ピクシブ百科事典

ゼファー(ONEPIECE)

ぜふぁー

 ゼファーとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物である。
目次[非表示]

「正義とか…  自由とか…」

「お前らすべてやり直しだぁぁぁ!!!」

概要

通称「黒腕のゼファー」。
NEO海軍総帥。元海軍本部大将。
海軍で中将のモンキー・D・ガープつる、大目付のセンゴクは海軍時代の同期である。

劇場版第12作目『ONEPIECE FILM Z』のために、作者尾田栄一郎と脚本家鈴木おさむが考案したキャラクターで、公開前の宣伝では「ワンピース映画史上最凶の敵」という触れ込みで紹介されている。

プロフィール

本名ゼファー
通り名黒腕のゼファーゼットゼファー先生(海兵が使用(NEO海軍兵はゼット先生))、全ての海兵を育てた男
肩書きNEO海軍総帥
能力無し
誕生日不明
年齢74歳
出身地とある軍港の町
主な部下アインビンズ
CV大塚芳忠


人物

海軍

海軍にいた頃は立派な海兵で、その姿は同期のガープに「誰よりも海軍の正義を信じた男」と評される程であった。設定画や小説によれば、海賊を決して殺すことなく投獄するような人物だったとのこと。
彼を逆恨みした海賊によって妻子を殺されてしまったショックから、自分の信じてきた正義に悩み大将を辞任しても、教官として現在の海軍の中核をなす海兵たちを育ててきた。しかしある時、とある海賊によって自身の教習艦が襲われ、教え子がほとんど殺され、以降は遊撃隊を組織して能力者の海賊狩りに命を費やすようになる。
それでも海軍の正義を信じていた彼であったが、教え子を殺した海賊が王下七武海入りした事で、自身の最後の拠り所であった世界政府やそれに属する海軍の"正義"に完全に失望し、性格も一変した。

NEO海軍

それ以降は海軍を抜けて新たにNEO海軍を組織し、周囲の一般人や海兵の犠牲を厭わず海賊殲滅のために動く、己の正義を実行する超攻撃的な性格となっている。
自分の命を助けたくれたルフィ達が海賊であると知った途端に彼らを襲うほど。
ついには全ての海賊の目標である"ひとつなぎの大秘宝"諸共新世界の海を消滅させるべく、大破局噴火「グランリブート」を引き起こすことを画策する。
当然このような市井の被害を顧みないやり方を海軍が認めるわけがなく、NEO海軍はテロ組織"Z軍"として殲滅対象と定められることとなった。

その一方で、海軍と敵対する立場になっても教え子への情は持ち続けており、ボルサリーノに対しては剣戟の最中にも「ピカピカの実の能力に頼り過ぎるなと教えたはずだが」と指摘したり、既に海軍を抜けたクザンと再会した際には道を違えたことを理解しつつも穏やかに接していた。また最期の言葉も、かつての教え子である海兵たちに向けた「最後の稽古をつけてやる!」であった。
当然部下からも強く慕われており、NEO海軍の構成員は殆どがゼファーを慕って一緒に海軍を抜けた教え子たちであり、敵対することになった海軍将校の中にも恩師を想って涙を流す者がいたほど。

Z

正義はどこだ?

親しい者への愛、海賊への怒り、海軍への失望、正義の味方という理想、海軍では理想を叶えられない現実。Zとはそんな苦悩と無縁な「子供が最も簡単に思い描く悪いやつを倒す正義の味方」。しかし、そんな綺麗な正義は現実には存在しない。海軍はそんな正義の味方ではない。じゃあ正義はどこにあるのか。

おれが正義だ

おれが正義になる。おれがZになる。
そして、ゼファーはZに無縁であったはずの多くの苦悩を背負ったまま子供時代の理想であるZになろうとする。そのギャップから「一般人を巻き込んでも海賊を滅亡させるゼファーなりのZ」が生れた。はたして、それは正義の味方と言えるのか。半ば、暴走のようにゼファーは自分の信念に燃える。

最後まで

全力で生きる事が自分の中のヒーローであるゼファー。全力で生き理想像であるZに近づこうとしていたが、自分が海賊のようにやりたい様にやっていることを自覚。
そんなZは間違い(単純な正義の味方とはいえない)と知ってるが、それは自分の信念を貫いた結果。一切反省はしない。子供の頃の理想そのものではなくなったかもしれないが、その理想を追いかけた今の自分が自分の中のヒーローで自分にとってのZ。
ボルサリーノ達海軍の教え子と最後の闘いをした時も、あくまでZとして戦って生涯を終えた。

海賊への評価

36年前の海軍大将昇格時(当時38歳)、それはロジャー白ひげの全盛期であった。(信念あるなー海賊のくせにー)と敵ながら内心でその存在を認めている意外な姿が尾田先生の設定画で描かれている。もっとも、これは海賊に家族を殺される前の話なので単純な比較は出来ないが。
ルフィとの闘いではルフィの麦わら帽子に思い入れがあるかのようなことを言っている。さらに、ルフィがシャンクスとの約束のことを告げると「お前を海賊の道に引き込んだのは赤髪のシャンクスかァ!」「あいつも罪が深い…」と言っているので、シャンクスの前の持ち主を知っているのかもしれない。やはり、元々はの物だったのだろうか。

