ピクシブ百科事典

ウルトラセブン(キャラクター)

うるとらせぶん

『ウルトラセブン』の主人公であるウルトラ戦士。ウルトラ警備隊七人目の隊員にして、ウルトラ兄弟三番目の弟。
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 2 データ
  • 3 容姿
  • 4 変身バンク
  • 4.1 平成セブン以降
  • 5 戦闘スタイル
  • 6 必殺技
  • 7 昭和シリーズのセブンの客演
  • 7.1 『帰ってきたウルトラマン』
  • 7.2 『ウルトラマンA』
  • 7.3 『ウルトラマンタロウ』
  • 7.4 『ウルトラマンレオ』
  • 7.5 『ウルトラマン80』
  • 8 平成シリーズでの客演
  • 8.1 『メビウス&ウルトラ兄弟』 ◎
  • 8.2 『ウルトラマンメビウス』
  • 8.3 『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』
  • 8.4 『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』
  • 8.5 『ウルトラ銀河伝説』
  • 8.6 『ベリアル銀河帝国』
  • 8.7 『ウルトラマンサーガ』
  • 9 ニュージェネ以降の客演
  • 9.1 『ウルトラマンギンガ』
  • 9.2 『ウルトラマンオーブ』
  • 9.3 『絆の力、おかりします!』
  • 9.4 『ウルトラファイトオーブ』
  • 9.5 『ウルトラマンジード』
  • 9.6 『ウルトラマンR/B』
  • 9.7 『ウルトラマンZ』
  • 9.8 『大いなる陰謀』
  • 9.9 『ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突』
  • 10 他媒体展開
  • 10.1 『ウルトラマンヒットソングヒストリー レジェンドヒーロー編』
  • 10.2 『ウルトラマンライブ プレシャスステージ』
  • 10.3 『ウルトラ6兄弟 THE LIVE ウルトラマン編 in 博品館劇場』
  • 10.4 『ウルトラヒーローからのメッセージ《SPECIAL LIVE MOVIE》』
  • 11 『平成ウルトラセブン』
  • 12 絵本
  • 13 パロディなど
  • 14 TVCMでは
  • 15 バトルスピリッツでは
  • 16 地球人への愛
  • 17 余談
  • 18 担当声優
  • 19 主な担当スーツアクター
  • 20 関連イラスト
  • 21 関連タグ
  • 22 曖昧さ回避
  • 概要

    元々はM78星雲恒点観測員340号だったが、観測員の仕事で地球に立ち寄った際、命と引き換えに友を救おうとした薩摩次郎という男の決死の行動に感銘を受け、次郎の命を救った後に彼と同じ姿に変身し、「モロボシ・ダン」を名乗って地球に滞在。さらには現地の防衛組織であるウルトラ警備隊に入隊して、地球を狙う様々な侵略者や怪獣と戦う。
    経緯が経緯なだけに発想が飛躍しすぎていると指摘される事が多々あるが、よくよく考えれば同作では、星間侵略戦争が激化し、宇宙は混沌の時代の真っ只中であったという設定があり、おまけに第1話冒頭でご丁寧に「地球は狙われている」というドストレートなナレーションまで入っている為、その影響が地球に波及するのも時間の問題であった事を見越しての行動であったと言え、そこまでおかしな話ではない。
    …メタ的に言えば、この理由付けは地球を守る理由が存在せず、単純に戦闘代行者と捉えられてしまった初代マンの反省でもある。
    ちなみに、あくまで「人間のモロボシダンとしての力」で事件解決に取り組む為、初代マンのようにいきなり変身して事件を解決したり、事件の芽を潰すということはない(無論宇宙人との交渉などセブン時の方が適任であるならその限りではない)。

    ウルトラセブンという名はウルトラ警備隊七番目の仲間という意味でつけられた(しかし隊員達に命名されるシーンが丸々カットされている為、書籍等の資料でしか知る術は無い)。
    劇中では彼の仲間から「恒点観測員340号」と呼ばれているが、後のシリーズでは他のウルトラ戦士からも「ウルトラセブン」もしくは「セブン」と呼ばれている。

    役職名の通り、本来は戦闘員ではないが、それを全く感じさせない様々な特殊能力と高い戦闘力を有している。地球での活躍の後には正式に宇宙警備隊の隊員となり(転職したのか観測員との兼業なのかは不明)、ウルトラ兄弟としての契りをゾフィーウルトラマンと交わしている。この3人は、ジャック以降の兄弟と比べると比較的砕けた関係らしく、「兄さん」を付けずに互いに呼び捨てとタメ口で接している(明確にウルトラマンに敬語を使ったのは『帰マン』第38話ぐらいである)。
    なお、ウルトラ兄弟の設定が明確になる以前の図鑑などでは、「ウルトラマンとは親友」と紹介されていた。実際本編や漫画等の他媒体展開でも、親しい様子は見てとれる。

    ワンドロのやつ
    ウルトラ銀河伝説1


    公式作品ではウルトラマンが「怪獣退治の専門家」と称されるように、セブンは「真紅のファイター」と呼ばれる。

    登場作品によって声質に違いがあるが、主に昭和シリーズで使用されたものと、平成以降のシリーズで使用されたものの二種類に大別される。
    どちらもモロボシ・ダン役の森次晃嗣氏によるものだが、出演当時の年齢に応じて声質が変わっている。
    現在では平成セブンに代表される声が主流(と言っても作品によって若干の差異はある)だが、メビウス以降の平成作品で、昭和シリーズでの声が使用される事も多々あり、『絆の力、おかりします!』などが顕著である(『メビウス』劇場版では、昭和と平成の両方の声を採用している)。
    再編集作品や、『帰マン』から『タロウ』までの作品ではウルトラマン、『タロウ』第5話などではタロウ本人の声を流用しているなど、昭和の客演作品では他のウルトラ戦士の声を流用するパターンが非常に多かった。
    また、特例として、平成セブン『EVOLUTION5部作』では、作中でカザモリと一体化した関係で、この作品のみカザモリ役の山崎勝之氏が新規で収録した声が使われている。

    データ

    人間体モロボシ・ダンカザモリ・マサキ(平成ウルトラセブン)、ジン(ULTRASEVENX)北島哲也(ウルトラマンタロウ)、石動誠一郎(『ウルトラマンギンガ』)
    活動時間不定(太陽エネルギーさえあればエネルギーが切れても復活できる)
    変身アイテムウルトラアイ
    年齢1万7000歳(旧設定では1万9千歳)
    身長ミクロ〜40m(劇中のガッツ星人の分析によると、50メートルまで巨大化可能)
    体重3万5千t(身長・体重は標準時。ミクロから伸縮自在で限界は不明)
    職業恒点観測員(惑星や星間宇宙の環境変動を調査する仕事)、その後宇宙警備隊
    家族構成
    • 父:宇宙警備隊・勇士司令部部長
    • 母:ウルトラの母の姉。セブンの幼少時に死去
    • 姉:母親代わりにセブンを育てた
    • 妻:宇宙科学技術庁科学者だが現在行方を調査中
    • 息子:ウルトラマンゼロ

