ピクシブ百科事典

ダイブハンガー

だいぶはんがー

ダイブハンガーとは、『ウルトラマンティガ』に登場するGUTS基地の名称(ガッツ星人の後ろにある建造物)。
目次[非表示]

概要

TPC極東本部基地である海上から海底まで続く巨大な柱のような形の巨大基地。
当初は防衛軍の海上本部基地として2001年から建造されたが、防衛軍の解体後の2005年からTPCの本部基地となった。
千葉県房総半島の沖にあり、内部ではGUTS隊員のほか約3000人もの職員が勤務している。普段は海底に沈んでいるが、緊急時にはピラミッド状の上部が浮上し、ハンガーの各部が展開。各GUTSマシンが出撃する。また日本各地とは基地地下にあるシークレットロードで繋がり、車両での迅速な対応も可能。
基地には最上階にある作戦指令室をはじめ、総監室、会議室、プライベートルーム、居住区、レクリエーション施設、各種ライドメカ格納庫、整備場、ガッツウイング1号2号の発進カタパルト、警務局、科学研究局、情報局、医務局、アートデッセイ号のドックである地下133階F4ドックや専用エレベーターに発進ゲート、ドルファー202用発進ゲートなど数多くの施設が存在する。

ゴブニュビザーモなどの敵怪獣に内部から襲撃を受けたことも多いほか、キリエル人やヌークと言った変な客もやってきた。終盤でガタノゾーアの闇に取り込まれた際に基地機能が完全停止、事実上放棄されダイゴ以外の生き残った全クルーがアートデッセイ号に乗って脱出。ガタノゾーア撃退後の劇場版では再び基地として利用されている。

ネオフロンティア時代では復興のシンボルとして再建され、2014年に本部部分が中部地方山間部に新たに建造されたグランドームへと移動。その後はTPC航空司令部として利用されている。

ULTRAMAN版

スピンオフ小説『ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE Episode:ZERO』に登場。
前作『Episode:TIGA』にてガタノゾーアとの戦いで放たれたスペシウムとゼペリオンが干渉の末に大爆発を起こし、ガタノゾーア召喚儀式に使われた黒いピラミッドの跡地に出来上がった入り江に建造された全高800mのピラミッド。

この戦いで上海が壊滅してしまった為、表向きは世界最大の海上都市として建設が進められているが、徐々に拡大する時空歪曲点からの侵略に対する第一防衛ラインとなる基地とするのが本来の建造目的である。ウルトラマンスーツ着用者による異界への積極的な突入(ダイブ)も視野に入れており、後述のグランドームに設置されたシールドリングが時空界面穿孔システム『HR-1ハイドランジャー』の構成要素となっている。

中央部には直径50メートル程のグランドームという半球型のドームがあり、液体窒素循環用のパイプが何十本も接続されている。表向きは爆心地の残存エネルギー観測装置とされているが、その本質は異界の扉が開いたことにより生じた時空の歪みを何層もの電磁シールドで封印し、研究するための施設。

薩摩次郎と尾崎アンナはこのグランドームの建築スタッフとなっている。次郎は表向きは建築スタッフとして働く傍ら、グランドームを防衛するU警備隊隊員/ウルトラマンスーツ「Ver.ZERO」の装着者として活動。NPO法人TPCを名乗る科特隊をクライアントとして海外で派遣任務を請け負うこともある。


余談

第50話から最終回にかけて脚本を担当した小中千昭によると、当初は『複数体のゾイガーが群がってダイブハンガーを襲撃・破壊する』という展開を考えていたが、ダイブハンガーの模型の傷みが激しかったことから、闇がダイブハンガーを覆うシーンをほぼ合成で表現した。
小中はこの件について、後の『ウルトラマンガイア』の終盤において行われた『エリアル・ベース破壊の展開』は、ゾイガーの一件でのリターンマッチの意味も込めていたことを明かしている。

関連項目

ウルトラマンティガ

GUTS

防衛チーム

ダイブハンガー→グランドーム

関連記事

親記事

GUTS がっつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダイブハンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 478

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました