ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

作中の海軍における命令の1つで、海軍本部中将5人と軍艦10隻という国家戦争クラスの大戦力で無差別攻撃を行う。

「何をもってもまず殲滅」というスタンスのため、たとえ発令者が攻撃目標にまだ残存していようが、無関係の市民が紛れていようが、お構いなしに攻撃は発動される。一応、攻撃前に避難の猶予が与えられたり、激戦地の外れで退避のための船が用意されることもある。しかしその攻撃は終始徹底しており、行われた後はその場所は更地にされてしまうほど。

殲滅対象外である市民の避難は認められているが、現場の判断で殲滅しても不問となる。


また、バスターコール実行艦隊の作戦行動は迅速かつ徹底した任務最優先の行動が絶対とされる。

指揮を担当する中将たちは全員が感情を捨てたかのように冷徹無慈悲となり、命令違反及び遅延の海兵はその場で銃殺刑(私刑)に処される・敵が乗り込み戦闘をしているという理由で味方の軍艦へ向けた砲撃が命じられることもあるほど、全ては厳格に遂行される。


金色の電伝虫(ゴールデン電伝虫)を押す事で発令し、銀色の電伝虫(シルバー電伝虫)が受信する事で実行される。発令権限は海軍本部の元帥大将のみが保持しており、特例として、元帥又は大将から権限を委譲された世界政府の役人にも発令権限が与えられる。


作中で発生したバスターコール

  • オハラ(22年前)

西の海の島オハラで発生したバスターコールである。発令者は当時の海軍本部大将センゴクから権限を委譲されたCP9司令長官スパンダイン。参加した中将は、現状クザン(後の大将"青雉")とサカズキ(後の大将"赤犬")が確認されている。

攻撃対象はオハラで空白の100年及びポーネグリフの調査を行った考古学者グループであったが、サカズキの非人道的な判断により島民ほぼ全員が粛清され島は焦土と化し滅んだ。

ロビンが生き残れたのは、バスターコールに憤慨し、また直前まで彼女を守ろうとしていた親友ハグワール・D・サウロの意思を汲んだクザンが逃亡の手引をしたから。


  • エニエス・ロビー(2年前)

偉大なる航路の島エニエス・ロビーで発生したバスターコールである。発令者は当時の海軍本部大将"青雉"から権限を委譲されたCP9司令長官スパンダム。参加した中将は、ドーベルマンオニグモモモンガストロベリーヤマカジ

攻撃対象はエニエス・ロビー全域。

22年前のものと違って、こちらはスパンダムが電伝虫と間違えてゴールデン電伝虫を押したことで誤って発令。政府の重要施設であるが、作中確認できる限り海軍はコールの間違いや破壊の是非の確認などは一切せず、迅速に艦を派遣し攻撃を開始した。

『ワンピースパーティー』によれば、このあともう一回施設は建て直したらしい。


  • エッグヘッド

空白の100年を求めるベガパンクボニーくま親子、そして目覚めたニカと、世界政府の忌避の対象を粛清すべくサターン聖が命じた。「エッグヘッドの技術は用済み」とのこと。


劇場版

  • 不明(23年前)

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』にて言及された過去のバスターコール。

場所は不明だが、ロジャー亡き後収まりのつかない大破壊を繰り返していたダグラス・バレットを阻止するため、個人に向けた前代未聞のバスターコールが発令され、海軍本部元帥センゴク率いる艦隊が出撃した。

甚大な被害を出しながらも物量差と重厚な包囲で長期戦に持ち込んでジワジワと追い詰め、更にはバレットに恨みを持つ海賊も加勢、ついには消耗の末に疲れ切ったバレットを打ち負かしてインペルダウンに投獄することに成功した。


  • デルタ島

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の舞台となる海賊万博の開催地。

復活・脱獄し活動を再開したバレットと、彼の陣営が手にした「ラフテルへの永久指針」を巡り、劇中の終盤にて元帥サカズキの命令で大将"黄猿"が発令。

しかしルフィがバレットを倒し、ラフテルへの永久指針も要らないと破壊した為、もはや意味を失った攻撃である事をスモーカーが本部に通達。結果、万博参加者の海賊達を捕える方向にシフトし、デルタ島自体への砲火は終わった。


余談

繋がり眉毛の海兵

エニエス・ロビーでのバスターコールでは、こちら葛飾区亀有公園前派出所の主人公・両津勘吉がモブ海兵として参加している。これは『こち亀』の連載30周年を記念したもの。


原作での彼の戦闘能力や生命力を考えればどう考えても並の海兵よりも強そう…どころか、本部佐官・将官クラス、下手をすれば三大将やセンゴクすらも真っ青になりそうだが・・・(なにせ、原作においては神様閻魔大王を、コラボでは惑星を簡単に破壊する宇宙の帝王フリーザサイヤ人の王子ベジータをも恐怖させたヤツである)


「BUSTERCALL」プロジェクト

2020年に、同名のアートプロジェクトが展開された。担当者が「公式グッズやアニメのクオリティが世界一の漫画にしては低い」と発言する等、挑発的な言動で話題を呼び、山本寛斎野性爆弾朝倉未来といった、様々な著名人が参加した。

当初は「非公式」と称していたが、後にジャンプ編集部が主軸となっていたことが明らかになった。


反応

情報公開当初からステマだと発覚して以降も否定的な意見が多い。

Togetter反応まとめ1

Togetter反応まとめ2

Togetter反応まとめ3

Togetter反応まとめ4

Togetter反応まとめ5


ホスト用語として

1人の客から合計100万円以上の酒を注文してもらうこと。

元ネタは『レペゼン地球』の同名曲。


関連タグ

ONEPIECE 海軍 世界政府

五老星 センゴク クザン サカズキ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213882

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました