ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第27話「新たなる戦い ヴァージョンアップ・ファイト!」に登場。

クリシスゴーストがジオ・ベース内に保管されていたアパテーアルギュロスの破片を利用し、さらにガイアV1のデータをも奪って変身した姿。
アルギュロスが化けたニセアグルと異なり姿・能力を完全にコピーしており(そもそもスーツ自体ガイアV1の流用である)、掛け声や登場時のエフェクトなども全く同じである(ただしガイア特有の土煙は上がらない)。

しかし「本物のガイア」である高山我夢がエリアルベースにいた為、彼が開口一番「あれは本物のウルトラマンガイアではありません」と断言した(我夢が偽物である理由を論理的に説明した上、そもそも石室コマンダーは「ガイアの正体=高山我夢」である事を既に知っており、どのみちバレるのは時間の問題だった)ため、堤チーフは現場にいたチームライトニングとチームクロウの面々にニセガイアを撃つ様に命令を出した。

が、その外見ゆえに「頭で『偽物』と理解してても撃てない」とばかりにほぼ全員牽制射撃に徹してしまい、チームライトニングの大河内に至っては「俺には撃てません」と迷いが生じてニセガイアに手が足せなかった(大河内は自身のピンチの度にガイアに助けられていた)。これを見かねた石室コマンダーは我夢に対し「お前が行って『本物の力』を見せてやれ」と言わんばかりに「後方支援」の名目で彼に出撃命令を出した

そしてそれにつけ込んだ(?)大河原の搭乗機を捕まえるが、(心に迷いが生じていたが「大河内の『ガイアは仲間』発言」に鼓舞され迷いを振り切った我夢が変身した)本物のガイアのガイアスラッシュを食らって解放してしまう。

能力は本物と互角と推測されたが、その時既にガイアはV2にパワーアップしていた(それもよりによってこのエピソードの前週の回である)為、フォトンエッジとフォトンクラッシャーの撃ち合いで容易く押し戻されダメージを受けてしまい(石室コマンダーが「命あるものは常に前に進みます。昨日までのデータなど…」と発言した様に、過去の限られたデータで構成された偽物が、現在進行形で成長する本物に勝てるはずは無かった)、それにより金属生命体ミーモスとしての正体を現す。

余談

最初は本物のガイアと全く変わらぬ姿(メタ的な考察をするならば「そもそも『本物のガイア』が既にV2状態である」ため、敢えて「偽物感」を出す改造は不要であったと思われる)だったが、攻撃によって金属部分が徐々に現れた姿を晒すことになり(このシーンが結構グロテスクで、トラウマになった人もいるんだとか)、書籍などではその姿で紹介されている場合もある。

石室コマンダーが我夢に出撃命令を下す場面は、彼を知らないと「単に出撃命令を下しているだけ」にしか見えず(視聴者はおろか、当の我夢本人ですらその状態であり「石室コマンダーは我夢をガイアだと見抜いていた」という事を我夢本人が知るのは最終盤になってからである)、それを知った上で観直すと「お前が行って『本物の力』を見せてやれ」という石室コマンダーの「真意」にも解釈出来る形になっている。

2002年にバンダイから発売されたソフビ人形は実際のスーツ同様、金型が本物のガイアV1の流用だったためか、玩具オリジナルで体色が黄色味がかったシルバーに彩色されている。

ウルトラ怪獣バトルブリーダーズでは「ニセ・ウルトラマンガイア」という表記で参戦。
当初の姿はガイアV1だが、条件を満たすと金属部分が徐々に表れた姿となる。

関連タグ

ウルトラマンガイア ニセウルトラマン ウルトラ怪獣
清水一哉

関連記事

親記事

ミーモス みーもす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニセウルトラマンガイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8460

コメント