ピクシブ百科事典

六式

ろくしき

六式とは、「ONE PIECE」に登場する武術である。
目次[非表示]

概要

覇気」を礎にし、極限まで肉体を鍛え上げた者のみが体得を可能とする、特殊な体技の総称。
「指銃・鉄塊・紙絵・剃・月歩・嵐脚」の6種類が存在し、これら全ての技を会得した者を「六式使い」と呼ぶ(全てを完全に体得していなくても、修得した数に応じて「〇式使い」と呼ばれる事はある)。
基本となる上記の6種の他、体得者個人の能力や発想力に応じて様々な応用や発展技が開発されており、細分化すると把握しきれない程のバリエーションが存在する。
熟練の六式使いの戦闘力は文字通りの「百人力」であり、単独での格闘戦のみならず中遠距離戦さえも徒手空拳だけで対処、あろう事か空中戦までその身一つで華麗にこなす、正しく「超人」である。

理屈上(頑張れば)誰でも会得できるのだが、現状判明している使い手たちは世界政府の直下機関に所属する人物や政府関係者の割合が高く、特にCP9はこれ等の体術を基本技能としている。
もちろん彼ら専用ではないので海兵にも少なからず習得者がおり、コビーたしぎ、一部の中将クラス等々。
しかし現時点で判明している6つすべてマスターしているのは(旧)CP9のメンバーだけ。

『VIVRE CARD ~ONE PIECE図鑑~』によれば、「覇気」と関連性があるとされており、鍛錬方法は「覇気」の修業と類似しているとのこと。
能力を得た者の身体能力が純粋に強化される傾向がある、動物系の悪魔の実とはシナジーが高く、特に鋭い爪や強靭な筋肉を有する肉食の動物系との相性は抜群。自然系との相性は不明だが、この体技と相性の良い超人系の能力は存在するようで、本編ではルフィがゴムゴムの実と六式を併用している他、ビッグ・マム海賊団の一部所属者が、六式による空中移動をしつつ能力を発動したと思われる描写が描かれている。

それらを使いこなせる程に鍛え上げられた(または強化された)超人的な身体能力を持っている者ならば、六式そのものの概要や理屈を詳しく知らなかったとしても(極論、見様見真似であっても)、再現する事が可能。実際、ルフィギア2によって身体能力を強化した際に、「剃」を見様見真似で再現、サンジはカマバッカ王国での地獄の日々にて我流の「月歩」とも言える技「空中歩行(スカイウォーク)」を体得し、両者ともに完全に自分の技としてものにしている。
使い手の実力(道力)の高さに応じて変化する為、力は使い手次第で変化してくる

種類

鉄塊(テッカイ)

全身に力を込め、肉体そのものをの甲殻に匹敵する程に硬化させる防御技。
初歩的な武装色の覇気と効果が類似している。
刃物銃弾さえも通用しない圧倒的な防御力を誇り、熟練度を上げれば更に強度は増す。また発動時の硬度を利用した攻撃型の派生技が多く存在する。
しかし基本的に発動中はほとんど体を動かせない上、電撃高熱等の、単純な運動エネルギーに依存しないダメージには相性が悪い。
バリエーションとしては、体を回転させる勢いを利用して硬化したまま相手に迫る「輪」、相手の攻撃に合わせて発動し、相手の武器を破壊するカウンター技「空木」、徹底的に防御力を突き詰めた「剛」等が存在する。

鉄塊拳法

ジャブラのみが体得している体術。前述した鉄塊の「発動時は動けない」弱点を克服し、全身に鉄塊を掛けたまま自在に活動する事を可能とした体術。全身が硬化した状態なので、防御力も然る事ながら攻撃各種も重みを増している。

指銃(シガン)

指の先に力を集約させ、弾丸のような速さで相手に撃ち込む攻撃技。
要するに極限まで威力を高めた一本貫手。その威力は人体を容易に貫くほど強力。
CP9新入りの四式使い・ネロが鉄塊と共に未修得だった技であり、頑健な肉体強度がなければ使いこなせないと考えられる。
ゴムのような柔軟性や弾力性に富むものには通用し難いが、鋭い爪を持つ動物系の能力者であればその心配も無い。
バリエーションとしてはかめはめ波のように合わせた両手の全ての指を同時に叩き込む「十指銃」、威力はそのままに遠距離の相手を打ち抜ける「撥」、猛スピードで連射して相手をハチの巣にする「黄蓮」や「斑」等がある。また、本人の持つ能力と併用すればや、髪の毛でも同様の技が可能。

獣厳(ジュゴン)

指銃のスピードで放つパンチ。作中ではフクロウが使用。
フクロウ本人は得意技のように使用しているが、恐らく指銃を修得する過程で覚える(もしくは指銃を開発する過程で生まれた)、過渡期の技ではないかと推測される。

紙絵(カミエ)

敵の攻撃から生じる風圧に身を任せ、紙の如くひらりと相手の攻撃をかわす防御技。
見聞色の覇気の効果を不完全ながらも、再現しているようにも見える。
鉄塊を「剛」とするなら、こちらは「柔」の防御技。特に打撃攻撃との相性が良い。
一方で相手の攻撃を「紙一重で避ける」特性に加え、鉄塊と併用する事は出来ない為、攻撃範囲を読み違えるとダメージを受けてしまう恐れがある。また、当然満足に体を動かせない状態では使用自体が不可能。
派生技や応用技は少なく、ルッチは「紙絵武身」なる技を使用しているが、これはどちらかと言うと「六式」ではなく「生命帰還」の応用技である。

剃(ソル)

