ピクシブ百科事典

発泡怪獣ダンカン

はっぽうかいじゅうだんかん

ダンカンとは、『ウルトラセブン』第34話「蒸発都市」に登場する怪獣。別名「発泡怪獣」
目次[非表示]

タグとしては「ダンカン」が使われている。ダンカンこの野郎。

ダンカン



概要

発泡怪獣 ダンカン(怪獣態)
発泡怪獣 ダンカン(人間態)


  • 身長:40メートル(巨大化時)
  • 体重:1万5千トン(巨大化時)
  • 出身地:宇宙
  • 演:吉原正皓(人間態)、西京利彦(巨大化時のスーツアクター)

具体的にどこなのかは不明だが、太陽系付近の惑星から飛来してきた泡状の不定形生物。高い知能と変形能力を持ち、地球人の姿を借りての会話も可能。また、戦闘時にはハリネズミのようなトゲに覆われた怪獣の姿になる(メイン画像)。

武器は特にないが、動きは結構身軽。丸くなって転がりながら移動する事もできる。また強力な催眠術を使う事もでき、ウルトラセブンを操って街を破壊させたというウルトラ怪獣としては異色の経歴を持っている。この時のセブンは通常の掛け声ではなく奇妙な鳴き声を上げており、友里アンヌでさえ「気でも狂ったの!?」と言わしめた。

地球に来た目的は宇宙嵐からの避難であり悪意はなかったらしいが、滞在中の仮の宿にしようと東京の一都市を丸ごと田園地帯に移動させた結果、一緒に移動させられた人間を蝋人形のように硬直させてしまい、紆余曲折の末退治される事になった。

#水曜日のセブン 34~38


人間体でコントロールルームからセブンを操り街を破壊させていたが、侵入してきたフルハシのウルトラガンの銃撃を受け泡になって巨大化。続けてコントロールルームも破壊された事でセブンは正気を取り戻し、そのまま鬼ごっこじみた対決を繰り広げた末、エメリウム光線で倒された。

ウルトラマンZ

第24話「滅亡の遊戯」に、地球防衛軍(中国ウイグル辺り)が監視している休眠怪獣として画面上に登場しているが、ウルトロイドゼロに吸収されてしまった模様。
なお、ウルトロイドゼロがその後変容したデストルドスの脚部には、ダンカンのものと思われる棘が生えている。
デストルドスに融合した怪獣の中では唯一の知的生命体である。

セブンガーファイト

第4話に登場。
映像作品の登場は実に53年振りとなる。
原典と同様にやはり宇宙出身であるものの、宇宙人らしい知能の高さは皆無で、新型ミサイルを咥えて都市部を駆け回るわんこ系の怪獣として扱われている(子供の個体なのだろうか?)。見た目はトゲトゲしているものの、ハルキ曰く「モフモフ」の部類に入るらしい。セブンガーが動物を可愛がるように接した事で捕獲に成功した。

なお、採石場に都市のセットを置いているようにしか見えないが、原典の方でもダンカンが街を平原に転移させている為、そのオマージュなのではないかと思われる(あとはウルトラファイト系に見られたチープな雰囲気を演出する意図もあるものと思われる)。田口監督によれば、お気に入りの怪獣の一体だったとのこと。

同作にはサタンビートルも登場が予定されている為、上述の個体と同一個体なのではないかと思われる。捕獲されたのがこの個体だったという事は…。

余談

  • 一部書籍では人間態を「ダンカン星人」と表記している。
  • ウルトラ銀河伝説ではベリュドラの左腕を構成する怪獣の一体として登場した。
  • 高野八誠氏の自主製作映画『HE-LOW』でもとあるシーンで登場する(さすがにそのまま映すことはできないために、目に線を入れて誤魔化している)。
  • 漫画『酩酊!怪獣酒場2nd』ではうるまと共謀し、人工光で栽培した環境に優しい無農薬野菜の模擬店を開いていたが、ダンカンが洗脳装置で洗脳した学生たちで人工光を発電していたのであり、ゼットンとダークルギエルの手で装置が破壊されて学生たちは解放された。環境に優しい方法なのは確かだが、人間には優しくなさすぎである


関連タグ

ウルトラマンベリアル - セブンの息子似たような事をした
ダークルギエル スラン星人クワイラ - 同じく本物のウルトラ戦士を操った人

関連記事

親記事

ウルトラセブン うるとらせぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「発泡怪獣ダンカン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「発泡怪獣ダンカン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5489

コメント