ピクシブ百科事典

闇の仕草

やみのしぐさ

「闇の仕草」とは、闇に魅入られ、その力を手にした者のみが振舞うことを許される仕草のことである。
目次[非表示]

まじめな概要

ウルトラマンオーブ』最終回直前に配信された特番「ウルトラマンオーブ 最終回直前ニコ生特番 怪獣娘の力おかりします!」において、同作に登場する悪役ジャグラスジャグラーの独特の仕草に対して番組スタッフが(勝手に)名付けた愛称。

ジャグラーの元々の人気の高さに加え、「仕草」というネーミングがファンのツボに嵌ったのか、ジャグラーの(主にネタ方面での)代名詞として瞬く間に定着していくこととなった。

その使い勝手の良さ故か、最終回直前の一挙再放送および最終回では、ジャグラーの一挙手一投足に対して闇の○○というコメントが飛び交う事態となった。

闇の仕草教室

特番内では「ジャグラー闇の仕草教室 闇の極意覚えます!」なる企画が行われ、以下の4つのうち、視聴者からの票が最も多かったものを、ジャグラー役の青柳尊哉氏が『怪獣娘』のゲストである飯田里穂遠藤ゆりかに教えることになった。

主な候補

大怪獣倉庫(仮)【221~225】


  1. ポーズ(オープニングラストで蛇心剣を抜いている時のアレ 本人曰く、「これ、闇の仕草じゃないから!!」)
  2. あご乗せ(2話でナオミに対して行ったアレ メイン画像参照 白石「まだ序の口です」)
  3. バーン(23話ラストで一徹に対して行ったジェスチャー
  4. じゃあね(20話ラストでナオミに対して発言した別れの挨拶)
投票の結果、得票率48%で2番のあご乗せが実演されることになったのだが…。


飯田「これ、教えてもらうんですよね?」
白石「これ、やるんですよね?」
青柳「…うん」
白石「これ、誰にやるの? これ………俺にやんの!?
遠藤「ハハハwww(大爆笑)」
飯田「白石さんに!? 本当に?」
青柳「…嘘だろ………?
白石「いやいや…あのね…きっとね、青柳さん、この答えはね、多分(スタッフは)望んでなかったんだと…」
遠藤「いやいや! でも、ここはちょっとウインダムとしては見どころというか…

青柳「でもさ、闇の仕草を学ぼうのコーナーでしょ?」
飯田「そうです、そうです。」
青柳「2人がやればいいんじゃないの?」
白石「いや、でもまず最初にほら、やっぱりお手本が必要ですよ」
飯田「お手本がないとできない…」
青柳「そんなの…動画出せよ! 出せんだろォ、動画!!
飯田「生は本物が良いですよ~」
青柳「いやぁ……はぁ~………(うなだれる)」

飯田「是非お手本を!」
青柳「………やるか!!
白石「やりますか!」
飯田「やった~!」

実演

お手本

台本を壁に見立ててナオミの真似をする白石。
そこへテーマ曲「ジャグラーの闇」をバックに青柳(ジャグラー)がやってくる

青柳「またお会いしましたね……白石さん…」
白石「こんなところで…何をしてるんですか………?」
青柳「…え? ………ニコ生。」

このやり取りが視聴者や他のゲストの腹筋を崩壊させたのは言うまでもない。

遠藤(ジャグラー)、飯田(ナオミ)

青柳と白石から、「ジャグラーが『お久しぶりですね、お嬢さん』、ナオミ役が『こんなところで何を』。で、一言。」と言われ、スタート

遠藤「…こんなところで何をしてるんですか? お嬢さん」
飯田「あ…あの……あなたは…あなたは…誰? 台詞…なんだっけ…
遠藤「……私は…ジャグラー。」
飯田「ジャ…ジャ…ジャグ…ジャグラー?」

白石「終了~!!」

遠藤「って、台詞違うじゃないですか~!!」
飯田「台詞忘れちゃった…」
白石「『またお会いしましたね、お嬢さん。』」
遠藤「『またお会いしましたね』……あ! 私が間違えたのか!!
飯田「…もう一回やった方がいいですか?」
青柳「やったらいいんじゃないの、せっかくだから。晒せる恥はね、晒しておいた方がいいかもしれない…

飯田(ジャグラー)、遠藤(ナオミ)

「これ、見たい人います?」と文句を言いながらも2回目がスタート

飯田「………」(瞬きをしながら笑いをこらえた表情で遠藤に近寄るが、話しかけない)
遠藤「………」
飯田「………」(遠藤を背後から笑いをこらえた表情で見つめているが、やっぱり話しかけない)
遠藤「………」

青柳「おまえら馬鹿にしてんだろ!!
飯田「いや、真剣真剣!! 真剣です!! すごい真剣!!」
遠藤「長い! 長い!!」
白石「まぁまぁジャグラーさん、僕もいつ言うんだろうなとは思っていましたけど…」

まとめ

白石「いかがでしたか?」
青柳「いや、全然ダメでしょ
白石「ねぇ? 我々があんなに一生懸命やったというのに」
飯田「結構あの…色々心臓が切れましたけど……」
青柳「心臓に悪いよね?」
飯田「心臓に悪いですね~これは」

余談

  • 特番では、実際に本編で「闇の仕草」を行っている様子を観るシーンもあったのだが、飯田からは(特にあご乗せに関して)「ジャグジャグじゃなかったら犯罪だよ!」と言われてしまっている。
    • ナオミ「あなた…ここで何してるの!?」青柳「ホントだよwww
    • また、リハーサルでは映像を流さなかったらしく、実演させられるハメになった飯田からは「こんなことやるとは思ってなかった…」遠藤からは「この映像リハで流れなかったもん!!」と言われていた。
  • 2話の台本では「ナオミの肩にを乗せる」といった記述はなく、監督の田口清隆氏や撮影担当の髙橋創氏と相談しながらどういう仕草にするかを決めていったとのこと。「(ナオミを)舐めようか」とも提案したらしいが、「子ども番組だから」という理由で結局却下されたとのこと。
  • とあるインタビューでは、一連の奇怪な行動について、「子どものトラウマになるような演技を心掛けている」と語っている。また、特番では「心のどこかにあるのかもしれませんね。そういう闇の何かが…」とも話している。


関連項目

ウルトラマンオーブ ジャグラスジャグラー
怪獣娘の力おかりします!

フクイデワールド

pixivに投稿された作品 pixivで「闇の仕草」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67445

コメント