    ※家族構成に関しては、M78スペースのみの設定。平成セブン等とは無関係。

    容姿

    立体的・直線的な意匠が目立つ顔立ちと真っ赤な体色、胸から肩にかけて備わった鎖帷子のようなプロテクターと、ウルトラマンとは一線を隠すデザイン。これはウルトラ族の中でも特に体力に優れたレッド族と呼ばれる種族に共通の特徴である。

    プロテクターは、太陽エネルギーを集める事で、自らの活動エネルギーに変えるソーラーパネルの役割を持つ。
    額の緑色のビームランプは、光線発射器官であると同時に、カラータイマーと同じくエネルギーの限界が近づくと点滅するアラート機能を備えている(番組初期や作品によっては設定が曖昧だったりする)。また、ビームランプからエネルギーを補給する事も可能で、ガッツ星人に磔にされ、プロテクターが封じられた際は、ウルトラ警備隊が光線状に集束したマグネリウムエネルギーをランプに照射した事で復活した。

    放送当時の漫画版では、目が白色、ビームランプが黒や赤色で描かれる事があった為、どことなく人間味を感じる風貌になっている。

    変身バンク

    セブン変身


    装着したウルトラアイが渦巻く火花のような閃光を放ち、頭から下半身へと徐々にセブンに変わっていく。ストーリーの進行の都合で端折られることも多い(まあ変身バンクなんてものは外連味を持たせる為の演出に過ぎず、実際のところは一瞬で完了するので、カットされるのは以降の作品でもよくある事である)。

    平成セブン以降

    大まかな変化は無いが、CGが導入された事でモーションが滑らかになっており、プロテクターが現れる際に金属がかち合うような音が鳴り、変身完了と同時に全身がスパークする演出が追加されている。
    この金属音はセブン21の変身シーンでも採用されている。

    ちなみに昭和・平成含め、一度もぐんぐんカットが使われていない。息子ですら初のテレビシリーズ本格出演で用意してもらえたのに。
    絆の力、おかりします!』では、変身完了後に巨大化していく演出が取られたりと、それっぽいものはあるが、他のウルトラマンのような腕を突き出して画面手前に迫ってくるように巨大化する演出は未だに無い。

    戦闘スタイル

    後年では「真紅のパワーファイター」と称される通り、ウルトラ6兄弟の中でもウルトラマン以上に力強い打撃に重きを置いた肉弾戦を得意としており、寒冷地等の特定のフィールドを除けば、持久戦においては兄弟トップクラスのスタミナを誇る。アイスラッガーやワイドショットが有名なのであまり話題にならないものの、肉弾戦では後にヒッポリト星人タイラントグローザムにすら食らいついており、『レオ』で改めて地球防衛を任されたという事実からも、宇宙警備隊内でも当時から実力を高く評価されていた事が窺える。

    また、ウルトラ戦士でも有数のウルトラ念力の使い手としても知られており、宇宙ブーメランアイスラッガーを自由自在に使いこなせるのは、彼の卓越した操作技術に支えられているからこそと言っても過言ではない。ウルトラノック戦法などの応用は勿論、『絆の力、おかりします!』での客演時に至っては敵の合体光線を真正面から打ち破った上で合体の接続部分を的確に切断して連射を封じるなど、威力・精度共にかつての地球防衛時代からますます実力を向上させていることが見てとれる。これだけの強さを持つ男の遺伝子を受け継いだが強いのも当然と言えるだろう。
    ぶっちゃけただの観測員が持ってていい強さじゃないだろとは割と昔から言われてることなので気にしてはいけない(文明監視員にもやたら強い連中がいたりするし)。

    なお、恒点観測員という役職の割に「西の空に明けの明星が輝く頃」という迷言(これを言っているシーン自体は間違いなく感動の名場面)を残しているが、度重なる激闘で疲労していたのだからそこまでツッコむ事でもないかもしれない。ちなみに明けの明星の位置は、太陽が昇ってくる東の空である。この機会に覚えよう。

    必殺技

    エメリウム光線

    天命 知命


    額のビームランプから発射される細い緑色の光線。右腕をタメて左腕を胸の前に据える型と、両手の人指し指と中指を揃えてランプの両脇に構える型の二種類の構えがあるが、光線の威力や効果に大した違いは無く、その時々のコンディションによって構えを変えているだけだと思われる。
    飛行しながら断続的に連射する場合はラピッド光線と呼ばれる。

    アイスラッガー

    セブン 


    頭頂部に備わった宇宙ブーメラン。切れ味はかなりのもので、投擲したり手に持って斬りつけたりと使い方は様々。手元を離れている間は白熱している為、血や毒が付着しないとされる。

    ウルトラ念力
    文字通り念力である。怪獣を持ち上げたり動きを止めたりできるが、アイスラッガーのコントロールに不可欠な要素でもある。バリエーション技にウルトラサイコキネシスもある。
    人間態時でも使用可能で、セブン時とほぼ同じ効果を発揮するが、その際は体力を著しく消耗し、寿命を縮めてしまう危険もある(ただし短時間の使用なら死期を早めるほど消耗はしない)。

    「ウルトラ念力と言えばセブン」というイメージが強いが、実はウルトラマンの方が先に使っていたのでセブンが初出という訳ではない。また、息子のゼロはもちろん、『ウルトラ銀河伝説』ではミライが、『ギンガ』ではスパークドールズにされてしまったタロウ、『ジード』ではジード・ソリッドバーニングがそれぞれ使用しているため、セブン固有の能力ではなく、ウルトラ戦士なら誰でも習得可能な技だ思われる。
    現在は「光の国で最もウルトラ念力が得意なのがセブン」という見解が一般的となっている。

    ウルトラマン物語』では、ボーグ星人にトドメを刺したのがウルトラ警備隊ではなく、ウルトラ念力で相手を爆破させる「念力ショット」という技になっている。

    ワイドショット

    ウルトラセブン


    腕をL字に組んで放つ必殺光線。大量のエネルギーを費やすため、あまり使われない。派生技に三方向に分裂するスリーワイドショット(電磁ワイドショット)、強化版のネオワイドショットがある。

    ウルトラクロスアタッカー
    『EVOLUTION5部作』にて初披露。
    十字型の光の刃を飛ばし、敵の目前で分裂させて乱れ斬る技。
    エメリウム光線から続け様に撃ち込み、それまで防戦一方だったネオパンドンを撃破した。

