2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

かつて西の海にあった島で、麦わらの一味の考古学者ニコ・ロビンの故郷である。島の中央に全知の樹と呼ばれる巨大な木があり、その中に世界中の資料が集められた図書館があった。この図書館を目当てに世界中から多くの考古学者が島に集結し、島の考古学者クローバー博士を中心に日々歴史の研究を行っていた。その研究の中には、世界政府により調査が禁じられている空白の100年ポーネグリフに関する研究も含まれており、学者達は政府にバレぬよう図書館の奥深くで研究を行っていた。

原作での関わり

22年前、歴史研究のための航海中に海軍に捕縛されたロビンの母ニコ・オルビアらの乗る船の調査結果を基に世界政府の暗躍機関CP9の長官スパンダインがオハラに部下を引き連れ押し寄せた。そこでスパンダインは、オハラの考古学者達に対して空白の100年とポーネグリフの研究を理由に死罪を言い渡し、当時の海軍本部大将センゴク名義で同島にバスターコールを発動した。このバスターコールには後に大将となるクザンサカズキも参加し、オハラは一斉砲撃により瞬く間に焼け野原となり、翌年以降、地図上から削除された。古代兵器「プルトン」の設計図を所有し、船大工としてその恐ろしさを理解しているトムとその弟子のアイスバーグから古代兵器を復活させようとした悪魔達と思われている(アイスバーグ曰く『オハラの悪魔』)。

このオハラへのバスターコールにより、オルビアや考古学者達を含む島民全員(クザンは学者以外は逃がそうと思っていたものの、サカズキの砲撃により避難船は全隻轟沈させられた)、およびロビンを逃がそうとした元海軍中将ハグワール・D・サウロが死亡した。(後にそれが表向きの情報である可能性が浮上)また、このバスターコール唯一の生存者であるロビンは、同島で海軍の軍艦6隻を沈めたとして(実際にやったのはサウロ)、8歳にして7900万ベリーの賞金首となった。

関連タグ

ONEPIECE ニコ・ロビン ニコ・オルビア ハグワール・D・サウロ
世界政府 CP9 スパンダイン
海軍 クザン サカズキ
クズモブ…考古学者以外の島民は、作中に登場している限りではロビンの親戚やいじめっ子とその馬鹿な母親とイメージの悪い人間しかいない。異形を恐れる弱さから幼い少女を迫害し、挙句に見捨てようとする姿はサカズキの『人間は正しくなけりゃあ生きる価値なし』其の物であると言える。

関連記事

親記事

西の海 うぇすとぶるー

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3782148

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました