ピクシブ百科事典

インペライザー

いんぺらいざー

インペライザーとは、「ウルトラマンメビウス」に登場するロボット兵器である。
目次[非表示]

概要

種別無双鉄神
身長60m
体重6万t
出身地宇宙のどこか
武装三連装ガトリングガン、二連ビーム砲『ガンポート』、大剣『インペリアルソード』、ドリルミサイル


ウルトラマンメビウス』に登場する暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人の作りだした自立戦闘兵器テレポート能力を使用して瞬時に出現する。

100m級の氷塊(オオシマ彗星の破片)を完全破壊するほどの威力を持つメビュームシュートを受けてもびくともしない強靭な装甲、ホーミング能力を持つ光弾を放つ両肩のビーム砲「ガンポート」、状況に応じて武器に変形させる事ができる腕「マシンナーアーム」、更に体の一部を破壊されても瞬時に復元する自己修復機能までも持つ恐るべき強敵で、メビウスを幾度となく苦しめた。
火力も非常に高く、ガトリングガンの威力は自身の上半身を吹き飛ばしたストリウム光線に匹敵する。上半身は360度全方向に回転可能で、回転しながら放つフルバースト攻撃「バニシングサークル」を繰り出すと周囲は焼け野原になってしまう。
その戦闘力の高さは、ウルトラの父が「戦ったら死ぬ」事をメビウスに警告し光の国への帰還命令を出したほど(故にタロウが入れ替わりでやってくる事になる)。

ただし、自己修復については肩についた再生装置によるものである事が『ゴーストリバース』にて判明し、ここが弱点になっている(実際『メビウス』本編でも、タロウのストリウム光線で上半身を吹き飛ばされた際には、下半身だけで動くしぶとさを見せたものの自己修復できずに撤退しており、上半身のどこかに修復機能と関わりのある何かが存在するらしいことが示唆されていた)。

活躍

『ウルトラマンメビウス』

第29話「別れの日」、第30話「約束の炎」に登場。
その圧倒的火力とタフネスぶりでウルトラマンメビウスを大ピンチに陥れるが、駆け付けたタロウのストリウム光線で上半身を吹き飛ばされ、撤退する。
その後修復を終えて再び出現。ストリウム光線に耐性を得ていたどころか、ウルトラダイナマイトでバラバラにされても即座に再生。タロウ・メビウスの師弟コンビを苦しめるが、GUYSの思いを背負ったメビウスはバーニングブレイブとなり復活、渾身のメビュームバーストを受けて再生する間も与えられずに焼き尽くされて消滅した。
なお、第30話で出現した場所は、かつてシャプレー星人がウルトニウムを狙って暗躍していた青沢山脈である。

それからしばらく経って第48話「最終三部作I 皇帝の降臨」では新たに13体が地球の主要都市に次々に襲来、破壊活動を行った。この時点ではバーニングブレイブやGUYSの超兵器によって以前よりは楽に倒せるようになっていたが、倒してもまた別の機体がすかさずテレポートで出現する数の暴力で、これまで破壊される事が一度もなかったガンフェニックストライカーを撃墜して大破させた挙句、メビウスを敗退に追いやり変身不能なまでに消耗させた(劇中で、バーニングブレイブがダメージを受けたのはこれが初めてのことである)。
最終的には全機がフェニックスネストへ向けて進撃するが、GUYSの奮戦やザムシャーサイコキノ星人などの協力により何とか全滅に追い込んでいる。
ちなみに、2対1でメビウスを追い込んでいる際、片方がメビウスを踏みつけている間もう片方が両手を上げて踊るような仕草をするという、ロボットらしからぬお茶目な一面も見せている。

中ボス的な立ち位置を務めながらボスクラス怪獣の印象があまりないのは、終盤の展開で量産型戦闘員という印象がついてしまったからだろうか…?
とはいえ、ウルトラ戦士を独力で退けた怪獣が量産されて再登場したのはインペライザーが最初である。

『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース

暗黒四天王の一人、グローザム怪獣墓場から生き返らせた(怪獣墓場にはメカ怪獣も眠っているのである)。隕石の上でグローザムと組んでウルトラマンメビウスを襲撃するが、突然現れたメカザムに再生装置ごと一刀両断され、再び怪獣墓場に帰って行った。