    パーフェクトフリーザー
    腕を突き出して放つ青色の冷凍光線。高熱を発するバンデラスを凍らせる程の冷却力がある。

    ウルトラ水流
    平成セブンで初披露。実は設定自体は昭和期に既に存在しており、両腕を突き出し、右手の人指し指と中指を揃え、左拳の上に乗せたポーズのスチールがそれである。

    ウルトラバブル
    重ねた腕から泡を放ち、敵を溶かしてしまう。誰が言ったかウルトラ石鹸。
    ダリーを駆除した。

    トルネードビーム
    ヴァリエル星人との戦いで、毒花粉を吹き飛ばす為に使用した竜巻状の光線。
    ロストヒーローズでは攻撃力が付加されている。

    リュウ弾ショット
    黄色いエネルギー光弾。威力は非常に高く、メトロン星人三代目に引導を渡した。ちなみに技名はエネルギーを榴弾状に固めて放つ事が由来。

    手裏剣光線
    手裏剣のように素早く放つ光弾。ゴーロン星人に対して使用。

    ハンディショット
    突き出した右腕の手刀の先から発射する楔状の光弾。ガッツ星人の円盤を撃ち墜とし、パニックに陥れた。

    ウルトラスパイラルビーム
    両腕を重ねて放つ、ウルトラアタック光線に似た光線。一般にベル星人戦が初使用とされているが、実のところ第12うわなにをするやめr

    ウルトラバリヤー
    前面にバリヤーを張って敵の攻撃を防ぐ。『ウルトラ銀河伝説』では光の国を襲った寒波を防ぎきり、凍結を免れた。

    スライドイン
    鏡面世界(厳密には違うが)に入る能力。この人弟子他社のヒーローに先駆けて披露した。

    シェイクハンド光線
    両腕を十字に握るようにして放つ稲妻状の光線。ガッツ星人に使用したが、全く効果がなかった。

    チェーンビーム
    斜め十字に組んで放つ電撃光線。プロテ星人を痺れさせた。ウルトラファイトではワイドショットの構えで対象を焼き尽くすを放った。

    ウルトラショット
    揃えて突き出した人差し指と中指から光弾を連射する。

    ストップ光線
    揃えて突き出した人差し指と中指から、相手の動きを止める光線を発射する。

    ダブルビーム
    飛行しながら、突き出した両腕の先から直線状の光線を発射する。

    ブレーク光線
    ガッツ星人の十字架に封じ込められた際に使用。
    両手の人差し指と中指を揃え、双方の先から放たれた光線を正面衝突させ、スパークさせる事で衝撃波を発生させ、十字架を破壊して封印から脱出した。

    ハンドビーム
    突き出した人差し指から直線状の破壊光線を放つ。シャドー星人の円盤を破壊した。

    ウェッジ光線
    楔形のナイフ光線を投げつけてダメージを与える。簡単に言えばでかいミラーナイフ
    ゴドラ星人のうち一体を倒した。

    ラインビーム
    緑色のビームロープを発射。ニセウルトラセブンも同じ技を放ち、綱引き対決に持ち込んだ。
    ゲーム『ウルバト』では、ニセセブンが通常攻撃に用いている。

    アイビーム
    両目から放つ光線。アンノンの目からの怪光線を相殺した。

    ボディスパーク
    両腕を交差させて体を青白く発光させ、光に弱い敵を怯ませる。
    フック星人に対して使用。

    ローリングスパーク
    空中で高速回転し、生み出した破壊エネルギーを敵にぶつける技。
    アイアンロックスを破壊した。

    ボディ風車
    体をブーメランのように回転させて敵に体当たりをぶちかます荒技。ニセセブンを大破させた。

    ウルトラVバリヤー
    拳を握った腕を交差させ、敵の光線を防ぐ。

    ウルトラパワー
    全身に力を溜め、強引に拘束を引きちぎる。
    ナースのとぐろ締めつけから脱出して大破させた。

    ステップショット戦法
    ウルトラ警備隊の特殊銃火器・エレクトロHガンの銃口に入り込み、弾丸として発射される事により、徐々に巨大化しながら敵に突っ込んでいく捨て身の技。
    クレージーゴンの厚い装甲を貫通して大破させた。
    内山まもるが手がけた漫画作品では派生技が次々に登場している。「戦え!ウルトラ兄弟」ではセブンがミクロ化したハンターナイトツルギを打ち出す戦法を、「出撃!宇宙けいび隊」ではゾフィーM87光線で打ち出された70親子が敵に突撃するバージョンを披露した。

    スライスハンド
    手刀で相手を切断する技。ジャックに伝授したという設定だが、そのシーンは本放送ではカットされた。

    透視能力
    目をスパークさせ、敵の正体や幻影を暴く。

    スペシウム光線
    設定上は使用可能で、映像作品では『新世紀ウルトラマン伝説』にて初使用した。と言うか光の国の誰もが使える技である。
    なのでセブンの物真似で十字を組んでも一応セーフである。

    ウルトラの星作戦
    ウルトラマンとの共同作戦で、ウルトラマンとセブンが交差するように飛行した際に発生したエネルギーを利用し、磔台からジャックを解放すると同時にエネルギーを供与した。

    昭和シリーズのセブンの客演

    ここではダンの姿で登場した作品には◎、ダンの姿で登場していないが、ダン役の森次氏がセブンの声を当てた作品は●を付記する。

    帰ってきたウルトラマン

    Ultraman Jack


    第18話「ウルトラセブン参上!」、第38話「ウルトラの星 光る時」(◎)に登場。

    お前にこれを与えよう、ウルトラブレスレットだ。それさえ身に付けておけば、いかなる宇宙怪獣とも互角に戦えるだろう。──さぁ!地球へ戻るのだ、ウルトラマン!

    第18話にて再び登場。ベムスターに大苦戦し、力を求めるあまり危うく太陽の引力圏に囚われたジャックを救出してウルトラブレスレットを与え、後の逆転勝利、引いては更に激化していく怪獣達との戦いに大きく貢献した(ちなみに後に改造ベムスターが登場した際にはZATがウルトラブレスレットを解析したトンデモ兵器を製作するのだが、なぜかこの時のブレスレットを渡すやり取りが全て撮影されていたことが判明した。MATの監視衛星にでも引っかかったのだろうか)。

    t0430


    第38話では、ナックル星人に捕らえられたジャックを助けるべく、ウルトラマンと共に「ウルトラの星作戦」を決行。見事救出に成功した後は、スペシウム光線とエメリウム光線で磔刑台を完全に破壊した。

    ウルトラマン、セブン、ジャックの3人が明確に同じ場面に登場した初めての例であり、BGMも『セブン』と『帰マン』のオープニングがシームレスに繋がる演出、ハヤタとダンがそれぞれ科特隊ウルトラ警備隊の隊員服を着ている細かいファンサービスも相まって、昭和シリーズの客演としては屈指の名エピソードと評判である

