ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ひやはや…出直して来い未熟者共っ!!!


王の資質”を持つ者など この先の海にはザラにいると思え

その中で決するのだ…!! 塞き合う“覇王”達の中の 更なる頂点!!

それが海賊王だ!!!


概要

花ノ国ギャング「八宝水軍」の第12代棟梁で現在は隠居人

偉大なる航路(グランドライン)後半“新世界”に位置する国ドレスローザで、メラメラの実を賭けた闘技大会の参加者として登場する。その際には孫のサイブーを付き添えていた。


30年前までは5億超えの賞金首であったが、モンキー・D・ガープとの戦闘で自慢の武器で宝物庫を開ける唯一の手段だった錐形の頭をへこまされた事を理由に引退。それゆえ、当人とその血族を強く憎んでおり、殺そうとしていた。


プロフィール

本名チンジャオ
異名首領(ドン)・チンジャオ錐のチンジャオ
年齢78歳
身長520cm
懸賞金5億4200万ベリー(30年前)
所属八宝水軍第12代棟梁(隠居人)、麦わら大船団
所属船八宝塞
覇気覇王色武装色見聞色
武術八衝拳
出身地西の海 花ノ国
誕生日12月12日(第12代棟梁)
星座いて座
血液型F型
好物青椒肉絲
笑い方ひやホホ
初登場単行本71巻 第704話『ルーシーとキュロスの像』
CV青森伸

戦闘力

「ゴール・D・ロジャー ERA PROJECT」チンジャオ※若い頃の全盛期の姿

現役時代は5億4200万ベリーの懸賞金を懸けられた大海賊であり、ガープら前世代の猛者らと互角の激闘を繰り広げてきた最高クラスの実力者の一人

八衝拳(はっしょうけん)”と呼ばれる拳法を体得している他、現役時代は二つ名に相応しく、錐に似た形状の頭部による攻撃も得意とし、かつて頭突きで氷の大陸を破壊したという逸話がある程。


現在は老齢と持病による衰えもあって棟梁の座をサイに譲っており、ほぼ隠居状態にある。

しかし、全盛期から衰弱している状態でありながらも、億越えの海賊キャベンディッシュの名剣による突きを頭で防いだり、新世界編のルフィのギア2の速度に対抗できる速度を持っていたりするなど、実力は圧倒的である。


ガープが何度も戦い、最終的に念入りに特訓するために山を八つ破壊しなければならないほどの実力を持っていた (最後の戦いでは、ガープも冷や汗をかいていた)。

  • 「海軍の英雄」とされる程の人物であるだけでなく、直情的で全力勝負を好むだろうガープが、チンジャオに対して手加減や戦いへの拘りをして何度も捕り逃すというのは考えにくいため、全盛期のチンジャオの実力がガープと拮抗していたのは事実と思わしい。
  • 古の猛者が跋扈していた時代において、膨大な量の宝を保持し奪われていないというのも、チンジャオの実力を示唆させる描写の一つである。

ルフィと激闘を繰り広げた際、大地が揺れる程の衝撃波がコリーダコロシアム全体に駆け巡り、観客を巻き込んだ。


さらに特筆すべきなのは、ガープとの最後の勝負に負けたとは言え、その後に逮捕された訳ではないことである。


また、ガープが「ゲンコツのガープ」の異名を得たのは、チンジャオとの戦いがきっかけであった。


シルバーズ・レイリーと直接対峙したことがあるかの様な発言もしていることから、ロジャー海賊団と戦闘を行った可能性も否定できない。


覇気

覇王色vs覇王色

武装色見聞色の覇気はもちろんのこと、一握りの人間しか持っていないと言われる覇王色覇気も発現している。覇王色は、猛者の揃う闘技大会で周囲の敵を大勢気絶させる他、見聞色の覇気でその人物を特定し、変装していたルフィを察知して気付いてしまう程の熟練度を持つ。

その中でも武装色の覇気の練度は群を抜いており、武装色を纏わせた錐頭は猛烈で、一点に凄まじき力を込めることによって、氷の大陸(宝玉氷床)を打ち砕く威力を発揮する。そのため、敵に使えば一撃必殺の武器となり、同時に宝物庫の鍵としての役割も果たしていた。しかし、その力はガープによって頭部の錐を凹まされたことで、戦闘力の低下と同時に心をへし折られ、第一線から退いてしまう。