『ウルトラマンゼロ外伝 キラー・ザ・ビートスター

有機生命体の抹殺を目論む天球のマスターコンピューター・ビートスターが大量に複製した『天球鉄神 インペライザー(BS)』として登場。
天球を止めるために侵入したウルティメイトフォースゼロに襲い掛かる。

尖兵のレギオノイドを倒したゴモラを、エースキラーキングジョーと組んでトリオで襲撃し退け、駆け付けたミラーナイトと一騎打ちを行う(エースキラーはグレンと、キングジョーはかつて激戦を繰り広げたアイツ息子と戦う)。最後はスピードで翻弄され、ミラーナイトに切断されたインペリアルソードで田楽刺しにされ倒された。

後に量産兵としてビートスターを守護するためにレギオノイド部隊やキングジョー部隊と共にウルティメイトフォースゼロに戦いを挑むが、ゼロがビートスターを破壊するとその爆発に巻き込まれ、天球諸共宇宙の藻屑となった。

ウルトラマンギンガS

第3話「孤高の戦士」にてチブロイドがモンスライブして大量に登場。
集団で雫が丘を破壊し、『メビウス』の時と同様、圧倒的な物量でギンガを負傷させビクトリーをも追い詰めるという相変わらずの数の暴力ぶりを見せつけたが、ギンガストリウムにパワーアップしたギンガとUPGに全て破壊された。

その後、第12話「君に会うために」ではチブル星人エクセラーが感じ取った「気になる反応」の調査のために一体だけ登場したが、ビクトリーのシェパードンセイバーフラッシュで倒された。誰がモンスライブしていたのかは不明。

派生作品

いわゆる戦闘員的な立場であることから、『グレイトバトルフルブラスト』や『ウルトラマン超闘士激伝新章』でもエンペラ星人の手駒として無数に登場する。

ロストヒーローズ』ではライドダンジョンの敵として登場したが、そのグラフィックやモーションを使い回し『ロストヒーローズ2』でも3Dバトル演出のある中ボスとして登場した。

アーケードゲーム

大怪獣バトル

NEOより参戦。必殺技は以下の3つ。

レベル1インペリアルソード
レベル2三連装ガトリングガン
レベル3バニシングサークル
NEO第7弾より新必殺技として、上空を歪ませて紫色の光弾を召喚する「ダークサテライトファイア」が追加された。

ストーリーモードではグローザムによって召喚され、主人公の操る怪獣と対決する。

ウルトラマンフュージョンファイト!

カードとしては第2弾で登場しているが、オーブクリスタルは付いておらず育成は不可能。
しかしカプセルユーゴー2弾にて再登場。こちらのカードはウルトラカプセルの育成効果を受けられる。
本作での属性は「」。

余談

初期名は「帝国」を意味する英単語「インペリアル」。着ぐるみは当初ギガバーサークの改造となる予定だったが、最終的に足のみの流用となった。またドリルミサイルのドリルは特技監督の原口智生が所蔵していた轟天号のドリルを流用している。

当初は本作での登場怪獣のパーツで構成されたメビウス版タイラントとする案もあった。

当初、『ウルトラマンX』第6話・7話ではゴールド星人テルの乗機として金色のインペライザーが登場する予定だったが、これまでの作品にたびたび登場している事から新怪獣のルディアンに変更された。第6話の回想シーンで、頭部もガトリングガンとなった同型機と思われる機体が惑星ゴールドの街に複数配置されている様子や、砲撃を主体とした戦法はその名残である。

ウルトラマンタロウ』本編ではタロウはロボットと戦わなかったため、タロウと戦ったロボット怪獣はインペライザーが初めてである。

第49話でインペライザーに攻撃する戦車や兵器の映像は『ウルトラマンティガ』、『ウルトラマンダイナ』に登場したTPCの戦車の映像の流用(その際、TPCのロゴマークが映っている)。インペライザーがGUYSの基地内を攻撃されて施設や兵器や戦車が破壊される一部の映像は『ダイナ』第43話、『ウルトラマンコスモス』第13話からの流用。

関連項目

ウルトラ怪獣 戦闘員
メタルクウラ メガヘクス・・・能力が色々似ている
ゾイガー カイザードビシ グローカー・・・同じく終盤で大量出現した戦闘員的怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「インペライザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7794

コメント