ピクシブ百科事典

ペガッサ星人ペガ

ぺがっさせいじんぺが

『ウルトラマンジード』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

CV:潘めぐみ
スーツアクター:丸田聡美

概要

ウルトラマンジード』に登場する子供のペガッサ星人
地球人年齢に換算すると10代後半くらいらしく、リクとはほぼ同年代のようだ。

ウルトラセブン』に登場したペガッサシティとの関わりは現時点では不明(彼自身はウルトラマンの存在を「都市伝説」だと思っていたらしく、少なくともどういった存在なのか詳しいことはよく知らなかったようだ)。第4話での本人の発言によると母親がおり、リクのような天涯孤独の身というわけではないらしい(公式Twitterでは父親ネタも披露している)。

ペガ


これまでのウルトラシリーズに登場したペガッサ星人たちと比べると、目が丸っこく幼い顔立ちになっているのが特徴。また、首周りにある発光体の形状がハート型になっている。
また、ジャージスニーカーを着用している(ちなみに、このジャージは実際に商品化されて発売されている)。

元々は家族と暮らしていたが、親から「宇宙で旅して、大人の男になっていつか戻ってこい」と言われたことがきっかけで旅をするようになり地球に漂着。漂着時にカプセルが壊れてしまい、住まいも無く孤独と空腹で困っていたところを中学生時代の朝倉リクに助けてもらい、それ以来リクと一緒に暮らすようになった。

リクとペガ


その後、同棲していたアパートスカルゴモラによって破壊された後は、リクと共にとある天文台の地下にある秘密基地星雲荘」に身を寄せている。
なお、愛崎モアには存在を隠していたため、第14話で紹介された際は当然ながら驚かれた。

ラブラブかっ!


基本的に内気かつ臆病で、外出する際は(リクに人前に出ないよう言いつけられている事もあって)ダーク・ゾーンを作り出してリクの影の中に隠れている。『平成セブン』や、写真のみで『オーブ』に登場した個体のように、人間の姿に擬態できるかは不明だが、第21話でリクとケンカして家出した際、宇宙人の姿のまま人前に出て騒ぎとなったことから、少なくとも擬態する方法は知らない様子。

うるとら詰め


ウルトラマンジードとなった彼をいつも思いやる心強い相棒であり、ベリアルの息子と知ってもなお「君はベリアルの子供。でも君は君だ」と信じる気持ちを伝え、彼の迷いを解くきっかけを与えている。また、ペガが影の中にいるようになってから、リクは孤独をあまり感じなくなり、他人行儀に接していたモアの一家とも打ち解けていったらしい。一方リク曰く「都合が悪くなると直ぐに影に隠れてしまう」らしい。

なおかつてペガの声(おそらくテレパシー的なもの)を聞けた地球人はリクしかいないらしく(モアなどの他の地球人とは当初会話が噛み合っていなかった様子からも聞こえていない事がうかがえる)、その身体能力の高さもあり、かねてからリクが地球人ではないと思っていたようだ。

手先が器用で、機械いじりが得意と自称している(第21話の描写を見る限り、壊れた時計の修理くらいなら難なくできる模様他、造花づくりの内職をしている(これは、『セブン』に登場したペガッサ星人が造花に興味を抱いていたことへのオマージュだと思われる)。また、第6話でリクが伊賀栗レイトと入れ替わってサラリーマンとなった際にはスペイン語などの外国語メール文を翻訳するというハイスペックぶりを見せている。さらに第7話を見る限りでは、触れた相手の才能を手に入れる力も持っているようだ。

関連動画

本作のマスコット的存在として、各種紹介動画やCMにも登場している。
『ジード』の放送中に放映される、他のウルトラシリーズのDVD及びBlu-rayのCMのナレーションも担当している。

すべての動画はこちらから視聴できる。

ペガの『ジーッとしないで、◯◯しようぜ!』

ペガが過去の映像作品を解説・宣伝していく短編映像。
第二回目ではついにあのジャグラー系のあの人の物真似を……?


ペガの『ウルトラマンジード アクションファイル』



ウルトラ怪獣擬人化計画

ULTRAMAN × 擬人化計画その9
ペガッサ星人ペガ


『ウルトラマンジード』BDBOX販促のための特別漫画にゲスト出演し、通常のペガッサ星人をベースになぜか巨乳な姿(ここをペガッサ星人固有の発光体に見立てている)に擬人化女体化された。
デザインは通常のペガッサ同様、爆天童氏が手掛けている(ちなみに、爆天童氏は、以前にもペガの擬人化イラストを描いたことがあるが、この時は通常のペガッサ星人とほとんど変わらない姿で描かれていた)。

以前からペガを既存のデザインに落とし込んで擬人化させたイラストは存在したが、まさかの公式公認での擬人化、しかも女体化ということもあって、多くのファンを騒然とさせたのは言うまでもない。
可愛いという意見があった一方で、「ペガ君は女体化しなくても十分可愛い」「性別を変える必要性を感じない」という否定的な意見も目立ち、賛否両論であった。擬人化される以前から既にペガが多方面で人気を博していたこと、元より性転換というジャンル自体がかなり人を選ぶものであったことなども原因であろう(ただし、ブラック指令や漫画『feat.POPComiccode』のメフィラス星人ジャミラ等、これまで擬人化計画において性転換したキャラクターがまったく存在していなかったわけではない)。

なお、ペガの臆病で恥ずかしがり屋な性格や、ダークゾーンに隠れたがるという設定は、同企画の漫画版『ウルトラ怪獣擬人化計画ギャラクシー☆デイズ』に登場するペガッサ星人と共通する(さらに、あちらも周囲からは「ペガちゃん」という渾名で呼ばれていたりする)。
これらのことから、一部では「ペガの性格は『ギャラクシー☆デイズ』に登場したペガッサ星人の設定を逆輸入したものなのではないか」という憶測もあるが、果たして…?

ちなみに、ペガの声を担当している潘めぐみは、アニメ版『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』にも出演しており、こちらではエレキングを演じている。
なお、劇場版ではペガッサ星人も登場しているが、演じたのは潘めぐみではない

余談

名前の由来はペガサス星座から(一人だけSF作家やSF作品と関係ないのだが)。

ペガッサ星人の映像作品への登場は、『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』以来15年ぶり。テレビシリーズのみに限定すると、初登場した『ウルトラセブン』第6話以来、実に50年振りとなる。(※1)

声を担当する潘めぐみは、過去にモーションコミック版『ULTRAMAN』で北斗星司/南夕子役を演じた(※2)ほか、『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』でもエレキングを演じているなど、ウルトラシリーズとは関わりが深い。また、潘自身もウルトラシリーズの根っからの大ファンであり、キャスティングが決まった際には「夢が叶った」と述べるなどとても喜んでいた


※1 ただし、『ULTRASEVEN X』のとあるエピソードの回想シーンで、体の一部のみ映り込んでいるシーンがある。また、『ウルトラマンオーブ』でも写真のみ登場している
※2 幼少期の早田進次郎役も担当している。

声を担当した潘とスーツアクターの丸田は、ともに当初はペガの年齢を高めに想定して演じていたが、その後、互いの演技を見て幼いキャラクターへと改められた。また、両者は撮影開始時点で面識はなかったが、第21話撮影時に潘がスタジオを見学に訪れた際に初めて対面し、その時に双方同じ考えで演じていたことを知ったという。

関連タグ

ウルトラマンジード ペガッサ星人
十六夜九衛門 - 特撮&中の人繋がり。上記のジャグラーのモノマネの際には声色が彼そっくりになっており、特撮ファンの間ではちょっとした話題になった。

リクペガ

pixivに投稿された作品 pixivで「ペガッサ星人ペガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225394

コメント