    最終回でのバット星人の台詞で、既にウルトラ兄弟入りを果たしていた事が判明しており、後のヒカリなどと同じく、その実力を買われて正式に宇宙警備隊の一員となったようである。

    ウルトラマンA

    エースよ、お前にはウルトラの命があるのだ。エース、立て!
    以下のエピソードにて登場。

    • 第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」
    • 第13話「死刑!ウルトラ5兄弟」
    • 第14話「銀河に散った5つの星」
    • 第26話「全滅!ウルトラ5兄弟」
    • 第27話「奇跡!ウルトラの父」
    • 第31話「セブンからエースの手に」
    • 第39話「セブンの命!エースの命!」
    • 第44話「節分怪談!光る豆」

    第13話では、ゴルゴダ星にてヤプールの目論見によって他の兄弟と共に捕まってしまい、エースキラーにエネルギーを奪われてしまうが、駆けつけたエースに残り少ないエネルギーを預けてスペースQ発動に一役買った。

    第26話では、ヒッポリト星人によって兄弟が次々と捕まっていく中で最後まで奮戦するも、力及ばず敗れ、ブロンズ像にされてしまう。程なく地球に到着したウルトラの父とエースの尽力により復活し、力尽きた父を兄弟達と共に光の国へ運んだ。

    第31話では、バクタリに向けてメタリウム光線を放とうとしたエースに待ったをかけ、宇宙空間にてエメリウム還元光線を使い、元のバクの姿に戻した。
    第39話でもファイヤーモンスに敗北したエースに上記の台詞を投げ掛けて激励を送り、再起を促した。第44話にも再び登場し、オニデビルの赤い豆によって弱体化したエースにウルトラカプセル光線を照射して赤い豆を取り除き、無事に復活させた。

    ちなみに『帰マン』『A』の頃は『セブン』本編の声ではなくウルトラマンやジャック、エースの声が流用されていることが多い。一部の動画サイトにおいては、『セブン』本編の森次氏の声に差し替えた物が公開されたこともある。

    ウルトラマンタロウ

    以下のエピソードにて登場。

    • 第1話「ウルトラの母は太陽のように」
    • 第5話「親星子星一番星」
    • 第25話「燃えろ!ウルトラ6兄弟」
    • 第33話「ウルトラの国 大爆発5秒前!」(◎)
    • 第34話「ウルトラ6兄弟最後の日」
    • 第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」

    第5話でタロウのウルトラサインに応えて登場し、トータス親子を運び出すのを手伝った。
    第25話のムルロア事件では、兄弟達と共にウルトラベルを運び出し、第33、34話でもテンペラー星人と対決した。ウルトラ6兄弟が映像作品で集結したのはこれが初である。

    第40話では土星でタイラントに一騎討ちの勝負を挑む。ベムスターの腹を持つタイラントには光線技は不利と見たのか、格闘戦で怯まず攻撃を続けたが、よりにもよって苦手な冷気攻撃をモロに食らってしまい、惜しくも破れ去る。タイラントが飛び去った所で地球に迫り来る脅威を伝えようと光太郎にウルトラサインを送ったものの、この時光太郎は諸事情で周りを殆ど見ていなかったためにウルトラサインを見逃してしまう

    ここでタイラントの脅威を察知していれば、木星と火星をパトロールしていたジャック、エースともう少し連携を取れたのではないかとも言われているが、この時期の無音で現れる上に一定時間通知を見逃すと消滅してしまうというウルトラサインの仕様も大概ひどいものである。

    この時期のセブンは(というより6兄弟全体だが)基本的に無言で戦闘を行っており、飛び立つ際の声もタロウのものが流用されている。
    第40話と後述の『レオ』第1話に使われたセブンのスーツは当時のアトラクション用スーツを流用したもので、耳に当たるパーツがない事から、ファンから「耳なしセブン」などと呼ばれている(より正確に言えば、耳だけでなく顔の後ろ半分の造形が全く無い。ホントにそんなんでよかったんだろうか)。

    ちなみにこの時のスーツは、よくタロウのアトラクション用スーツの角を削ぎ落とすなどして改造した物と言われるが、これはほぼ間違い無くデマ。比較してみると分かるが、タロウとセブンの造形は似てはいるものの全くの別物であり、そもそもそんな事をしなくても別にアトラクション用があると思われるので、それを流用したと見るのが妥当だろう(この時期のアトラクション用スーツはかなりいい加減な作りである事が多く、耳や後頭部の造形がないのはその為である)。

    ウルトラマンレオ

    沈む夕日と明日の朝日



    その顔はなんだ、その目はなんだ、その涙はなんだ!!

    お前の涙で、が倒せるか?この地球が救えるか…?みんな必死に生きているのに、くじける自分を恥ずかしいと思わんか!?

    レギュラー出演。過去作の主人公がレギュラーとして登場する初めての事例である。後に息子も似たような立場に就く事になる。

    タロウがバッジを返上して任務から降りた為、代わりに地球防衛の任務に就く。MACのモロボシ・ダン隊長とウルトラセブンの二つの顔を使い分けながら平和を守っていたが、ある時マグマ星人率いるギラス兄弟が来襲。3対1という不利な状況でも怯む事無く奮戦するが、力及ばず敗北し、片足を圧し折られた上に再変身できなくなるまで痛めつけられる。万事休すと思われたその時、獅子座L77星の王子ウルトラマンレオが助太刀に現れる。
    マグマ星人を退けた後、彼の戦士としての才覚を見出だし、以降は自分に代わって地球を守れるように、レオ=おゝとりゲンを厳しく指導する事となった。

    お前はレオだ!不滅の命を持った、ウルトラマンレオだ!お前の命は、お前一人の物でない事を忘れるな!行けえええっ!!

    幾度の敗北を乗り越えて特訓を繰り返し、レオがウルトラ兄弟として認められたのも束の間、シルバーブルーメの強襲によってMACステーションが壊滅。ダンはゲンを逃がし、MACの最期を見届ける。
    その後は長らく生死不明だったが、『メビウス』にて、ウルトラの母に助けられて光の国に帰還していた事が判明する(設定では唯一残っていた心臓から復活させたとか、もしくはダンのまま宇宙を漂っていた所を助けられたとか諸説ある)。

    内山まもるの漫画版では、巨大なミサイルを抱えてシルバーブルーメに特攻し爆死するが、ジャッカル大魔王編にてウルトラマンキングにより蘇生された。

    ウルトラマン80

    妄想ウルトラセブン


    本人は未登場だが、第44話「激ファイト!!80VSウルトラセブン」にて、サッカークラブのエース・田島直人少年の生霊がセブンのソフビ人形に乗り移って誕生した妄想ウルトラセブンが登場し、80と激闘を繰り広げることになる。一応ユリアンに「あのセブンはウルトラ星人じゃない」と言及されているので、間接的にはこの時点で本人の生存が把握されていた可能性がある。
    声はレオのものの流用であり、ピッチを下げたものが使われている。

    現在は、光の国において生ける伝説集団ウルトラ6兄弟の三男として敬われており、宇宙警備と後輩の指導に努めている。観測員の仕事を続けているかは不明。

    平成シリーズでの客演

    メビウス&ウルトラ兄弟』 ◎


    大切なのは、最後まで諦めず、立ち向かうことだ!

