ピクシブ百科事典

戦神(ウルトラマンオーブ)

いくさがみ

戦神とは、『ウルトラマンオーブTHE ORIGIN SAGA』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「大いなる樹木の聖霊よ。神秘なる命の源よ。今こそ目覚め、我が肉を食らい、我が血を飲み干し、我を、同化せしめよ!」

概要

王立惑星カノンの女王に流れる王家の血によって変身する巨人。

かつてアマテ女王の母親が変身し、カノンを襲ったガーゴルゴンと戦い相打ちとなった。
強大な力を持つため王族は有事の際には常に前線に立つ事が宿命づけられており、臣下からも王家の義務という形でそう助言され、カノンの住民すらもそれを望んでいる。
そのためカノンの民は突発的な有事がいざ起きたとしても王族が守りきってくれると信じ込んでおり、完全に依存してしまっている。

命の樹を守る使命を与えられているだけあって、その力はウルトラマンと同等以上であり、腕からはガーゴルゴンの石化光線を押し返すほどの光線、額からは広範囲の敵を消滅させる強力な光線を放つ。また、両腕の手甲部分から刃を出し、それを念力で操ることが出来るほか、命の樹と街を覆うほどの超巨大なバリアを展開することも可能。

アマテも変身することができるが、彼女本人は争い事を好まない為、何が起きても変身しないと公言していた。だがepisode:5にてカノンに襲来したドクター・サイキとクイーンベゼルブを説得するために変身し、ベゼルブやクグツベロクロン、クグツバキシムから命の樹を守りながらクイーンのもとに向かった。
クイーンが一時対話が応じたかのように見えた事で出来た隙を見逃さなかったサイキによってベゼルブからクグツを打ち込まれて洗脳され、オーブ、ダイナ、コスモスの三人と戦う事になってしまったが、ジャグラスジャグラーがオーブに与えた命の樹の種の力によって解放された。

だがミコットが死んだことによって大きく動揺したジャグラーが命の樹を攻撃しようとした際に、命の樹を庇った事でダメージを負い、さらには街へ倒れそうになったこと、サイキの命令で樹の果実を横取りしようとしたベゼルブがいたことで、やむなく斬られた幹も消し飛ばしてしまった。

結果的に戦いは終わったものの、アマテ女王は「カノンの平和を守る」という役目を「騒乱の原因となっていた命の樹を破壊する」ことで達成するという皮肉な結果に終わった。またジャグラーも命の樹を庇った戦神を攻撃したことで、戦いを終わらせたにもかかわらずカノンの民から迫害される事になった。

以降アマテは二度と戦神には変身しないという決意を固めていたが、地球にて和解の意志を見せ始めたクイーンと対話すべく、再び変身を遂げる。しかし、アマテの願いも虚しく、クイーンは隙を見せた戦神に尻尾を突き刺し、クグツを注入してしまう。クイーンの真の目的は戦神の体内でクグツを増幅・破裂させることで全宇宙にクグツを拡散させ、全ての「知恵」を消滅させることにあったのだ。

戦神の破裂による知恵の消滅、サイクイーンによる命の樹の破壊という最悪の事態が発生しかけたものの、翔平が命の樹の果実に光を灯すという奇跡を起こし、収穫された種子をオーブらによって多数与えられた事で戦神は解毒、全宇宙滅亡の危機は免れた。

大いなる陰謀

声 - 真堂圭

第1話に登場。今作ではアマテではなくイザナ女王という人物が変身していた。
惑星カノンにて、光の国から訪れたユリアンソラと会見していた。背景にまだ命の樹が立っている様子が見られることから、少なくとも『THE ORIGIN SAGA』よりも前の出来事であり、イザナはアマテよりも前の代の国王であることが推測できる。

ユリアンの話によると、イザナ女王は後にリブットが参加することになるギャラクシーレスキューフォースにも所属して活動していたようで、戦神への変身を極端に拒んでいたアマテと異なり会見のためだけに戦神に変身していたことも踏まえると、イザナ女王自身は戦神の力には特に抵抗は無かった様子(むしろその積極的な姿勢故に後のアマテが変身しない決意を固めたとも考えられるが…)。

なお、この直後にルーゴサイトが惑星カノンに襲来するが、不測の事態に備えて待機していた80が対処に当たったこともあり、イザナ女王は戦いに加わることはなかった。

余談


関連タグ

THE_ORIGIN_SAGA ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀
宇宙戦神

関連記事

親記事

THE_ORIGIN_SAGA じおりじんさーが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「戦神(ウルトラマンオーブ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14337

コメント