ピクシブ百科事典

グレゴール人

ぐれごーるじん

グレゴール人とは、ウルトラマンダイナに登場する宇宙人である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:55m
  • 体重:4万7千t
  • 別名:宇宙格闘士
  • 出身地:ヘラクレス座M-16惑星グレゴール星
  • 演:宮坂ひろし

概要

第31話「死闘!ダイナVSダイナ」に登場。
宇宙一の格闘家をめざし、ウルトラマンダイナと決闘するためにやってきた宇宙人。そのため自身に地球を侵略する意思はない。

アスカ・シンの前に黒衣の男の姿として現れて自身の目的を語ると、手始めに自分が侵略者だと誤解されないように地球モンスアーガーⅡを送り込み、自分が変身したニセウルトラマンダイナで倒し、その光景を全国中継するという大規模なデモンストレーションを行う。人間体の状態でもアスカを圧倒できるほどの戦闘力を持つ。

自分の強さにはかなり自信を持っているようで、その戦い方は町の少女ナツミに「強さを自慢する闘い方」と評されるほど余裕を持ったスタイルである。

R2地区に巨大なのような4本の(この柱の間には高圧電流が張り巡らされており、プロレスのリングのようになっている)を召喚し、カメラの役割を持つ円盤テレビの放送回線をジャックし、人類に自分の活躍とダイナの敗北を見せつけようとした。

ダイナを圧倒しあと一歩のところまで追い詰めたが、ナツミに先導された街の人々のダイナを応援するコールで気力を取り戻したダイナに逆に追い詰められ、ストロングタイプとのクロスカウンターで敗北した。

闘いの後はダイナに自分を殺せと要求するが断られ、ダイナの強さの秘密は多くの仲間たちがいることだと理解すると潔く自身の負けを認め宇宙に帰って行った。


ニセウルトラマンダイナ

  • 身長:55m
  • 体重:4万7千t


ニセダイナ


グレゴール人が変身した偽物のウルトラマンダイナ。
本物のダイナ同様タイプチェンジが可能で、モンスアーガーⅡ戦ではフラッシュタイプに、本物のダイナとの戦いではミラクルタイプにチェンジした。本物のダイナとの違いはの下にがつき、足のつま先が尖っている。ミラクルタイプには体のラインにのラインが入っている。

その能力もダイナと同じもので、ソルジェント光線以上の威力を持つダークソルジェント光線やダークスラッシュ。ダークバリヤーを使用する。

自分が連れてきたモンスアーガーⅡを倒すとダイナに宣戦布告し、高圧電流を張り巡らしたリングでのデスマッチを敢行。
フラッシュタイプの技を完封し、格闘戦で優位に立ったが人々が本物のダイナを応援し始めたため、気力を取り戻したダイナに逆転され、ストロングタイプとのクロスカウンターパンチでマスク部分が割れ、グレゴール人としての正体を現した。

ニセウルトラマンに化けた宇宙人は、大半は侵略目的や破壊活動など目的である場合が多いが、彼の場合はウルトラマンの名誉を落とすのではなく、侵略者という誤解を防ぐために偽物に化けるというのは珍しい。後はゲルワームババルウ星人ババリューの化けたのぐらいか。
また、ニセウルトラマンの中では現時点でフォームが自由に変えられるのは彼だけである。カオスウルトラマンも姿が変わっているがパワーアップによる第二形態という扱いでありフォームチェンジはしていない。
変身能力ではなくマスクという物理的な手段を使って化けたのも彼だけである。

派生作品

ウルトラマン超闘士激伝新章』ではダイナに化けて第4次銀河最強トーナメントに出場し、1回戦でガルタン大王と戦った。
ダイナの力を使ってガルタンを圧倒するものの、「偽者の力に負けるようなことがあってはならない」と奮起したガルタンに返り討ちにあった。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 ニセウルトラマン アンチヒーロー

pixivに投稿された作品 pixivで「グレゴール人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6800

コメント