ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

イム(ONEPIECE)

しんのさいこうけんりょくしゃ

イム(IMU)とは、少年漫画『ONEPIECE』の世界を支配する真の最高権力者である。
目次 [非表示]
この記事は単行本・アニメ未収録の重大なネタバレ情報を含みます。

概要

天竜人(世界貴族)の最高位にして、世界政府最高権力である五老星はるか上座から見下ろす謎の存在


現状シルエットのみの登場で、性別・年齢・容姿等は一切不明だが、特徴的な赤い瞳を持ち、「異様に長い頭(王冠にも見える)」「背丈に対して下から伸びた腕」など特徴的な身体が窺える。


800年前に世界政府を創設した20人の王たちの誓い「虚の玉座」に座る権限を持っており、表向きには存在しないとされている世界にたった一人の王と思われる人物。虚の玉座に座る者がいればそれは「世界の王」であるとステリーの台詞を介して説明されており、彼(彼女)の立場を明瞭に語るならば、正に文字通り「世界の王」という事になる。


聖地マリージョアのパンゲア城に住んでおり、普段は城内の「花の部屋」で虫や植物と戯れている模様。

その時のカットで描かれた手のサイズの蝶との対比、上記の頭の長さや腕の位置、ローブを長々と引きずるような歩き方などを踏まえると、子供ほどの身長しかない可能性がある。


なお上述の通りその存在は隠されているが、側近や五老星など直轄の部下に当たる人物は当然知っている他、サカズキなども詳細は分からないまでも「五老星より上の存在がいる」ことは勘づいている模様。


ちなみに現状では種族も不明。人間である可能性が高いが明言されてはいない。


虚の玉座

空置的王座

世界の中心であるパンゲア城に存在している玉座。

玉座とは言うものの、この玉座に座ることが許された王は存在しておらず、「この玉座に誰も座らない」ことで世界の平和と平等を示す為の『象徴』となっている。


この理念を体現する為に、天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人で構成されている。


・・・というのが各国要人に対しての表向きの説明だが、実は上記の通り虚の玉座に座ることができる王が密かに存在しており、それがイムであった。

これらの事実は情報操作によって一部の人間以外には知らされていない。


動向

世界会議

ルフィの写真を持った状態で初登場し、パンゲア城の地下の巨大冷凍室に保管された謎の巨大な麦わら帽子のある場所へと向かった。(別人説あり。後述)


その後パンゲア城内の花の部屋にて再登場し、ルフィと黒ひげの写真を切り裂き、しらほしの写真に剣を突き立てるが、ビビの写真に何か思う。

従者に五老星が揃った事を告げられ虚の玉座に座ると、五老星がイムの前に跪き、イムからの指令を願った


ワノ国編終幕後

世界会議で次々と起こった事件と同時期に四皇2が陥落し、世界情勢が大きく変わる中、パンゲア城の花の部屋にて世界地図に記されたルルシア王国に×印を付ける。同刻、民衆による革命によって王政が打倒されたルルシア王国の上空に謎の巨大な物体が出現。その物体から放たれた16本の光線はルルシア王国を民衆及びその場に潜伏していたサボを巻き込んで跡形もなく消し去り、その存在自体を無かったことにした


関連項目

ONEPIECE 世界政府 バスターコール

世界貴族 五老星

謎の人物 正体不明





















ここからネタバレ注意

遡ること世界会議4日目。

イムは花の部屋にて、五老星と彼らに謁見を申し込んだネフェルタリ・コブラが虚の玉座の間で面会している様子を電伝虫で聞いていたが、コブラが最初の20人の一人で当時のアラバスタ王家当主リリィ女王の行方と、Dの一族について質問していると、リリィについてあることを聞くためにコブラの前に姿を現す。


存在するはずのない「世界の王」を前に愕然となるコブラに対し、自身に関する詮索をしないよう釘を刺しつつ、世界政府にとってDの一族とはどういう存在なのか、800年前のある日にリリィが犯した歴史の本文に関するミスについて話す。

そして、先刻のコブラの話の不審な点に気づいたイムはそのことを指摘しつつ、リリィのミスが本当にミスだったのか或いは計画的だったのかを確かめるため、ネフェルタリ家に代々伝わる手紙の送り主の名前を言うよう迫る。


事前に抹殺を宣言され腹を括ったコブラは、手紙の送り主がネフェルタリ・D・リリィであると正直に告げると、もう聞きたい事は無いと言わんばかりにコブラを攻撃。

直後、話を聞いていたサボが乱入・攻撃してきたものの、五老星共々異形に変身。難なくいなし、サボには逃げられたがコブラにトドメを刺した。


この時壁に空いた穴から様子を見ていたワポルは身の危険を覚え逃亡。同時にCP‐0へ捕縛・始末されそうになったビビも、これに便乗して脱出している。


その後、ベガパンクの作った「マザーフレイム」なる動力機関のテストを行いたい旨を五老星に伝える。

五老星も「使ってみなければ本物かどうかもわからない」「実験結果次第でエッグヘッドへの対応を決めよう」と受諾し、「近い」という理由でルルシア王国を標的に定め、攻撃を行った。


さらに「ビビが欲しい」とも告げているが、その真意は不明。


  • 人物像

一人称は「ムー」、二人称は「ヌシア」。

コブラの前に姿を現した際も特徴的な赤い目以外はシルエットのままで、詳細は謎に包まれている。

コブラ曰く、800年前の最初の20人の1人に同じ名前の人物がいるとのことだったが、イワンコフによれば「最初の20人」の中に「ネロナ家のイム聖」という人物がいたという。また、イワンコフは天竜人の最高位である五老星がへり下るのは「最初の20人」本人以外には考えられないという事、この世に不老の能力がある事も引き合いに、サボが目撃したイムの正体を古代から生き続けているネロナ家のイム聖本人だと推測している。

その場合、男性名の定型「〇〇聖」が使われていることからイムの性別は男性であると思われる。


  • 戦闘能力

詳細は不明だが影のような黒い何かを操る能力を有している。

能力者かどうかは不明だが、何らかの変身能力を持っているらしく、サボの攻撃を受け止めた際には目つきが鋭くなり牙を生やした姿を見せている他、五老星と共に包囲した際には虚の玉座までの長い段差を横断するほどの巨大なヒトガタに変貌している。


シルエットだけでもかなりの異形であり、同じく異形に変貌した五老星と共に現れた様相を見たサボは「まさか世界のてっぺんに地獄があるとは」と形容している。


弱ったコブラ王を抱えながら逃げるというハンデを負っていたとはいえ、逃亡するサボに追いつき抱えているコブラごと突き刺して吐血させるなど、自力もかなり高い模様。

自然系であるサボに素で攻撃を通しているため、彼の覇気を貫くほど強力な武装色の覇気かメラメラの実に対する有効打、もしくは能力者そのものに対する特効を持っているものと思われる。


また、コブラ王及びサボへの攻撃に用いたモノは「先端がとがったしなるもの」、つまりステレオタイプな悪魔の尻尾のそれである。

イムが持つ能力は文字通りの『悪魔』の力なのではないかと推測されている。

















更なるネタバレ注意!

原作1110話で遂に五老星の異形姿正体が明かされたが、それが悪魔の実の能力なのか明かされておらず、このことから五老星と同じく「能力者に見せかけた存在」の可能性が出てきている。

いずれにせよ公式続報が待たれる。

関連記事

親記事

世界政府(ONEPIECE) わんぴーすのせかいせいふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 211858

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました