ピクシブ百科事典

ペガ星人

ぺがせいじん

ペガ星人とは、『ウルトラセブン』に登場するとてつもなく体が弱い宇宙人である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:1.6m
  • 体重:56kg
  • 別名:催眠宇宙人
  • 出身地:アルファケンタウリ第13惑星・ペガ星
  • CV:辻村真人

概要

『誇り』か『地球』か…?


第36話「必殺の0.1秒」に登場。
太陽系の征服を企む宇宙人で、自分たちの円盤の進路の邪魔となる人工太陽計画を妨害するために、最高責任者であるリヒター博士の暗殺を企んだ。

出身地であるペガ星は気圧が非常に薄く、酸素がうっすらと漂っているだけで、ペガ星人は地球の気圧に耐えきれないほど虚弱体質である。そのため円盤の外には出ずに、円盤の中から催眠術によって操った地球人たちを利用して計画を進めていた。

責任者の一人であるゼムラー教授の暗殺には成功し、ウルトラ警備隊のソガ隊員の友人であるヒロタを射撃大会の優勝と引き換えに催眠術で操り、ソガを円盤内に監禁。催眠装置で操った。

優れた科学力を持った宇宙人だが、それ以外に戦闘力は無く攻撃も円盤に頼りきりだった。
最終的に作戦は失敗し、ウルトラセブンの説得にも耳を貸さずに戦闘に突入。エメリウム光線を直撃して円盤の外に放り出され、苦手な地球の気圧の中で体を風船のようにふくらませ破裂してしまった。

余談

着ぐるみの制作は、円谷プロの造形スタッフが担当した。

ウルトラファイト』では、その死後に死体が巨大化しようとしているとされていた。

ウルトラ銀河伝説』では、ベリュドラの左腕を構成する怪獣の一体として登場した。

後年の作品『ザ☆ウルトラマン』には、同じアルファケンタウリの第1第5惑星人が登場するが、関連性は不明。

関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ怪獣 虚弱

関連記事

親記事

ウルトラセブン うるとらせぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ペガ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5715

コメント