    復帰後は変身能力も復活し、1986年近くまではレオを鍛え上げた指導能力を評価されて宇宙警備隊の教官を勤めていたが、地球でヤプールの復活が観測されたため、ウルトラマン、ジャック、エースと共に再び地球圏を訪れ、月面から地球表面へと戦場を移しながらUキラーザウルスと死闘を繰り広げる。

    最後は合体絶技ファイナルクロスシールドにてUキラーザウルスをヤプールの怨念ごと神戸港の湾底に封印したが、そのせいでエネルギーを大きく消耗し、再び変身能力を封じられてしまう。
    変身能力を失っている間は、なんと農場で牛馬の世話をしながら生活していた

    メビウスナックル星人ガッツ星人らの策略で捕まった際には、メビウスをいち早く助けようと逸る北斗=エースハヤタ=ウルトラマンと共に諫めていたが、=ジャックの進言もあり、命の危険を承知の上で20年ぶりに変身して宇宙人連合と対決する。

    自らも連合の罠で捕まってしまうが、メビウスにより救出され、遅れて到着したゾフィー、タロウと共にUキラーザウルス・ネオとの決戦に挑む。そして、クライマックスにおいては他の兄弟達と共にメビウスと融合し、彼の新たな姿と力を覚醒させた。

    ウルトラマンメビウス


    ウルトラマンも人間も、仲間がいる限り、どんな強敵にも打ち勝つことができる

    第46話「不死身のグローザム」(◎)、第50話「心からの言葉」(●)に登場。
    第46話で、グローザムに敗北し氷漬けにされたメビウスを助けるべく、ダンの姿で馬に跨って颯爽と駆けつけるコノミ隊員と共に焚き火を囲みながら、かつてのガッツ星人との戦いを踏まえた助言を贈った。

    そしてメビウス救出作戦「プライドオブガールズ(PRIDE OF GIRLS)」を阻止しようとするグローザムの注意を逸らすべく、自らも変身して時間稼ぎを行い、メビウス復活後は彼と協力してグローザムを迎え撃つ。アイスラッガーや合体技エメリウムメビュームシュート等でグローザム撃破に貢献した。

    最終回の第50話でも、コノミにテレパシーで激励のメッセージを届け、太陽を覆ったエンペラ星人の闇を、兄弟達と共にワイドショットで撃ち払った。

    ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

    第2シリーズ『NEO』の第9話「暗黒の鎧」、第13話(最終回)「惑星崩壊」に登場。
    この話のキーとなるアーケード版『大怪獣バトルNEO』の出来事についても記述する。

    『メビウス』から数百年後、惑星ハマーにてM78スペースに迷い込んだアサマ・アイ(アーケード版NEOの主人公)と協力し、エンペラ星人の残した暗黒の鎧と激戦を繰り広げた。やがてアーマードダークネスを羽交い締めにし、溶岩の中へと消えたが(ここまでがアーケード版の出来事)、鎧がセブンを取り込んだので生還、同時に力の大部分を封じていたが、その代償で身動きが取れなくなっていた。残されたアイスラッガーはレイの助けとなった。

    やがて第二覚醒に到達したレイの尽力によって復活し、散華したエレキングの代わりにミクラスを託してハマーを去った。
    そして最終回にてウルトラマンと共に再び登場レイブラッド星人の超巨大な亡霊をスペシウム光線とワイドショットで迎え撃ち、完全に葬り去った。
    最終回のラストで、ミクラスはセブンの手元に返還された。

    大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

    最終回にて、復活しEXゼットンに乗り移ったレイブラッド星人との最後の戦いに駆けつける。
    ゼットンの動きをウルトラ念力で封じて隙を作り、イオゴモラゼロ距離超振動波とアイのレッドキングのヴォルガニックインパクトの同時炸裂に繋げることで、レイブラッド撃破に貢献した。
    その後、アイからアギラを返還された後、アイをカプセルに包んでネオフロンティアスペースの地球へと送り届ける事になる。ワームホールを進む途中でネオフロンティアの地球から迎えに来たティガにアイを預けると、別れの合図を残してM78スペースへと帰還した。

    ウルトラ銀河伝説

    光の系譜と闇



    さすが、俺の子だな

    プラズマスパークに手を出した息子を一時光の国から追放し、心技体を鍛え直させるべく、レオに弟子として預けていた事が判明。

    ベリアルとの戦いでは、ゾフィーとウルトラマンと共に格闘戦を挑んだものの、あえなく敗北する。しかしある程度余力を残していた為か、プラズマスパークの喪失によって光の国を覆った大寒波をバリヤーで凌ぎ、辛くも生き延びる事になる。

    その後はメビウスやレイ、ペンドラゴンクルーと合流し、光の国を救う為、怪獣墓場にて再びベリアルに挑む。その最中、ベリアルによって暴走させられたレイのゴモラ(レイオニックバースト)の超振動波をゼロ距離で食らってダウンしてしまい、それを押してまでクルーをベリアルの雷撃から庇ったため、レオとアストラ、そして息子に危機を伝えるべくアイスラッガーをK76星に投げ飛ばした後、ついに力尽きてしまう。

    しかし死んではおらず、息子達の尽力により光の国が復興した際に復活した姿を見せ、立派に成長した息子を讃えた。

    ベリアル銀河帝国

    センシティブな作品



    忘れるな、私も皆も、いつでもお前のことを想っている…お前は一人じゃない

    突如光の国に襲来したダークロプス部隊に苦戦し、トドメを刺されかけたゼロを間一髪の所で助け、息の合ったコンビネーションによりまとめて撃破した。ダークロプスの破片から元締めを特定すべく、多次元宇宙への遠征を志願したゼロに、かつてのジャックと同じくウルトラゼロブレスレットを授けた。

    3回しか使えないブレスレットを割とポンポン使うゼロを心配していたが、光の国に押し寄せた大量のダークロプス軍団を仲間達と共に撃退し、息子の無事と任務完遂を喜んだ。

    そのわずか一年後の『キラー・ザ・ビートスター』では、ウルトラマン、ゾフィーと共にウルティメイトフォースゼロの危機に颯爽と駆けつけ、惑星ブラムに迫るビートスター天球を食い止めるための時間稼ぎを担った(この時初めてUFZのメンツと対面した)。

    ウルトラマンサーガ

    サーガ



    何も心配はない。我々は必ず勝つ

    DC版にて、怪獣兵器の出現に驚愕するチームUの前に、ダンの姿でハヤタ、郷、北斗、ゲンと共に現れる。五人同時変身を披露した後、サーガハイパーゼットン戦に注力できるよう怪獣兵器の相手を引き受ける。
    キングパンドンを終始手玉に取り、アイスラッガーでトドメを刺した。

    ニュージェネ以降の客演

    ウルトラマンギンガ

    悪墜ちセブン


    ダークスパークウォーズにて、他の平行宇宙のウルトラ戦士達と共に怪獣や敵性宇宙人と戦っていたが、黒幕にして巨悪の呪いによってスパークドールズに変えられ、更には自意識が無いまま闇落ちさせられるハメになるが、ギンガやタロウ達の尽力で本来の姿を取り戻す。
    ギンガS』では直接の登場こそ無いものの、彼の力を借りたギンガストリウムが、ワイドショットとエメリウム光線を使用している。

    ウルトラマンオーブ

    スラッガーエース



    ガイ切り裂け闇を、光と共に!!

