ピクシブ百科事典

イム(ONEPIECE)

いむ

イムとは、漫画『ONEPIECE』の「もっと上」な存在。※この記事は本作のネタバレを含んでおります。と言うか存在そのものがネタバレです。
目次[非表示]

ここでは『ONEPIECE』のイムを扱う。
大長編ドラえもん及び映画『のび太と鉄人兵団』のイムについては鉄人兵団及びリルルを参照。

概要

聖地マリージョアのパンゲア城に住まう者にして世界最高権力とされる五老星さえもはるか上座から見下ろす謎の存在。
シルエットのみの登場だが輪廻眼に似た特徴的な瞳を持ち、「異様に長い頭(王冠にも見える)」「背丈に対して下から伸びた腕」など特徴的な身体が伺える。

800年前に世界政府を創設した20人の王たちの誓い「虚の玉座」に座る権限を持っており、表向きには存在しないとされている世界にたった一人の王と思われる人物。虚の玉座に座る者がいればそれは「世界の王」であるとステリーの台詞を介して説明されており、彼(彼女)の立場を明瞭に語るならば文字通り「世界の王」という事になる。

普段はパンゲア城の「花の部屋」で虫や植物と戯れている模様。

虚の玉座

空置的王座


世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。
誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。


…というのが各国要人に対して表向きの説明だが、実は虚の玉座に座ることができる王が密かに存在していた。その事実は情報操作によって一部の人間以外には知らされていない。

作中

ルフィ黒ひげの写真を切り裂き、しらほしの写真に剣を突き立て、ビビの写真に何か思う。
虚の玉座に座ると、五老星がイムの前に跪き、イムからの指令を願った。

余談

  • 「イム」という字の並びは「」に見えなくもない。
  • 「イム」は漢字表記で「忌む」と読むことが出来る。
  • 「イム」を逆さにして漢字表記にしたら「無為」(仏教用語で因果から離れた絶対不変のこと)と読むことが出来る。
  • 「イム」の名はアルファベット表記だと「IMU」で、YOUをUで代用するスラングを使えば「I'm U」(私はあなた)と読むことが出来る。
  • 「イム」の名はアルファベット表記だと「IMU」で、「UMI (海)」の真逆である。
  • 似ている名前だと、例えば北欧神話に登場する「霜の巨人」ことイームが知られる。
  • イムの名前は、アダムイブの名前を合成したようにも思える。
  • 世界政府の構造はイルミナティがモデルとされるが、それに当て嵌めた場合、政府の頂点に立つイムのポジションは悪魔となる。悪魔の実と何か関連があるのだろうか……?


関連項目

ONEPIECE 世界政府 バスターコール

世界貴族 五老星

大長編ドラえもん のび太と鉄人兵団 鉄人兵団 リルル

pixivに投稿された作品 pixivで「イム(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1868

コメント