ピクシブ百科事典

ビシュメル

びしゅめる

特撮番組『ウルトラマンダイナ』に登場する悪魔。

「もっと怒れ!喚け!お前のその憎しみも、俺様にとっては最高のごちそうだぜ!フハハハハハ!!」

概要

別名:大魔獣
身長:57m
体重:4万3千t
出身地:異次元
演者:津島令子(聖南女子学園・学園長)
CV:佐藤正治


第18話「闇を呼ぶ少女たち」に登場。

聖南女子学園に通う3人の女子高生が、黒魔術を用いて現実世界に呼び出した異次元の生命体。
少女たちは「シジルさん」という名で呼び(「シジル」とは西洋魔術で使われる図形、すなわち魔法陣を意味する)、「弱い者・心の奇麗な者の味方」と認識していたが、その実態は太古から人類が「悪魔」という概念で認識していた存在であり、少女たちの「悪い(=自分にとって気に障る)人間」を呪う儀式に乗じて夜な夜なターゲットを襲い、自身が実体化するために必要な人間の魂や負のエネルギーをその身に取り込んでいた。

「自分は可哀想な娘たちの望みを叶えてあげただけ」と嘯きながらも、「餌を手に入れるために利用しただけ」と喝破されるや「利用される奴が馬鹿なんだよ!」と居直る悪辣な性格。
口から地獄の業火の如き高熱火炎を吐き、腕からは電撃を放って攻撃する。
また、強大な魔力(念動力)を有しており、人間を宙に浮かせたり、車を暴走させたり、地面から街灯を引き抜いてミサイルのように飛ばし攻撃することも可能。

学園長の魂を取り込んでその姿を装い、自身を呼び出した少女たちの願いを利用して暗躍していたが、スーパーGUTSに感づかれ、2度に渡って妨害を受ける。
儀式が失敗したせいで少女たちに恨まれたアスカ・シンが室内プールに突き落とされる一方、学園長室に黒魔術・呪術関連の書籍や呪具が飾られていたことや、少女たちにそれを貸し与えていたことからユミムラ・リョウに怪しまれ、学園長室に踏み込まれたことで正体を明かすと、口からエクトプラズムを吐いてリョウも取り込んだ後、機が熟したと見て変身・巨大化した。

雷鳴が轟き雪が乱れ降る異常天候の中、ウルトラマンダイナミラクルタイプと「超能力VS魔力」の大決戦を繰り広げる。
自身が取り込んだ人間の魂を人質として手出しを封じる、悪魔の名にふさわしい卑劣な戦法を用いてダイナを一時は追い詰めたが、改心した少女たちが決死の覚悟で力の源の魔法陣を封印したことで大幅に弱体化。
最後はレボリウムウェーブ・アタックバージョンを受けて消滅し、取り込まれた人々も無事に生還できた。

その後、メージヲグの力で人間大の虚像が現れた他、最終回ではグランスフィアがダイナに見せた幻覚の中に登場。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビシュメル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2121

コメント