    本人は本編で一切登場していないものの、ゲーム『フュージョンファイト』にて、エースとセブンのカードを組み合わせたオリジナルフュージョンアップスラッガーエースが登場。バーチカルスラッガーと呼ばれる大剣を武器に戦う切断重視の形態である。

    絆の力、おかりします!

    ウルトラセブン



    お困りのようだね?

    誰でもない。ただの風来坊さ

    終盤にて、ガピヤ星人サデスデアボリックの連携攻撃でピンチに陥ったオーブを助けるべく、ダンの姿(以前より風来坊感マシマシ)で登場し、変身して戦いに参加する。

    デアボリックキャノンをアイスラッガーの一撃で真っ向から切り裂いて相殺しつつサデスの両腕を根元から正確に切断して初手から格の違いを見せつける。
    これには然しものサデスもたじろぎ、「 さっすが生涯現役! 」とまで言わしめ、格闘戦に持ち込まれてからも終始圧倒し続けた(ちなみに恐ろしい事に、今回はアイスラッガー以外は特に光線技などの特殊能力を全く使っておらず、ほぼ格闘戦のみでサデスとデアボリックを追い詰めていた)。

    風来坊設定が久々に活かされた同作だが、割と突然、何の脈絡もなく駆けつけてきた形になるので、まさかのサプライズ飛び入り出演に敵どころか味方までも仰天していた(普通に考えれば、大方ゼロあたりにウルトラサインか何かでオーブのいる地球の危機を知らされてやってきたのだろうが)。

    オーブあ、貴方は…!

    ドッペルセブン!?

    エックスセブン?

    ギンガセブン…

    ビクトリーセブン…!

    ムルナウセブン!セブン!セブンッ!!忌々しいぃ!こうなったらあいつもやっておしまいッ!

    言うまでもなくこのシーンは『ウルトラセブンの歌』のパロディだが、地味にかつて同族が敗北した相手であるドッペルが一番最初にセブンに気付いた素振りを見せている他、実は今作まで明確にセブンと出会ったことすらないエックス、スパークドールズやストリウムブレスの縁で一応顔は知っているギンガ&ビクトリー、前述のドッペルで微妙に反応が違ったりするので、気になった方は是非視聴して頂きたい。

    ウルトラファイトオーブ

    センシティブな作品



    後は我々に任せるんだ。──たまには息子にいい所を見せんとな!

    惑星ヨミに調査に向かったゼロからの連絡が無い事や、レイブラッド星人のものに酷似した波長のエネルギーが観測された事を受けて、ゾフィー、ジャックと共にヨミに急行し、ゼロを追い詰めていた再生怪獣達と激戦を繰り広げる。

    今回はあのキングジョーと再戦し、かつてとは逆にパワーで捩じ伏せて馬乗りで追撃を加えた上にアイスラッガーだけで関節を的確に破壊して数十秒で撃破するという圧倒的すぎる力量を見せつけた。原典と比べても無駄に光線技を使う事なく効率の良い攻略法が確立された為、今度は自力で完全撃破しており、見事当時のリベンジを果たしたと言える(厳密に言えば別世界では既にキングジョーⅡと対決し、スラッガーの連続投擲で突破口を拓いているのだが、あくまでM78スペースの彼とは別人なのでここではカウントしない)。

    その後、レイバトス事件において先にゼロと会っていたオーブと合流し、自分もレイバトスとの戦いに参加すると意気込むオーブにゼロも含めて10年間に渡る修行を付けた

    ウルトラマンオーブEmerium Slugger


    修行が完了した後は、オーブに自らのフュージョンカードを授け、新フュージョンアップ形態のエメリウムスラッガーを覚醒させた。
    3人揃ってタイラントと対峙し、息の合ったコンビネーションで追い詰め、最後はワイドショットの一斉射で勝利した。何気に珍しくセブンが技名を叫ぶのも今作の特徴である。

    ウルトラマンジード


    行くな!この宇宙は…もう保たない…!

    第1話「秘密基地へようこそ!」の冒頭で、ベリアルが新たに結成した大軍団「テラー・ザ・ベリアル」と宇宙警備隊の全面戦争であるオメガ・アーマゲドンに、ゼロや他の戦士たちと共に参戦していた事が明かされ、クライシス・インパクトの際、爆発する寸前の地球に向かおうとするゼロを制していた。

    燃やすぜ、勇気!!

    ソリッドバーニング


    その後、セブンの力が込められたウルトラカプセルジードが入手し、レオのカプセルと組み合わせてフュージョンライズした格闘形態ソリッドバーニングを発現させた他、最終回ではレオと共に少しだけ顔を見せている。

    ウルトラマンR/B

    本人は登場しないものの、第4話「光のウイニングボール」にて、カツミ熊城監督から譲り受けたルーブクリスタルの一枚としてセブンクリスタルが登場。
    ルーブスラッガーに装填することで、アイスラッガー状の斬光波を放てるワイドショットスラッガーを発動できる。元ネタの意匠があまり反映されないクリスタル関連の必殺技としては割と真っ当にオマージュ要素が強い。

    ウルトラマンZ


    宇宙拳法、秘伝の神業!!

