ピクシブ百科事典

サイ(ONEPIECE)

さい

サイとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する海賊である。
目次[非表示]

「じゃあよ… 勝ったらおれが妻に貰うぞ!!!」

概要

花の国ギャング八宝水軍第13代棟梁。
ドレスローザでの激闘を経て、共闘し、意気投合した者たちと共に麦わら大船団の一員となる。

語尾に「~やい」とつくことがあるのが特徴。

プロフィール

名前サイ
異名無し
懸賞金不明
所属八宝水軍麦わら大船団
能力不明
出身地偉大なる航路 新世界 花の国(?)
誕生日不明
CV橋本晃一


人物

度量と胆力を持ち、それでいて根っこは人情に厚い、八宝水軍次期頭領としての器を持つ。

ただし勝手に気持ちが盛り上がりやすく、テンションが上がり過ぎて、御礼を言われたことに怒り始めたり、お詫びを言う際にはしまいには土下座を始めるなど喜怒哀楽が激しい面白おかしい所もある。

戦闘能力

武器として薙刀を持っており、武装色の覇気を使いこなすほか、更に八宝水軍が使う、盾や鎧で防御した相手であっても防具を通り抜け敵に衝撃を与える拳法“八衝拳“を用いた技を用いる。
特にサイ本人は八衝拳による足技を得意としており、その威力は一撃で殺し屋兄弟ケリー・ファンクボビー・ファンクを倒したほど。

後にドンキホーテ海賊団との激戦の最中、これまでの長い鍛錬と激情により著しい全盛期のチンジャオに匹敵しかねないほどの戦闘能力の向上を見せた。
これでもまだ成長途上であることが末恐ろしく、ゾロからも高く評価されている。

  • 武脚跟(ブジャオゲン)

武装硬化させた足で繰り出す必殺の踵落とし。

  • 錐龍錐釘
チンジャオの武装硬化させた頭錐龍錐釘武脚跟で圧し曲げた際に、チンジャオに『氷の大陸を叩き割ることができる』と認められ、八衝拳の奥義『錐龍錐釘』の名を受け継いだ。
戦闘保拳を全開にしたラオGを一撃でノックアウトする威力を誇る。

活躍

初登場時には偉大なる航路"新世界"の国ドレスローザで、、ルフィの義兄ポートガス・D・エースの能力であった自然系悪魔の実メラメラの実をかけた闘技大会に参加者として登場。
闘技大会予選ではCブロックに出場し終盤まで生き残ったが、イデオとの激闘の最中、ルフィの攻撃により場外に飛び出してしまい失格となった。

ドレスローザにやってきた本当の目的はメラメラの実ではなく、ドンキホーテ海賊団により新世界の敵国に輸出され、花の国にまで被害をもたらしている武器の密輸ルートを、花の国の国王の依頼により潰すことにあった。
しかし、失格後は地下のスクラップ場に落とされた後オモチャにされてしまう。
その後、麦わらの一味ウソップの活躍により開放され、一味への恩義から他の闘技大会参加者と共にドフラミンゴ討伐に乗り出し、ドフラミンゴの部下であるベビー5ラオGなどと戦う。

ベビー5との戦いの中、彼女に「ハートを射止める (てめえの心臓を射抜いてやる!!) 」・「この手を離さない (この手は離さねェやい!) 」・「俺について来い (おれ(のこの動き)についてこれるか!?) 」等と言ったことで、彼女に求められていると勘違いされ、勝手に惚れられてしまう。
当のサイは当然ながら全く本気にせず、必要とされることを望むベビー5に対して、冗談交じりに「死んでくれ」というが、ベビー5が本当に自殺しようとしたのを見て動揺し、それを止めようとする。
そのサイの甘さに怒ったチンジャオから錐龍錐釘でベビー5ごと攻撃されるが、とっさに武脚跟でチンジャオの錐龍錐釘をへし折り、ベビー5の自殺を止めた。
これによりサイに錐龍錐釘は伝承され、喜ぶチンジャオにサイは次期頭領として認められる。
しかし戦闘保拳で全盛期並みの実力を得たラオGの奇襲によりチンジャオが倒され、ベビー5を「便利な女」よばわりしたラオGに対し、「じゃあよ…勝ったら俺が妻に貰うぞ!!!」と宣言しながら、錐龍錐釘で一蹴。

その後、一応ベビー5を妻として認めた様子。ドレスローザでの激闘後、共闘した海賊・格闘家・冒険家らと意気投合し、八宝水軍は共闘した仲間と共に、大恩人麦わらの一味の傘下麦わら大船団の一員となることを選んだ。

余談

故郷には「二宝水軍」棟梁の娘であるウホリシアという許嫁がいるが、これは「八宝」と「二宝」の同盟によって「十宝水軍」を結成するための政略結婚であり、サイにとってはどうでもいいらしい。後にサイがチンジャオに棟梁として認められた際に、婚約は破棄され、結婚はサイの自由となった。
作者によるとウホリシアは「目元の涼しげな(ゴリラみたいな顔の)女性」とのこと。

関連タグ

ワンピース ONEPIECE 
八宝水軍 麦わら大船団
チンジャオ ブー ベビー5

ドレスローザ

pixivに投稿された作品 pixivで「サイ(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65590

コメント