ピクシブ百科事典

ファイブキング

ふぁいぶきんぐ

『ウルトラマンギンガS』の前半のラスボスに相当する超合体怪獣。
目次[非表示]

データ

初登場作品『ウルトラマンギンガS
第7話『発動!マグネウェーブ作戦』、第8話『朝焼けの死闘』に登場。

  • 別名:超合体怪獣
  • 身長:75m
  • 体重:5万5千t

合体素材

超古代怪獣  ゴルザ(強化)


【フュージョンファイト!】フュージョンファイト6弾イラスト


レイキュバス 【ニコニコ動画用イラスト】


吉田


宇宙戦闘獣 超コッヴ



概要

チブル星人エクセラーが今まで得たビクトリウムのエネルギーで、ファイヤーゴルザメルバガンQレイキュバス超コッヴスパークドールズを同時にモンスライブして誕生した合体怪獣。これまでの合体怪獣と異なり、各怪獣のパーツが組み合わさっているのではなく、部位に合わせて各怪獣の体を変形させたようなデザインになっているのが特徴。体の構成は頭部と胸部がファイヤーゴルザ、背中の翼と額と尾がメルバ(顔がファイヤーゴルザの額に貼り付いている)、左腕がガンQ、右腕がレイキュバス(手が頭から直接生えたハサミになっている)、下半身が超コッヴ(顔が腹部に張り付き、足は超コッヴのものにコッヴシッケル(腕の鎌)が生えたようなデザインになっている。また、背部にはビクトリウムと思われる水晶体が背びれのごとく複数突き出している。鳴き声も5匹分なので非常にうるさい(特にガンQの自己主張が激しい)。

左腕に備わった状のガンQの眼で敵の光線技を吸収(エレキングの尻尾を巻き付けられ、電流を流されてもすぐに吸収してしまった)し跳ね返せるほか、超コッヴの胴体からの光弾、レイキュバスの右腕のハサミから発射する冷気火炎の同時発射、ファイヤーゴルザの頭部とメルバの目から同時に光線を放つなど、各部分に備わった怪獣たちの最強の能力を行使することができ、その全てが並の怪獣はおろかウルトラ戦士さえ一撃でライブ解除に追い込むほどの威力を持つ。シェパードンばかりかエネルギーを消耗していたとはいえ、ウルトラマンビクトリーと今までほぼ敗北知らずであったウルトラマンギンガストリウムすら初めて土を付けたほどの凄まじい戦闘力を兼ね備えている。

初登場時はエクセラーがギンガストリウムと同様に、能力を使用するときに「(選択された怪獣の名前)の力!」と叫んでいた。

ギンガとビクトリーを倒した後は、自らの要求にいい返事がもらえないことに痺れを切らしたエクセラーが再びモンスライブし、市街地にて破壊活動を行う。登場時は上空に立ち込めた暗雲のなから出現し、メルバの翼を使用して飛翔をしていた。そして礼堂ヒカルがライブしたEXレッドキングエレキングキングジョーカスタムを各部位の怪獣たちの能力を使って次々と返り討ちにする。

しかしその間にシェパードンからエネルギーを分け与えられたUPGの作戦でギンガとビクトリーが復活してしまい、2大ウルトラマンと戦闘を開始。序盤こそ善戦したものの、ギンガのギンガスパークランスで背中の水晶体を折られたのを皮切りに、M87光線でガンQの眼を、スペシウム光線でレイキュバスのハサミを破壊され、エメリウム光線によってゴルザとメルバの顔にダメージが入って頭部からの光線発射能力も封じられてしまう。負けじと超コッヴの光弾を乱射して反撃するが、ビクトリーの新技ビクトリウムエスペシャリーで全て撃ち落とされ、ウルトラショットで腹にもダメージを受けて光弾発射も不可能となり、状況不利を判断して撤退しようとするも、メタリウム光線とビクトリウムシュートでメルバの羽を破られて飛行能力を失ったことで退路を断たれ、グロッキーになった所にストリウム光線を受け爆死した(しかしエクセラーは倒されてはいなかった…)。

決戦!ウルトラ10勇士!!

3月14日公開のギンガS劇場版『決戦!ウルトラ10勇士!!』にも登場。
時空城に殴り込みをかける10勇士を打ち滅ぼすべく、エタルガーが「エタルダミー」(該当項目参照)として復活させた。ちなみに本作で初めてウルトラマンティガウルトラマンダイナウルトラマンガイアと戦った。

3人を追い詰めて来た怪獣が合体してる(一目見るなりダイナが「オレたちを苦しめた怪獣が合体したってわけか!」と発言しているほど)だけ有り、3対1でも互角に渡り合う。しかしパワータイプミラクルタイプスプリーム・ヴァージョンにモードチェンジされた事で追い詰められ、最後はデラシウム光流・レボリウムウェーブ・フォトンストリーム合体攻撃を受けて爆発四散した。なお、デラシウム光流はともかく、他の2つはまともに喰らえば瞬殺ものである

余談ではあるが、この戦闘ではティガはファイヤーゴルザとメルバのパーツ、ダイナはレイキュバスのパーツ、ガイアはガンQと超コッヴのパーツと中心に戦っているシーンが多く、それぞれの因縁の敵との再戦を思わせる演出となっている。

ウルトラマンジード

ウルトラマンベリアルの作り出した怪獣カプセルの1つにファイブキングのカプセルが登場する。
劇中ではベリアル自らが使用し、ゾグ第2形態のカプセルと融合させることで、ベリアル融合獣キメラベロスへとフュージョンライズした。

余談

  • 平成3部作の怪獣の部位が集まったその姿は、まさに平成のタイラントである(エクセラー本人も総集編にてそう発言している)。
  • デザインは元になった怪獣が分かりやすいよう、各怪獣の顔がつけられている。
  • 当初、脚の色は超コッヴに合わせた青だったが、全体のバランスを考慮して赤になった
  • 本放送時に発売されたソフビ人形はデザイン画を元に制作されたのか、本編スーツとは大きく異なるイメージだった。その後に少年リックから大怪獣シリーズの一つとして、非常にハイクオリティな大型ソフビ人形が発売されている。また、2019年2月より500サイズのソフビ人形として定番入りすることも決定した。


関連タグ

チブル星人エクセラー
ウルトラマンギンガS
ゼッパンドン - 「超合体」による合体怪獣繋がり
同じコンセプトの怪獣関連
ジャンボキング
暴君怪獣タイラント
グランドキング
イズマエル
ギガキマイラ
ベリュドラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイブキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16828

コメント