    ウルトラマンZ



    今作ではゼロ、セブン、レオのウルトラメダルがゼロ本人から託される形でゼットが入手し、ウルトラゼットライザーと組み合わせることで宇宙拳法を自在に使いこなす格闘形態アルファエッジへとウルトラフュージョンできる。

    ただし、アルファエッジはハルキの空手とゼロやレオの宇宙拳法を織り混ぜたファイトスタイルなのでセブン要素はゼスティウムメーザーやスラッガーといった技方面に特化している。

    グランセイバードゼロ


    また、『フュージョンファイト』においてはウルトラマン、セブン、エースのメダルを使用したゼロの新形態としてグランセイバードゼロが登場している。見た目からはあまりフュージョン元の要素は見られないものの、斬撃攻撃を重点的に強化した形態となっている。
    ボイスドラマではゼットに「セブン大大師匠」と呼ばれているほか、通信でゼロと度々連絡を取っている等、父として常に一人息子の身を案じている(しかし当のゼロは子供扱いされる事に些か不満を感じている様子)。

    ゼットも自称とはいえゼロの弟子を名乗っているので一応セブン一門の末弟という立場になるのだが、本人が軽々しくそれを語った際にはゼロに「親父の直系を名乗るなんざ二万年早い」と厳しく諌められているので、ゼロにとっても父の名は相当に重い物のようだ。

    大いなる陰謀

    かつてヤプールやビクトリーキラーと激戦を繰り広げた衛星ゴルゴダにて、ジュダ&モルドのグア兄弟の前に6兄弟総出で立ちはだかり、エース、タロウと連携してジュダを相手取る。

    スラッガーを逆手に持って白兵戦を繰り広げた他、タロウのカッター光線やエースのパンチレーザーと同時にエメリウム光線を使用した。
    相手が相手なだけに、このままでは分が悪いと判断したゾフィーの指示で約30年ぶりに6兄弟合体を披露コスモミラクル光線でグア兄弟をまとめて撃破した。

    その直後、アブソリュートタルタロスの力で時空を越えてやってきたベリアルトレギア並行同位体の強襲を受ける。グア兄弟戦に加え、体に大きな負荷がかかる6人合体で疲弊していた為に、2人を相手に為す術なく追い詰められてしまうが、間一髪でゼロが救援に駆けつけた事で難を逃れた。

    ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突


    他媒体展開

    『ウルトラマンヒットソングヒストリー レジェンドヒーロー編』

    時系列は不明(少なくとも『ウルトラ銀河伝説』より後の話であるのは間違いない)。
    ゼロに過去のウルトラ戦士の戦いを学ばせようと、ウルトラマンと相談した結果、大御所に一芝居打ってもらう事になる。

    エースがなぜ地球人の男女二人に力を託すことを選択したのかというゼロの疑問に対し、「エースが絆を大事にしたかったからだろう。1人ではできないことも、2人で協力する事でできることもある」という見解を述べたり、ゼロの師匠にレオを推薦した理由として、「自分の厳しい特訓を乗り越えたかつての直弟子こそが、ゼロの弛んだ精神を叩き直すのに相応しいと見込んでいた」と語った(未熟なゼロを、地球に来たばかりのレオと重ねていた事も一因なのだろう)。

    ちなみに彼の発言から光の国には、地球人と同じく机に向かって勉強する習慣があるらしいことが窺える。今のところウルトラ族がペンや鉛筆でものを書く場面は確認されていないが、(別の世界の話でこそあるが)光の国のデータライブラリにペンに関する記録があるため、あながち何かの比喩表現とも言い切れない…かもしれない。

    『ウルトラマンライブ プレシャスステージ』

    ガンダーバルタン星人に苦戦するジード&ゼロコンビをエメリウム光線で援護した。
    荒っぽい言葉遣いを指摘するなど、相変わらず息子には手厳しいが、ゼロの良き友であるジードに対しては、己が運命との戦いを経て培ったウルトラマンの素質を誇らしく思っている事を伝えた。
    仕事を優先するあまり誕生日を忘れてしまうなど、息子タツヤを蔑ろにしてしまっていた父親に対し、息子が道を踏み外しかけた過去を重ねたのか、子供から逃げず真正面から向き合い、無償の愛を注ぐことが父親としての責務だと説き、彼と一体化してタツヤを救うべく戦う。

    また、ジードの父であるベリアルに対し、「 子供に何をしてあげられるかではなく、どんな姿を見せてあげられるかが大切だ。今からでも遅くはない。息子が誇れる男になれ! 」という、世の父親に一度は聴かせてやりたい説教をぶちかました(ベリアルにはかなり効いた模様)。

    『ウルトラ銀河伝説』ではベリアル相手に苦戦気味だったが、今回は以前より腕を上げたためか、互角に渡り合っている。

    『ウルトラ6兄弟 THE LIVE ウルトラマン編 in 博品館劇場』

    ウルトラ6兄弟の一人として登場。現生人類が生まれる前という設定の為、恐らくは恒点観測員時代だと思われる。

    『ウルトラヒーローからのメッセージ《SPECIAL LIVE MOVIE》』

    ウルトラマンのソフビ人形を持つ少女を守るべく、昭和一期世代代表としてエレキングと戦った。
    視聴者へのメッセージはポルトガル語で行った(「ウルトラマン公式チャンネル登録者100万人達成記念『ありがとう』スペシャルメッセージ動画」ではスペイン語担当だった)。

    平成ウルトラセブン

    「ウルトラマンシリーズ」50年記念 VOL.31 セブン



    私は知らない間に地球を……いや、地球人を愛してしまったのかもしれないな

    平成シリーズではウルトラ兄弟が登場しない為、相変わらず恒星観測員のままであるが、地球を去った後、休む間もないほどに宇宙中を飛び回り、数えきれない傷を負いながらも宇宙の平和を取り戻す為に戦い続けていた。

    ピット星人と宇宙空間で交戦し負傷、墜落という形で26年ぶりに地球に現れて以降、再び地球の守りに就くが、この時は既にダンの姿では行動しにくくなっていた為、新生ウルトラ警備隊員のカザモリ・マサキの姿を借りる事が多くなった(一応ダンの姿になった事もある)。

    やがて人類が、侵略者の存在が疑われる惑星を先制攻撃するフレンドシップ計画を推し進め、さらにノンマルト事件において、太古の時代に大罪を犯していた事を知っても、愛する地球人類を信じて戦い抜き、M78星雲の同胞に断罪され、馬の首暗黒星雲の闇の中に幽閉される身となってしまった。
    その後再び地球が危機に見舞われようとしていたのに際し、ミュー粒子を地球に送ったり、テレパシーでカザモリの夢の中に現れたりし、最後はカザモリと再び一体化する事で地球への帰還を果たし、再び侵略者との戦いに挑む。

    絵本

    宮西達也の絵本『おとうさんはウルトラマン』シリーズの一つ『パパはウルトラセブン』にも主人公として登場。続編の絵本によるとママもウルトラセブンらしい…わけがわからないよ(セブン上司みたいに容姿が似てるだけなのかもしれないが)。
    この世界では娘がおり、本編よろしく厳しい面も見られるのだが、娘に甘く親バカの気があったり、争いを続けるメトロン星人に停戦を申し出る等々、本編では見られない描写は小さなお友達も大きなお友達も必見である。

