ピクシブ百科事典

ウルトラマンクロニクルZヒーローズオデッセイ

うるとらまんくろにくるぜっとひーろーずおでっせい

『ウルトラマンクロニクルZヒーローズオデッセイ』とは、ウルトラシリーズのひとつ。2021年放送。
目次[非表示]

概要

2021年1月9日から2021年6月26日まで放送されたウルトラシリーズの総集編番組。全25話。
テレビ東京系にて毎週土曜日午前9時から放送された。

TDG25周年企画として平成の第1作である『ウルトラマンティガ』と、令和の代表作にして直前まで放送されていた『ウルトラマンZ』をフィーチャーしながら、ティガとゼットをはじめとした光の巨人たちの武勇伝を新たな切り口で描く。

各話ごとに共通のテーマに基づき『ティガ』と『Z』それぞれの本編映像を用いて構成されるが、『ティガ』パートは他作品の映像(同じくTDG三部作に位置づけられる『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』、登場する怪獣の出典である『ウルトラマンX』)が用いられることがある。また、OPも4月からダイナ・ガイア・アグルもフィーチャーしたものに変わった。このことから、『ティガ』はメインとして扱いつつも、TDG三部作全体から名エピソードをピックアップするというのが本番組のコンセプトなのだろう。4月放送分以降は、本作の後番組となる『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』関連か、TDG三部作が中心にピックアップされている。

『ティガ』と『ダイナ』の映像は、大人の事情により一部を編集して放送されており、特にジャニーズ事務所所属の長野博が演じるマドカ・ダイゴは『ティガ』の主人公であるにも関わらず最後まで一瞬も登場しなかった。これに合わせてか、長野が所属するV6が歌った主題歌の「TAKE_ME_HIGHER」や「TAKE_ME_HIGHER」をベースにしたBGMも使用されなかった。また、放送当時ジャニーズ事務所所属だった古屋暢一が演じるヤズミ・ジュンについても同様の措置が取られた。
もっとも、フォローとしてか「S.H.Figuarts 真骨彫ウルトラマンティガ」のCMにはダイゴ役であることの説明は無いものの長野博が出演し、このCMはYouTubeでの配信でもしっかりと内包されている。本作終了後の6月30日に放送された「テレ東音楽祭2021」でもV6が出演しメドレーの中に「TAKE_ME_HIGHER」を含めて披露した。
そして『ティガ』は同年3月に開設されたサブスクリプションサービス「TSUBURAYA IMAGINATION」においてTV放送初回から25周年を迎える同日同時刻(9月7日18時)に配信が解禁され、本作での「雪辱」を果たした。

また、つるの剛士が演じるアスカ・シンも当初は登場シーンがカットされていた(ダイゴの場合は勘の良いファンなら大方察しがついたものの、こちらはつるの本人すら心当たりが無いくらいに詳細が不明である)が、本作11・12話でアスカの登場シーンをカットしてのダイジェストが放送されたダイナ劇場版『光の星の戦士たち』の全編や、「ウルトラチャンネルセレクション」として『ダイナ』第1話などがYouTubeで配信されると、本作においても第16話からアスカの登場シーンが使用されるようになった。
これはおそらく、演者のつるの氏が『機界戦隊ゼンカイジャー』の主題歌を担当することが影響していると思われる。(過去にも『ウルトラマンパワード』のVHS第3巻の発売が、主演のケイン・コスギが『忍者戦隊カクレンジャー』に出演したことで第2巻から3ヶ月遅れたことがある)

1999年度の映画連動や『ウルトラマン列伝』での再放送とは異なり、上記の大人の事情(特にダイゴ)と、25年前の番組の『ティガ』単体で1エピソードをまるまる再放送や再編集で放送するのは流石に難しい(そもそも「クロニクル」シリーズの放送期間が通例では2クールとして想定されており、「ティガ」放送当時の4クールを全てフォローするのは物理的に不可能である)ため、最新作のゼットとの活躍を並行して紹介するという、前年の『ウルトラマンクロニクルZERO&GEED』と同様に再編集主体のスタイルを取っている。

