ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

自らの頭部を相手の頭部に叩き込む、非常に原始的かつシンプルな攻撃方法。

頭部を形成する頭蓋骨は非常に頑丈(拳闘パンチでまともに受けた場合、パンチした側が逆に拳を負傷する可能性すらある)な反面、額はへの衝撃がダイレクトに届く急所でもあるため、そこを使用する頭突きは相手にダメージを与えると同時に自分にも痛みが伴うリスキーな攻撃であり、使用に際してはパンチやキック以上に注意が必要である。

ただし、前述の通り頭蓋骨は非常に硬く、直撃させれば少ない力で大きなダメージを与えることができるため、パワーに自信がない人にとっては有効な攻撃方法であるといえる。
なお、漫画等でたまにあるように同士をぶつけ合うと当然硬い方が勝つので、確実にダメージを与えたい場合にはこうした「額と額のぶつけ合い」は分が悪い。

理にかなった戦術としては、自分の額や頭頂部で相手の急所を狙うのがセオリーである。
とりわけ狙いやすいのがアゴで、下からかち上げるように頭突くのがコツ。鼻の下やアゴの先端は急所なので、まともに決まれば大男でもひっくり返る。
この戦法は相手よりも自分の背が低い時に狙いやすいため、非力な女性の護身術として用いられることがある。

同様に、背後を取られた際に用いる後頭部を使った頭突きもあり、首を前後に振って勢いをつけて打ち込むと強力である。
こちらは後ろから羽交い締めにされた際などに有用で、なおかつ後頭部は頭髪に守られている(※一部の人を除く)ので、額をぶつける方法よりはリスクの少ない攻撃ができる。

このほか、姿勢を低くして主に相手の胸部や腹部めがけて頭から突っ込むタイプの頭突き(というか体当たり)もあり、相撲用語で「ぶちかまし」と呼ばれている。

また、プロレスでも見た目の派手さや荒々しさから、頭突き(ヘッドバット)は人気のある技のひとつであり、大木金太郎の原爆頭突きを始めとして様々な派生技が存在しているが、その反面脳へのダメージも大きい諸刃の剣であり、過度の乱用による重度の脳機能障害を引き起こすなど深刻な健康被害の引き金にもなっている。

その他

蒼姫ラピスオリジナル曲のタイトルでもある。

関連人物・キャラ



関連タグ

ずつき 頭つき 必殺技 攻撃 石頭 ヘッドバット ヘディング 
もろはのずつき マッスルミレニアム

関連記事

親記事

あたま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「頭突き」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515299

コメント