ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

  • 身長:55m
  • 体重:4万7千t
  • 別名:宇宙格闘士
  • 出身地:ヘラクレス座M-16惑星グレゴール星
  • 演:宮坂ひろし


概要

宇宙格闘士  グレゴール人


第31話「死闘!ダイナVSダイナ」に登場。
宇宙一の格闘家を目指し、ウルトラマンダイナと決闘するためにやって来た宇宙人。そのため自身に地球を侵略する意思はない。

アスカ・シンの前に黒衣の男の姿として現れて自身の目的を語ると、手始めに自分が侵略者だと誤解されないように地球モンスアーガーⅡを送り込み、自分が変身したニセウルトラマンダイナで倒し、その光景を全国中継するという大規模なデモンストレーションを行う。人間体の状態でもアスカを圧倒できるほどの戦闘力を持つ。

自分の強さにはかなり自信を持っているようで、その戦い方は町の少女ナツミに「強さを自慢する闘い方」と評されるほど余裕を持ったスタイルである。

R2地区に巨大なのような4本の(この柱の間には高圧電流が張り巡らされており、プロレスのリングのようになっている)を召喚し、カメラの役割を持つ円盤テレビの放送回線をジャックし、人類に自分の活躍とダイナの敗北を見せつけようとした。

ダイナを圧倒しあと一歩のところまで追い詰めたが、ナツミに先導された街の人々のダイナを応援するコールで気力を取り戻したダイナに逆に追い詰められ、ストロングタイプのクロスカウンターで敗北した。

闘いの後はダイナに自分を殺せと要求するが断られ、ダイナの強さの秘密は多くの仲間たちがいることだと理解すると、潔く自身の負けを認め宇宙に帰って行った。

名前の由来は『グレゴール・ザムザ』から。グレゴール・ザムザは『変身』の主人公であり、ニセダイナに変身したグレゴール人にマッチしたネーミングといえる。また、ザムザは甲虫に変身したとされており、奇しくもグレゴール人の出身地はヘラクレス座である。

ニセウルトラマンダイナ

ニセウルトラマンダイナ


グレゴール人が変身した偽物のウルトラマンダイナ。

派生作品

ウルトラマン超闘士激伝新章』ではダイナに化けて第4次銀河最強トーナメントに出場し、1回戦でガルタン大王と戦った。
ダイナの力を使ってガルタンを圧倒するものの、「偽者の力に負けるようなことがあってはならない」と奮起したガルタンに返り討ちにあった。
なお、一瞬だけウルトラマンナイスウルトラマンゼアスに化けるというお遊びがあり、前者に至っては中の人ネタである。なお、彼が変身したウルトラマンたちの中で激伝系作品に正規登場した戦士はゼアスだけだったりする。

余談

ウルバトのナヴィからは「ニセダイナの姿でダイナに決闘を挑むのは少々、理解に苦しむ」「ザムシャーのように堂々と挑めばよい」「マスクが割れたら早々に立ち去ったことから、実はシャイなのかもしれない」とニセダイナのトライアルにおいて言いたい放題言われてしまっていた。

ウルトラマンクロニクルZヒーローズオデッセイ』第16話のテーマが偽ウルトラマンということから彼に焦点が当てられ、ナビゲーターのウルトラマンゼロからは「なかなか筋の通った相手だった」と一目を置かれていた。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 ニセウルトラマン アンチヒーロー

ニセウルトラマンガイアニセウルトラマンアグル:翌年登場したニセウルトラマンで、余談の『ウルトラマンクロニクルZ』にも取り上げられている。ただし、グレゴール人のニセダイナはあくまで正々堂々と勝負を挑むタイプだったのに対し、こちらは「より狡猾な意思を持った偽物」と明らかに敵意を持つ存在として取り上げられている。

ウルトラマンナイス:グレゴール人の中の人が後に変身することになる本物のナイスなヒーロー

ザムザ星人シェイク:名前の由来が同じ怪人。こちらは(種族自体は信頼関係を重んじているものの)グレゴール人とは正反対の卑劣漢である。

関連記事

親記事

ダイナ怪獣 だいなかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グレゴール人」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グレゴール人」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27675

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました