ピクシブ百科事典

バスターコール

ばすたーこーる

 バスターコールとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する用語である。
目次[非表示]

概要

海軍における命令の1つで、海軍本部中将5人と軍艦10隻という国家戦争クラスの大戦力で無差別攻撃を行う。
「何をもってもまず殲滅」というスタンスのため、例え発令者が攻撃目標にまだ残存していようが、無関係の市民が紛れていようが、お構いなしに攻撃は発動される。その攻撃は終始徹底しており、行われた後はその場所は更地にされてしまうほど。
金色の電伝虫(ゴールデン電伝虫)を押す事で発令し、銀色の電伝虫(シルバー電伝虫)が受信する事で実行される。発令権限は海軍本部の元帥大将のみが保持しており、特例として、元帥又は大将から権限を委譲された役人にも発令権限が与えられる。

作中で発生したバスターコール

作中では22年前のオハラと2年前のエニエス・ロビーで合計2回発令されている。

オハラ(22年前)

22年前、西の海の島オハラで発生したバスターコールである。発令者は当時の海軍本部大将センゴクから権限を委譲されたCP9司令長官スパンダイン。参加した中将は、現状クザン(後の大将"青雉")とサカズキ(後の大将"赤犬")が確認されている。
攻撃対象はオハラで空白の100年及びポーネグリフの調査を行ったオハラの考古学者だったが、最終的にはニコ・ロビンを除く同島の島民全員を殺害し島を焦土にしてしまった。

エニエス・ロビー(2年前)

2年前、偉大なる航路の島エニエス・ロビーで発生したバスターコールである。発令者は当時の海軍本部大将"青雉"から権限を委譲されたCP9司令長官スパンダム。参加した中将は、ドーベルマンオニグモモモンガストロベリーヤマカジ
攻撃対象はエニエス・ロビー全域で、最終的に同島は全壊した。
22年前のものと違って、こちらは誤って発令(スパンダムが電伝虫と間違えてゴールデン電伝虫を押した)されたバスターコールである。
『ワンピースパーティー』によれば、このあともう一回施設は建て直したらしい。

関連タグ

ONEPIECE 海軍 センゴク クザン サカズキ
ドーベルマン オニグモ モモンガ ストロベリー ヤマカジ

pixivに投稿された作品 pixivで「バスターコール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88582

コメント