その場から消えたかのように見える程、瞬間的に加速する移動技。
原作の初期に登場したキャプテン・クロの使用する高速移動術「抜き足」に似ているが、移動中の方向転換等も自在に行える。発動の瞬間に地面を10回以上蹴っているらしく、その様子を見る事が出来たルフィはギア2による身体能力を上昇させる事で、その技術を盗む事に成功した。
さらに見聞色の覇気と併用することも可能で、2年後のルフィは見聞色と併用して行っており、カタクリも「剃」と酷似した移動技を未来予知(超高度の見聞色)と併用している。

CP9の「剃」のスピードの目安はSBSによるとキャプテン・クロの「杓死」とほぼ互角となっているが、当然それだけの動体視力が必要で、使い手の実力(道力値)次第でスピードは段違いに変化する(詳細は下記の「補足」を参照)。
単純な移動技の性質から、力量によってはスピードを見切られてしまう。コビーとブルーノの「剃」はルフィに見切られて、2年前のルフィの「ギア2」はミホークにあっさりと見切られてしまっている。実際に現在のルフィでも見聞色の達人であるカタクリにはあっさりと見切られてしまった。
尚、2年間の修行後時点のルフィ程の実力を有する者でも、単純な光速に対応が可能になるほどの凄まじい身体能力を誇り、「少し先の未来が見える」とまで超高度に鍛え上げられた見聞色の覇気(未来予知)を可能にしている実力者を相手に単純な速度で対抗するには、修得者の「剃」と見聞色(未来予知)を併用した速度を上回る程の速度で移動できなれば、あっさりと見切られてしまう。中には年老いてなお熟練した見聞色と併用することによって、光速で動く覇気の使い手にも対応ができる程の凄まじい速度を生み出す者も居る。

  • 補足
あたかも「剃」と言う技自体必ず「杓死」とほぼ互角であるかのように誤解されがちだが、質問者はあくまでもCP9の「剃」とキャプテン・クロの「杓死」のスピードを比較対象にしている事・その比較対象となっているCP9でも誰を基準にしているのかについては明言されていない事・実力(道力値)次第でスピードは段違いに変化している事から、「剃」という技自体がキャプテン・クロの「杓死」とほぼ互角と言っているわけではないことが伺える。そのため、SBSによる捉え方には注意が必要。そもそも比較対象としているCP9とは使い手の人名(個人名)ではない

月歩(ゲッポウ)

強靭な脚力によってを蹴り、格ゲーの二段ジャンプの如く宙に浮く移動技。
ゲームとは違って体得者の体力が持続する限り使用制限は無い。上級者ともなれば足踏みするように空を蹴り続けてホバリングしたり、場合によっては疑似的な「飛行」さえも可能となる。
サンジがカマバッカ王国で会得した「空中歩行」と同一の技である。『ONEPIECE “3D2Y” エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い』ではバーンディ・ワールドが使用しており、映画に登場するダグラス・バレットもこれと酷似した芸当を行っている。ルフィがギア4状態で行う空中移動原理としてはこれに酷似している。

剃刀(カミソリ)

ルッチが使用した体術。「剃」と「月歩」を融合したような移動技で、鋭い軌道と恐るべきスピードで空を駆け抜ける。

嵐脚(ランキャク)

凄まじい速度で脚を振り抜き、蹴りと同時に扇状の鎌風(飛ぶ斬撃)を放つ攻撃技。
蹴り自体よりも鎌風による中遠距離攻撃が主であり、その威力は本物の刀剣類にも匹敵、熟練者であれば石材や鋼鉄をも切り裂く。ちなみに鎌風を刀で受け止めると太刀音が鳴る
基本的にどんな体勢からでも繰り出せる上、体術でありながら遠距離戦闘にも対応可能と汎用性が高い。時には紙絵や鉄塊では対処し切れない攻撃を捌く為に使われたりもする。
その汎用性の高さからか、派生技のバリエーションはかなり豊富。一直線に突き進む斬撃を放つ「線」、相手の頭上から巨大な斬撃を打ち下ろす「白雷」、体ごと回転させた遠心力を利用して特大の斬撃を巻き起こす「周断」等々。
地味に劇中にて現職として登場した(スパンダム以外の)CP9全員が一回以上繰り出した唯一の六式である。
特にカクはこの嵐脚を最も得意としており、自前の長ドス二刀流に両足からの嵐脚を加えて「四刀(流)」を自称している。
2年後のルッチは、劇場版『ONEPIECE STAMPEDE』で大型バレット(島1つ分の大きさはあろうかと言う鉄の怪物)の右腕を粉々に吹き飛ばす程の絶大な一撃の威力を発揮した。

番外

手合(てあわせ)

六式を利用した「遊技」。相手から攻撃を受ける事でその者の体術のレベルを測定し、『道力(ドウリキ)』と呼ばれる単位で指数化する。武器を持った衛兵1人の戦闘力を10道力とし、歴代最高値はロブ・ルッチが叩き出した4000道力。スパンダムによれば500道力もあれば十分に超人の域にあると言う(ちなみにスパンダムは9道力)。なお、あくまで体術のレベルだけを測定するものであり、武器や悪魔の実の能力などが加わるとなればその数値は絶対的なものではなくなる。
見聞色の覇気との関連性については不明。

六王銃(ロクオウガン)

六式の全てを極限まで高めた者のみが使える究極奥義。両手の握り拳を相手に当て、衝撃貝(インパクトダイアル)の数倍の威力に匹敵する衝撃相手の体内に送り込む。防御不可能な正に一撃必殺の技。武装色の覇気の上位技術と酷似している。

関連項目

ONEPIECE 覇気(ONEPIECE) 海軍(ONEPIECE) CP9 生命帰還

関連記事

親記事

世界政府 せかいせいふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「六式」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44158

コメント