衝撃を操る“八衝拳”が覇気を応用した武術なのかは不明だが、ワノ国編で明確になった武装色の上位技術と酷似している。

また、覇王色の覇気を纏える可能性も高い


  • 錐龍錐釘(きりゅうきりくぎ)

頭の錐に武装色の覇気を纏わせ、体ごと高速回転しながら繰り出す全身全霊の頭突き。

氷の大陸を割る唯一の手段であったチンジャオの最強攻撃だが、頭の錐が凹んで以降はただの頭突き技に成り下がってしまった。

広義には八衝拳の奥義を極め、氷の大陸を割る力を得た者に与えられる最強の称号でもあり、後に足技を覚醒させたサイにその名を譲っている。


  • 無錐龍無錐釘(むきりゅうむきりくぎ)

頭の錐が凹んだ状態の「錐龍錐釘」。一応この時点でも強力ではあるものの、威力は「錐龍錐釘」に遥かに及ばない


  • 武頭(ブトウ)

ジャンプした直後頭突きで攻撃する。


  • 武頭回転(ブトウかいてん)

アニメオリジナル。頭を地面に当て、高速回転しながら攻撃する。


  • 武頭回転・乱舞(ブトウかいてん・らんぶ)

アニメオリジナル。「武頭回転」の状態で独楽のように移動しながら攻撃する。


性格

一見穏やかな老人だが、若い頃、ガープに手ひどい手傷を負わされて自慢の武器であった尖った頭部を失ったことに強い恨みを抱いており彼のことを「悪魔のような存在」と嫌い、ガープの関係者に対しては激昂する一面がある。

彼のことを孫子の代まで憎むと誓っており、孫のルフィと息子のドラゴンに対する憎しみも半端ではない(なお「孫子の代」の言い回しはその後ドフラミンゴに捕らわれた際にも使っていたため、彼なりの決まり文句なのかもしれない)。


が、チンジャオの自分や兄を見下す態度や筋違いの怒りを自分に向けることに激昂したルフィの「ゴムゴムの雷将象銃(トールエレファントガン)」を喰らったことで偶然頭部が元に戻り、そのことから逆にルフィに深く感謝し八宝水軍ごと譲ろうとするなど長い恨みをあっさり撤回する一面も見られた。

また、孫のサイの台頭には心から喜び、自慢の頭の錐が再び折られてもその表情は喜びで満ち足りていた。


活躍

因縁と決着

初登場のドレスローザ編では、ルフィの義兄エースの能力メラメラの実を狙うという名目で闘技大会に参加した。

予選ではCブロックに出場し、ロジャー全盛期を生き残った実力者に相応しい戦いぶりで最後の2人にまで残り、ルーシー(ルフィ)との直接対決でも互角の戦いを繰り広げた。しかし、歴戦の戦士ゆえのルーキーを見下す態度がルフィを怒らせてしまい、応戦を試みたものの一撃で倒されてしまった。この時の衝撃で、30年前にガープによりへこまされた頭が元に戻り、再び錐形の頭になった。このことによりルフィに深く感謝しガープへの恨みも消えて八宝水軍を麦わらの一味の傘下にしてもらおうと考える。


コロシアムを敗退した後はシュガーによりオモチャにされてしまうもウソップの活躍により開放。その後は前述の一味への恩に報いるためとドフラミンゴの兵器工場を破壊する元々の目的達成のため、賞金には目もくれずにドフラミンゴ打倒に動く。その中でドフラミンゴの部下ラオGと戦ったが、ルフィ戦以降持病が悪化した事や、相手は自身が老いるほど技の切れ味を増す「地翁拳」の使い手である事などが原因で苦戦を強いられてしまう。


戦いの終盤、隣で戦っていた孫のサイが敵のベビー5に情けをかけた挙句、許嫁がいるのに勝手に婚約した事(この時点ではベビー5が一方的に言っていただけ)に怒り、自分の戦いを放置してサイとベビー5に襲いかかった。しかし、迎撃したサイの足技で錐頭が直角に曲げられ返討にされてしまった。この攻撃でサイの覚醒を感じたチンジャオは八宝水軍の全権をサイに委ね完全引退する事を決め、サイに首領の異名と「錐龍錐釘」の技名を与えた。だがその直後、急襲して来たラオGの攻撃で意識を失い戦いから離脱する。