また、上記の通り『列伝』で既に再放送された経歴があることや玩具やソフビとの連動のためか、扱う原典のエピソード通りにならず(『ティガ』がまだ1~2話しか流されていないにも関わらず再編集したガタノゾーアの回を流すなど)、グリーザなどTDG三部作と関連性が薄い怪獣やウルトラマンなどは、登場元の『X』『オーブ』『R/B』の回をフィーチャーするなど、かなり変則的な構成になっている(ただしこの三者も「各々のアイテムや形態が何らかの形で『ティガの力』を宿している」という共通点はあり、基本形態として登場する『オーブ』以外は「アイテムや形態に『ティガの力』が絡んでいるエピソード」が優先して選出されている)。

さらに『列伝』恒例となっていた最終回での最新作紹介は本作では行われず、2021年7月3日に独立した特別番組という形で実施された(『トリガー』が7月10日放送開始のため、従来より1回分放送回が空くことが要因か)。また、本作の最終回の8年前は奇しくも『列伝』最終回が放送されていた。

フィーチャーされるウルトラマンと関係が薄いためか、『ウルトラマンオーブTHE_CHRONICLE』から毎年恒例となっていた前年の映画作品の放送についても、本作では見送られている。

ナビゲーターには、これまで通りウルトラマンゼロが続投。抜擢された理由の通り、世界を越えて活躍する彼がティガとゼットの世界を結んでくれる。決して(司会進行的な意味で)ゼットにナビゲーターは任せられないというわけではない…はず(ただし、第18話からはゼットも登場し、地球での経験を「師匠」であるゼロに伝えている)。

番組の公式Twitterではオオタ・ユカが登場。取り上げられる怪獣たちの紹介をした後、「解剖してー!」と叫ぶのがお約束となっている

キャスト


主題歌

Ultra Spiral


同曲は元々『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』の主題歌として制作され、『Z』第7話でも挿入歌として使用された。ちなみにボイジャーが地上波作品で主題歌を担当するのは『ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE』以来3年振りである。
第12話(4月3日放送回)よりOP映像が変更され、ダイナ・ガイア・アグル(このうち、ガイアとアグルはV2状態で登場する)が追加された。ただし歌詞は1番のままである。

放送リスト

サブタイトルは主題歌のタイトルや歌詞の一節を引用、もしくは組み合わせたものになっている。

話数サブタイトル使用話内容放送日
1Connect toTIGA『Z』第1話・『ティガ』第1話・『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国ティガとゼット2人のデビュー戦を紹介1月9日
2グローイングブレイブ『Z』第3話/第9話・『ティガ』第2話/第3話2人のチェについて解説1月16日
3勇気の光があらわれる『Z』第8話・『ダイナ』第26話・『ガイア』第44話・『劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!ガンマフューチャーの元になる3人のウルトラマンと、ゼットとティガたちが共通して因縁を持つファイブキング構成怪獣を合わせて紹介1月23日
4君の待つ明日へ『Z』第15話・『ティガ』第1話/第3話/第25話/第51話/第52話ティガ最後の戦いを紹介1月30日
5なんのために 誰のために『Z』第23話・『ダイナ』第49話人が生み出した人造ウルトラマンそれが引き金となった最悪な結末を紹介2月6日
6共に戦え『Z』第2話/第4話/第12話/第21話・『ティガ』第1話/第2話/第19話/第20話/第38話地球側の防衛隊であるGUTSストレイジおよびメカニックを紹介2月13日
7ここから一歩も下がらない『Z』第25話・『ガイア』第49話/第50話/第51話ガイアとアグル、そして最大の強敵との決戦を紹介2月20日
8何を背負い揺れ動く『Z』第5話・『ガイア』第18話時には敵としてウルトラマンと対立したが最終的に良き協力者となった2人のライバルキャラおよびその人間態を紹介2月27日
9試される明日『Z』第10話/第17話/第22話・『ティガ』第25話何回もウルトラマンと戦い倒されていった2人の侵略者たちを紹介3月6日
10スパーク!心と力をリンクさせ『Z』第15話・『X』第21話/第22話ゼットたちを大苦戦させた怪獣グリーザを、同じく対峙したエックスと合わせて紹介3月13日
11光の星の戦士たち・前編『Z』第6話・『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち2人のウルトラマンの共闘をダイジェストで紹介3月20日
12光の星の戦士たち・後編『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』同上3月27日
13超時空の大決戦・前編ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦『ガイア』の映画を分割放送4月3日
14超時空の大決戦・中編『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』同上4月10日
15超時空の大決戦・後編『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』同上。なお、この回の終了提供クレジットから『トリガー』の情報が解禁4月17日
16ULTRA HIGH『ダイナ』第31話・『ガイア』第16話/第27話宇宙人2体の金属生命体が化けたウルトラマンと本物たちとの戦いを紹介4月24日
17世界中が君を待っている『Z』第22話・『オーブ』第1話/第3話/第4話/第5話/第12話/第15話/第17話/第23話次世代ウルトラマンの中で最もティガと強い関連性を持つオーブの初陣と活躍を紹介。なおこの回の次回予告からゼットが登場5月1日
18この地球(ほし)を守りたい『Z』第23話/第24話/第25話ゼットの最後の戦いを前後編で紹介する前編5月8日
19FIGHTING SOUL『Z』第25話ゼットの最後の戦いを前後編で紹介する後編5月15日
20たとえ力が強くても『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』・『ティガ』第43話/第44話マサキ・ケイゴが変身したイーヴィルティガカイザーベリアルのように力を求め悪に墜ちたウルトラマンを紹介5月22日
21光の国からはるかに超えて『Z』第19話・『ティガ』第49話ティガとゼットが共に戦ったウルトラ兄弟の一員である昭和ウルトラマンとの共闘を紹介5月29日
22きたぞ!すすめ!時のゲートを開けて『Z』第7話・『大決戦!超ウルトラ8兄弟』・『劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマンゼロやティガを中心としたウルトラマン同士の共闘を紹介6月5日
23もっと高くR/B』第1話/第2話/第3話/第5話・『ティガ』第50話空中戦が得意な2体の怪獣にティガやティガの力を借りたブルの空中戦を紹介6月12日
24向かい合う時が来た大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』・『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY以前(第20話)のケースであったイーヴィルティガとベリアルのように、力を求めたゼロとティガの苦い過去、そしてどのようにこれを乗り越えていったかを紹介6月19日
25(終)君の待つ未来へ『ティガ』第52話・『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』闇に向かい合うティガ、そして闇の巨人が変貌した邪神と最後の決着を付ける戦いを紹介6月26日

余談

55周年関連

2021年はウルトラシリーズ生誕55周年記念であると同時に、『ティガ』が放送されてから25周年の節目でもある。
おそらく『ティガ』がピックアップされているのもこのためなのだろう(ちなみに『ゼアス』も『ティガ』と同じ25周年である)。これを意識したのか第1話冒頭では歴代のヒーロー/変身者や怪獣が紹介されていた。
紹介された変身者はハヤタ・シンモロボシ・ダン郷秀樹北斗星司石動美鈴(なぜか東光太郎ではない。詳細は後述)→おおとりゲンヒカリ超一郎矢的猛星涼子ウルトラフォースジャック・シンドーケンイチ・カイスパークレンス(ダイゴの顔出しはなし)→リーフラッシャー(アスカの顔出しはなし)→高山我夢藤宮博也朝日勝人カグラ・ゲンキ謎の少女夢星銀河春野ムサシジュリ真木舜一姫矢准孤門一輝トウマ・カイトサコミズ・シンゴヒビノ・ミライジンレイランナオタイガ・ノゾム礼堂ヒカルショウ大空大地クレナイ・ガイ朝倉リク伊賀栗レイト湊アサヒ湊イサミ湊カツミ工藤ヒロユキヘビクラ・ショウタナツカワ・ハルキの順。細かいところまで抑えられてはいるが、千樹憐など一部省かれた人物も存在する。

歴代エネミーはウルトロイドゼロジュダ・スペクターギコギラーサラマンドラメンシュハイトクリヤマ長官キングオブモンスギャラクトロンウルトラマントレギアセレブロパワードゼットンメダンボーズ星人ツルク星人ガロン/リットルギギ巨大ヤプールレギオノイドゴーデス(第二形態)レイバトスストルム星人バット星人ミジー星人ベンゼン星人ワロガブラック指令シルバーブルーメエンペラ星人チブル星人エクセラーボガールモンスマガタノオロチダークルギエルバロッサ星人ベリアル銀河帝国ウルトラマンベリアルの順に登場。

さらに冒頭の民衆や防衛隊の紹介シーンはヤナセ・レナ美剣サキクワトロMXio→チームUの基地内で暮らす子供たち→ヒビキ・ゴウスケオオヤマ一樹アッコZAPUPG山瀬アスナヒカルと仲間たち→サワイ総監→ゴールド星人テルガイアの掌に乗せられてはしゃぐ子供たち佐々木敦子ミドリカワ・マイジャグラスジャグラーイナバ・コジローフジ/アンヌ/アキ/夕子モロボシ・ダンストレイジ大空大地たちとピグモン小森セイジ宗谷ホマレW.I.N.R.ペロリンガ星人ユミムラ・リョウ→アスカ・カズマと幼少期のアスカE.G.I.S.朝倉錘ナックル星人オデッサミサキ・ユキスーパーGUTSTEAM EYESイルマ・メグミ歓声をあげる人々エメラナ姫モリモト・アヤノMYDO風間ワタル幼き日のリクドンシャイン鳥羽ライハSSPの順に登場。

タロウの変身者について

上記の変身者紹介の場面において、タロウの変身者として本来は光太郎が紹介されるべきであろう所で何故か『ギンガ』のヒロインである石動美鈴(厳密には『ギンガ』最終回でタロウが復活する場面)がピックアップされるという異例の演出が採用されたが、当然ながらこうした演出に疑問を持つファンも少なくなかった。
これについては、光太郎役の篠田三郎氏の意向から「光太郎の代わりに一番タロウに近い地球人として選ばれたのではないか」、また「タロウと光太郎は、本編後は完全に別個の人格として扱われていることから、光太郎ではない変身シーンが選ばれた」などと推察する向きもあるが、詳しい事情は関係者が知るのみである。

次回作『トリガー』について

過去のクロニクルシリーズの法則から、本作の発表時からファンの間では次回作は『ティガ』に関連する作品になる可能性が高いのではないかという推測の声が早くも上がっていた。
『ティガ』もまたウルトラシリーズ生誕30周年記念番組であるが、ほかのアニバーサリー作品と比較して『ティガ』がメインのひとつとして大々的に扱われているのには何か大きな意味があるのではないかと見る向きは多かった(ちなみにほかのアニバーサリー作品の戦士たちは、同時期に配信公開中の『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』に登場している)。
そして、2021年4月1日の0時ちょうどに円谷プロダクションのTwitterにて、ティガとティガの隣にいるティガとよく似たウルトラ戦士のシルエットが公開され、その2週間後の4月15日の17時ちょうどに円谷プロダクションのTwitterにて、最新作ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』が令和版『ウルトラマンティガ』として発表されることとなった。
なお、もう1人のピックアップ対象であるゼットについても、2021年6月24日にハルキとともに『トリガー』本編へのゲスト出演が告知された

Coming Soon?



ソフビについて

ソフビでは、『ティガ』からはゴルザキリエロイドガタノゾーアイーヴィルティガガーディーゾイガーカミーラダーラムヒュドラ闇の巨人、『ダイナ』からはデスフェイサークイーンモネラゼルガノイドゲランダ、『ガイア』からはキングオブモンス超コッヴゾグといったTDG三部作のソフビが(一部再販を含め)大量に定番入りを果たした。

関連項目

ウルトラマンZ ウルトラマンティガ
ウルトラマンゼロ

TDG三部作
ウルトラマンダイナ ウルトラマンガイア ウルトラマンアグル
光の星の戦士たち 超時空の大決戦 THE FINAL ODYSSEY

大決戦!超ウルトラ8兄弟 ウルトラ銀河伝説 超決戦!ベリアル銀河帝国

ウルトラマンギンガS ウルトラマンX ウルトラマンオーブ ウルトラマンR/B
決戦!ウルトラ10勇士!! きたぞ!われらのウルトラマン

DARKNESSHEELS-Lili-:4月から連載が始まった5人の闇の巨人たちの物語。この内のを除いた4名は今作に登場するウルトラマンたちと密接な関係(宿敵元恋人元同族隊長など)にある。

ウルトラマンクロニクル ZERO&GEED → (ウルトラマンZ) → 本作 → (ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA)→ウルトラマンクロニクルD

外部リンク

番組公式サイト

関連記事

親記事

ウルトラマン列伝 うるとらまんれつでん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルトラマンクロニクルZヒーローズオデッセイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12195

コメント