ピクシブ百科事典

ソラ(ウルトラウーマン)

そら

「ウルトラマンフェスティバル2018」のウルトラライブステージ第一部に登場したオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

「私に足りなかったのは、戦う力じゃない……戦う勇気だったのよ!」
CV:潘めぐみ

概要

ウルトラマンフェスティバル2018ウルトラライブステージ第一部「Brother~勇者たちの絆~」に登場した、光の国の女性科学者。
プラスの感情を力に変換して光る「ウルトラフラッシュ」の開発者であり、「よく褒められる」と自負する美しい歌声を持つ。
その反面戦う力には乏しく、そのことにコンプレックスを覚えている。

活躍

光の国を訪れたジードとMCのお姉さん、そして観客たちを出迎え、案内役を務める。
ウルトラフラッシュの実験として皆で「ウルトラマンの歌」を歌うなど楽しい時間を過ごすが、直後にエンペラ星人が襲来。
宇宙警備隊の一般隊員たちが嬲り殺されるさまを目の当たりにしたうえ、ジード(ロイヤルメガマスター)をも一蹴したエンペラ星人に「貴様は殺す価値もない虫ケラだ」と蔑まれ、立ち向かう意志を失ってしまう。
しかし諦めずにウルトラ戦士を応援するお姉さんと観客に心動かされ、白い鎧を纏って戦場に立ち、熱唱しながら舞い踊る。
その歌声は故障したウルトラフラッシュを復活させるのみならず、ロッソブルを戦場に導き、ウルトラ戦士たちの勝利に大いに貢献した。
戦いの後は「人にはそれぞれ役割があり、一人一人がそれぞれにできることをするのが大切である」と悟り、光の国へと帰っていった。

容姿

ウルトラ銀河伝説ウルトラベビーを抱いていたブルー族の女性や、すかがわ親善大使のピアニーにそっくりだが、白いブーツを履いている点が異なる。
戦場に立つ際には、前面に虹色の宝石が埋め込まれた白い胸鎧を纏う。右肩からは薄緑色のヴェールが垂れており、彼女が歌い踊るたびに華麗に翻る。

余談

  • 彼女が着用した白い鎧は、1997年ウルフェスにて「光の妖精ファーラ」という役どころの女性が着用していたものの流用である。実に21年越しの再利用となった。
  • ステージ終盤で彼女が歌う楽曲『ヒカリニナレ』は、2016年からウルフェスに楽曲提供をしている真鍋ひでたかにより作詞・作曲された本ステージ用のオリジナル曲である。エンペラ星人が歌い上げた『暗黒の宴』ともども音源化を望む声が早くも散見されるが、残念ながら現段階でCD発売や楽曲配信のアナウンスはない。


関連タグ

ウルトラマンフェスティバル
ウルフェス
ウルトラウーマン

超時空要塞マクロス 戦姫絶唱シンフォギア:彼女の歌が戦いを左右する展開に、これらの作品を想起した観客もいたトカ、いないトカ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ソラ(ウルトラウーマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159

コメント