ピクシブ百科事典

キリエル人

きりえるびと

キリエル人とは、ウルトラマンティガに登場する生命体である。
目次[非表示]

「君を待っていたのだよウルトラマンティガ。君はこの星の守護神になるつもりかね?おこがましいとは思わないか?君がその巨大な姿を現すずっと前からこの星の愚かな生き物たちはキリエル人の導きを待っていたのだよ。君は招かれざる者なのだ。見せてあげよう、キリエルの怒りの姿を!」

データ

  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 別名:炎魔人
  • 出身地:超次元
  • 演:高野浩幸(預言者) 春菜千広(巫女)

概要

第3話「悪魔の預言」
第20話「GUTSよ宙(そら)へ・後編」
第25話「悪魔の審判」
第52話「輝けるものたちへ」に登場。
超古代から地球に潜伏していた精神生命体で、古の時代から人類に干渉を続け、人類を救済する救世主を名乗っていた。
しかし現代になって現れたウルトラマンティガを、GUTSのイルマ隊長が人類を導くものとテレビで発言したことに激怒し、3年前に死亡したイタハシ・ミツオと言う男の姿を借りた預言者が「聖なる炎」という爆発事件を起こして市街地を攻撃すると、イルマにティガではなくキリエルを人類の救世主として崇めよと迫ったが、断られたため街ごと炎で焼き尽くそうと企んだ。
自らの実態を持たず一度死んだ人間に憑依する事で蘇らせることができ、預言者巫女といった様々な地位となり、様々な工作を行う。
手からは衝撃波を放ち、「聖なる炎」と呼ばれる炎を操る。敵と戦う際には全身の巨大化細胞を活性化させて戦闘形態キリエロイドに変身する。

その後、イルマ救出に現れたティガと戦い自分こそが救世主であると認めさせるため、キリエロイドに変身。ティガと対決し敗れ去った。

第20話ではゴブニュに敗北したダイゴの幻の中に現れ、彼を嘲笑した。

その後、第25話では先の預言者と共にオオヌマ・ケイコと言う女性に憑依した補佐役のキリエルの巫女が現れ、メトロシティ上空に天使の姿として出現。預言者に「ティガこそが悪魔」と市民を扇動させ洗脳すると、地上に侵攻するための巨大な門「地獄の門」を召喚し、扉が開くのを止めるティガを倒すために巫女と預言者、数十体のキリエル人が合体しキリエロイドⅡへと変身した。
なおオオヌマ・ケイコは第3話のラストで登場しており、この時点ではまだ生きていた模様

激闘の末市民の洗脳は解け、地獄の門とキリエロイドⅡは消滅したが、未だキリエルへの信仰は収まっていない模様である。

最終回ではガタノゾーアに敗れ、クリスタルの中に閉じ込められたダイゴの前に現れ、「キリエルの神は地球を見捨てた。キリエルに従っておけばよかったものを」と負け惜しみの言葉を投げかけ、姿を消した。

関連タグ

ウルトラマンティガ

pixivに投稿された作品 pixivで「キリエル人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80

コメント