その後、チユポポの力で一時的に復帰し、直角に曲がった錐頭をバリアにぶつける事で鳥カゴを押していた。


その後は扉絵連載に少し登場。サイが許嫁を断りボコボコにされている裏で、二宝水軍の棟梁に詰め寄られていた。


余談

  • 氷床

「氷床」とは総面積5万㎢以上の厚い氷塊で覆われている広大な地域のことで、場合によっては「大陸氷河」や「内陸氷」とも呼ばれたりする。現実では南極大陸グリーンランドが存在。

なお、作中では「宝玉氷床」を「氷の大陸」と言い換えで表現されているため、ここでは「大陸氷河」が適する。


  • 懸賞金

前述したように、かつては自慢の長い錐形の石頭で海に名をはせた大海賊で、ロジャー白ひげ達と同時期に活動し、30年前には5億4200万ベリーの懸賞金がかけられていた(現在は賞金首ではない)。


ガープによって戦力と精神を弱体化させられ一線を退いたが、もしガープとの戦闘さえなければ更に海賊として台頭していたとも考えられる。


作中での実力の描写と懸賞金の額が比例していない様に思えるが、以下の判断材料がある。

  • 作中で何度も触れられているが、懸賞金の額は危険度を示すものであり、実力そのものを示すわけではない
  • チンジャオはロジャー海賊団やロックス海賊団や四皇の関係者ではないし、古代兵器やオハラやポーネグリフなど他の政治的な危険性をはらむ要素も少ない。
  • 偉大なる航路に身を置く海賊と比べて、四方の海の海賊は格下のように見られる風潮があり、東の海が特にわかりやすいが、実際に懸賞金のレートも偉大なる航路よりは低かったと思われる。
  • 昔の賞金額のレートは現在よりも全体的に低かったとされている。たとえば、作中最初に登場した億越えのドリーブロギーは、100年前の懸賞額で各1億ベリーだが、「誰にも止められなかった」とされている。
  • 八宝水軍は花ノ国のギャングをしており、国お抱えの組織である。奉公をする立場であり、現棟梁のサイが花の国護衛となって世界会議に護衛付きで同行しマリージョアへの立ち入りが許可されるほどの正式な国家公認の武装集団である。また、ドレスローザに来ていたのも、武器の流出路を探るために国から命を受けたためである。
  • そのため、チンジャオたちも世界政府加盟国である花ノ国の庇護を受けることで、王下七武海のように懸賞金を解除されていた可能性が十分にある。現に、チンジャオは現在は賞金首ではない。
    • 加盟国の働きかけで懸賞金に影響を与えられるのは、表立ってはいないがたとえばサンジの例がある。

  • ガープとの関係

因縁の相手だったことは判明しているが、海兵と海賊という間ながら、戦う際には互いに船を停泊させて、部下も介入させない一対一の勝負をしていたことがうかがえる。ガープがチンジャオを捕まえた描写がないが、あえて捕まえなかったのか、それとも毎回逃げられていたのかは不明。ルフィの時と異なり、身内でもない大海賊を何度も個人的な理由で放置していたのならば、それはそれで問題だろうが。


チンジャオが花ノ国のお抱えならば逮捕しなかった理由にはなりうるが、以下の理由からその説には疑わしい部分がある。

  • 八宝水軍がどの時点で花ノ国から庇護を受けていたのかは不明だが、チンジャオとガープが (おそらく組織や所属の枠を超えて) 互いに部下を待機させて「力比べ」形式の勝負を何度も行ったことから、海軍が世界政府加盟国家の公認戦力に何度もケンカを売っていたとは考えられない。よって、八宝水軍は当時はまだ花ノ国の庇護を受けていなかったと思わしく、立場上の理由でチンジャオを逮捕できなかったわけではない可能性が高い。

  • その他

年齢や実力的にあの海賊団の存在を知っている可能性が高いが詳細は不明。


関連タグ

ONEPIECE 八宝水軍 サイ ブー

ドレスローザ コリーダコロシアム

 

0世代 モンキー・D・ガープ

関連記事

親記事

八宝水軍 はっぽうすいぐん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76054

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました