ピクシブ百科事典

渋川一徹

しぶかわいってつ

『ウルトラマンオーブ』の登場人物。
目次[非表示]

演:柳沢慎吾

概要

ビートル隊に所属する隊員で夢野ナオミ叔父既婚者である。夢野家は代々女性しか生まれないため、ナオミの母・圭子の妹の夫、もしくは圭子の夫の弟(いずれにせよナオミの義理の叔父)と考えられる。
テツコ(自称:キャサリン)という中学生の一人娘がいる。娘との関係はややぎくしゃくしたものになっていたが、第18話におけるある事件がきっかけで徐々にではあるが良好な方向へと向かっているようである。

組織内での地位については不明だが、現場検証の際には指揮を執っていると思われる描写があることや、第24話では長官の菅沼と共に司令室にいたことなどから、それなりの要職に就いていると考えられていた。その後、最終話にて情報特務隊隊長であることが明かされ、ジェッタから「渋川さんって偉い人だったの?」と驚かれていた。

責任感の強い性格で、義理堅く頼りになる存在。
怪奇現象を追いかける危なっかしい姪っ子のナオミを心配しているが、怪事件が発生すると、SSPに情報提供や相談を持ちかけることも多いなど、内心ではSSPのことをかなり信頼している節が伺える。

柔道五段と空手三段の猛者で、自身も腕前には相応の自信を持っていたようだが、ナックル星人ナグスには敵わず、頭突き3発を食らってあっさり敗北してしまった。一方で、第3話ではマガジャッパの攻撃に巻き込まれながらもほぼ無傷で生還するという地味に凄いところを見せている(この時も含め、怪獣が倒されてからメンバーの前に姿を現すことが多かったことから、一時期ジェッタからはオーブの変身者ではないかと疑われたこともあった)。
また、とっさの機転が利くところもあり、18話のシャプレー星人カタロヒとの戦いでは、格闘戦では終始圧倒されて追い詰められたものの、たまたま近くに爆発物があったのを発見し、それを利用してカタロヒを撃退するという大金星を挙げている。

余談

田口監督によると、防衛チームのメンバーではあるが、従来のシリーズにおけるナントカ特捜隊やらカントカ防衛隊のメンバーのようなエリートではなく、市井の人々に寄り添う「おまわりさん隊員」として設定されているキャラクターだという。

渋川一徹役の柳沢慎吾氏は、かつて『ウルトラマンG』にて、UMAのチャールズ・モルガン隊員の吹き替えを担当した事がある。

柳沢慎吾氏といえば「あばよ!」の台詞が有名であるが、本作でも度々使用されている。特に第18話では最高にカッコいい「あばよ!」が聞けるので、柳沢ファンは必見である。

所持する無線機は柳沢慎吾氏の持ちネタである「警察24時」のタバコの箱を使った無線通信機を意識したものである。

最終話で、朦朧とした意識の中、ジェッタとシンが天使の幻を目にするシーンがあるのだが…そのシーンは色々な意味で必見である。

    • 「天使って渋川さんみたいな顔してたんだなぁ…」

謹賀慎年



関連タグ

ウルトラマンオーブ ビートル隊
夢野ナオミ SSP(ウルトラマンオーブ)

pixivに投稿された作品 pixivで「渋川一徹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7352

コメント