    ゼロが銀幕に躍り出る前の作品である為、ゼロは息子にいないのだが、妻が弟を妊娠中との事。偶然とはいえ、公式作品で息子が登場しようとは作者も思わなかった事だろう(続編で誕生した事が明らかになったが、その姿はやっぱりゼロではなかった。もし続編が作られてゼロが生まれたなら、彼は三人目の子供という扱いになるのだろうか)。
    さらに、『ギンガ』での変身者は娘が存在していた為、ある意味二つ予言をしていた事になる(ちなみに『ジード』では息子のゼロが妻子持ちのサラリーマンに一体化した事で、「パパはウルトラマンゼロ」が実現してしまった)。

    なお、家族構成は作品によって異なり、『ウルトラマングラフィティ』の設定によれば、妻にウルトラセリア、息子にウルトラブーン、娘にウルトラセラがいるとされ、『ウルトラ忍法帖』ではジョーニアスの妹であるアミアが妻で息子がウルトラセブン21となっている(本来の設定なら21が年上なのだが、ギャグ作品なのでそういうデタラメがまかり通るのも致し方あるまい)。

    パロディなど

    • ドラえもんテレビとりもちの回にウルトラセブンイレブンという戦士が登場している。こいつも通称「セブン」である。
    • ドキドキ学園シリーズの妖怪軍団にウルトラデブンというパロディキャラクターが存在する。
    • 平成初期のバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば』では、セブンのパロディ&コメディドラマ『ウチムラセブン』が放送。セブン=ダン役の森次氏がまさかの隊長役で出演している(それもホモ設定。いいのかそれで)。ちなみに後に『仮面ライダーディケイド』で仮面ライダーアビスとして登場する入江雅人氏も隊員として登場している。
    • ウスラセブン』(永井豪の漫画)
    • 1982年~1985年、全日本プロレスに『ウルトラセブン』という覆面レスラーが現れた。正体は元国際プロレス高杉正彦。全日本プロレス退団後もウルトラセブンのリングネームを使っているが、経緯などについては当時の関係者は既に亡くなっている為不明。無論円谷プロ公認ではない。


    TVCMでは

    盟友同様、彼もまた仕事を選ばない御仁である。

    • 住宅情報誌「APAMAN」のCMでは巨大化した姿で人間の住宅に住んでいたが、あまりに窮屈さに恋人に愛想を尽かされた所、悲しみの余り、家を亀の甲羅のように背負った状態のまま飛行するという奇怪な姿をお茶の間に届けた。
    • コロナファンヒーターのCMではウルトラマンと同居しており、光線技のポーズを取りながらじゃんけんをしていた。
    • 2007年に放送された缶コーヒー「GEORGIA」のCMでは萩本欽一舘ひろしと言った豪華キャストと共に麻雀をやっていた。最初はいつもの声しか発していなかったが、最後に急に人語を話した為に周囲に驚かれた。「あ、舘さんそれロンです!」「お前喋れんの!?
    • 翌年のGEORGIAのCMでは、麒麟・田村と富士山に登り、頂上でコーヒーを飲もうとするも口にぶつけて飲めず、そのまま飛び去ってしまった。「…って、どこ行くねーん!!」
    • ヨコハマタイヤ アイスガード7」のCMでは深田恭子と共演した。

    バトルスピリッツでは

    ウルトラシリーズとのコラボブースター第2弾「ウルトラヒーロー大集結」に息子共々参戦。
    召喚時には相手の最もコストの低いスピリットを破壊し、破壊した対象のコスト以下のマジックカードを使用不能にする効果を発揮し、レベル2以降のアタック時効果ではトラッシュにあるネクサスをコストを支払わずに配置できるという優秀なスピリット。相性の良いネクサスはスピリットのアタックを足止めする「オリンスピア競技場」やウルトラマンをサポートできる「光の国」。
    カードイラストは改造パンドン戦でのスラッガー返しが元ネタ。

    地球人への愛

    怪獣を追って辿り着いた惑星がたまたま地球だったウルトラマンに比べ、セブンは初めて明確な目的を持って地球に来たウルトラ戦士である。しかしながら、やはりウルトラマン同様地球防衛の任を帯びて地球に来たわけでは無く、彼と同じく独断と完全な善意で地球防衛を行なっている。

    この経緯からもわかる通り、M78星雲のウルトラ戦士の中でも地球を訪れた回数が非常に多く、セブンが単独で地球防衛をし続けた世界線で語られている事からもわかる通り、その根底には地球人類への深い愛があり、地球を第二の故郷としているレオに対して鬼のような厳しい特訓を課す理由への裏付けにもなっている。
    その親愛は、自分の出身世界であるM78スペースの地球のみならず、並行世界への地球へも向けられている辺り、並々ならぬ愛着がある事が窺える。

    余談

    ニュージェネレーション以降のウルトラマン達程ではないが、原作では変身中に喋るシーンがかなり多い。
    敵対宇宙人への問答、説得、啖呵をしたり(しかも戦闘中にする事も)、第4話「マックス号応答せよ」では、アンヌに対して、傍にいるモロボシ・ダンは偽物だと告げたりしている。
    以降のシリーズの客演も多いため、やはり喋るシーンは多い。息子が口達者なのも納得である。

    担当声優

    森次晃嗣(TV版、平成セブン、メビウスほか)
    山﨑勝之(EVOLUTION5部作)
    与座重理久(『セブンX』)

    村越伊知郎(『帰マン』)
    中曽根雅夫(『帰マン』『A』掛け声のみ)
    納谷悟朗(『A』掛け声のみ)
    池水通洋(『A』)
    阪脩(『A』第31話)
    篠田三郎(『タロウ』声のみ)
    真夏竜(『レオ』第1話 レオのピッチを下げたものを流用で掛け声のみ)
    中川謙二(『レオ』最終話)
    小滝進(ZOFFY)
    松田重治(物語)
    野村宏伸(『ギンガ』)
    梅津秀行(グラフティ)
    島田敏(スーパーファイト)
    菅谷政子(キッズ)
    関俊彦(超闘士激伝)
    三浦祥朗(うるコロ)

    主な担当スーツアクター

    上西弘次(TV版)
    きくち英一(TV版14話、15話)
    二家本辰己(レオ1話前半)
    岡野弘之(平成セブン)

    関連イラスト

    ウルトラセブン 【ニコニコ動画用イラスト】


    「ウルトラマンシリーズ」50年記念 VOL.5 セブン



    関連タグ

    ウルトラシリーズ ウルトラセブン
    モロボシ・ダン
    ウルトラ兄弟 ウルトラ戦士
    ウルトラマンレオ:弟子
    ウルトラマンゼロ:息子
    ウルトラマンタロウ:従弟

    曖昧さ回避

    関連記事

    親記事

    ウルトラセブン うるとらせぶん

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルトラセブン(キャラクター)」のイラストを見る

    pixivに投稿された小説 pixivで「ウルトラセブン(キャラクター)」の小説を見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56848

    コメント