴリで呼ばれていた。これはスペイン内戦での戦訓である近距離の37mmクラスの対戦車砲、1200m先から発射された野砲弾に耐える装甲を持ち、複数の砲を備えるものである。この戦車を試作するにあたり、コーチン技師率いるレニングラード・キーロフスキー工場はSMK戦車を、ライバルに当たりT-100多砲塔戦車をバリコフ技師率いる185工場が担当した。当初はT-35]多砲塔戦車と同じく5砲塔型で設計されたが、最終的には車体前部45mm砲塔と、中央部76.2mm砲塔の2砲塔式になった。  SMK戦車は1939年1月に製造を開始し、4月30日には完成し、7月から試験に用いられていたが、この頃後に冬戦争と呼ばれるフィンランドとの戦争がはじまり、実地試験をしてみようという話になり、なんと実践投入されることになったのだ。
 

関連イラスト

今のところ、メイン画像しか投稿されていないようです。興味深い戦車なので、気になったか方は書いてみてはいかがでしょうか?


この記事のカテゴリ

多砲塔戦車 冬戦争 赤軍 KV-2 実質的な後継車種。単一砲塔ながら重装甲かつ強力な152mm榴弾砲を備えており、突破戦車としてならこちらのほうが有用だったかもしれない。しかし、重量過多という欠点も同じであった。

追記 この項目の参考文献は雑誌「丸」2002年8月号のタンクバトル第36回「北の大地に擱座した"怪物"」となります。現在では文庫本化されています(タンクバトル3、スターリングラード攻防戦)。詳しくはそちらを参照してください。

pixivに投稿された作品 pixivで「SMK」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12289

コメント