戦闘能力

右腕を失った海軍在籍時代に海軍の科学者により装着された巨大な海楼石製のスマッシャー(バトルスマッシャー)がメインの武器となっている。
殴打、マシンガン、ビーム、爆発、防御など、様々な用途に使用出来る高性能な武器で、残った左腕による武装色の覇気による攻撃と併用する事で、年老いた今尚でも、黄猿とも真っ向勝負できる程の強力な戦闘力を生み出す。また、黄猿の光速の蹴りにも反応できるほどのレベルの高い見聞色の覇気の使い手でもある。

ただし、年齢から来る心肺機能の低下により戦闘中でも吸入器を使った薬物投与を行わないと戦いが継続出来ないなどの理由から、これでも全盛期の大将時代の実力には遠く及ばなくなっている
アインの能力で若返ればいいのではないかという意見もあるが、ゼファー自身は能力に頼り切ることを好まず、アインが倒されれば能力は解除されることを考えるとその考えは間違っていないといえる。

この他にも、能力にかまけた能力者向けに海楼石製の弾丸を装填した小さい銃を持っている。

右腕を失うまでは武装色の覇気をまとった腕っ節のみを武器として用いており、その強さは武装色硬化をした時に発生する手が黒く変色する現象からそのまま付けられた"黒腕のゼファー"という通り名が物語っている。

スマッシュバスター

殴った際に右手のスマッシャーを相手に接触させ、その衝撃を利用し内蔵させた爆発物を炸裂させる。巨人族を大きく吹っ飛ばした。

スマッシュブラスター

バスターとは違い、距離を保ったまま砲撃をする。こちらも巨人族を大きく吹っ飛ばした。

スマッシュトルネード

スマッシャーを地面に接触させ爆発させることで足場を崩す。これによりルフィはZのペースに乗せられてしまい2度目の敗北を喫した。

来歴

過去

海軍在籍時代は、14歳で海軍学校に入り、同期がセンゴクモンキー・D・ガープつるといった化け物海兵ぞろいだった中、自身も凄まじいスピードで成長。
下士官の時点で六式を修得、34歳で覇気を習得して、弱冠38歳で最高戦力である本部大将にまで上り詰めた。

だが、42歳の時に妻子を海賊からの報復で殺害され、そのショックで現役を退いてしまった。
以後は上官の説得で教官として後輩の指導に力を入れ、三大将、現在の本部中将達(ドーベルマンオニグモモモンガストロベリーヤマカジコーミルステンレスなど)、スモーカーヒナTボーンなど、現在の海軍を支える屈強な海兵達を世に送り出した。
教官としては厳しかったが、これは彼の誰にも死んでほしくないという思いからくるものであり、「全ての海兵を育てた男」 と言われる名教官だった。

しかし、65歳の時に自分が指揮する演習艦が、ある能力者の海賊に襲われる。
アインビンズを除く演習兵が殺害され、自身も右腕を切断されるという悲劇に見舞われると、教官も辞めてしまい、海軍の科学者に取り付けられた右腕の海楼石製のスマッシャーを武器に、アイン、ビンズを含む部下達と海賊遊撃隊を組織して大海の能力者の海賊達を討伐していった。

だが、73歳の時、演習艦襲撃事件の犯人である海賊が王下七武海に迎え入れられた事で世界政府や海軍の正義に絶望。
自分を支持する海兵達を引き連れて海軍を去り、自らは「ゼット」を名乗って海賊を滅ぼすための『NEO海軍』を結成する。

NEO海軍として

古代兵器に匹敵する力を持つといわれる海軍の切り札ダイナ岩を奪い、その岩を使って新世界の3つの「エンドポイント」を爆破させることで、新世界の海賊達と新世界のどこかにあるとされる海賊達の目標"一繋ぎの大秘宝”を新世界ごと大爆発で消滅させて、大海賊時代を終わらせようと画策。

エンドポイントを守るための「ダイナ岩」の保管施設があり、一つ目の「エンドポイント」でもあるファウス島を「ダイナ岩」を強奪するために襲撃。撤退戦でゼファーは海軍本部大将黄猿の急襲から逃れるためダイナ岩を爆発させた事により、ファウス島の破壊と同時に海を漂流する事態となった。
その際、ルフィ率いる麦わらの一味に助けられ、当初は一味に感謝し好意的に接していたのだが、ルフィ達が海賊と知ると激昂してルフィ達を殺そうとし、一時は一味の母船サウザンドサニー号が火に包まれ壊滅寸前となった。これにより、一味との全面対決に入り、初回のサニー号での戦いを含めて3回に亘り一味と衝突した。

戦いの中では終始ルフィや一味を圧倒したが、最終対決でとうとう老化による体力低下と片腕を失ったハンデからか、ほぼ共倒れのような状態ではあったが、ルフィに敗れる。
敗れた後、ゼファーは戦いを通じて認めた一味を逃がすため、そして自分がやりたい様にやった落とし前をつけるため、NEO海軍と麦わらの一味の討伐に現れた大将黄猿率いる海軍の大軍に単騎で戦いを挑み、そして戦死した。

彼は闘いに挑む間際、サングラスをつけなおす。それは最後の最後まで“ゼファー”ではなく、“Z”として自分の信念におもむくことまま生きたことを象徴していた。

後に生き延びたアインとビンズ、そしてクザンの手によって、演習艦襲撃事件で犠牲となった教え子たちの名が刻まれた慰霊碑のそばに弔われる。ルフィとの最後の戦闘で破損したスマッシャーが彼の墓標となった。クザンの手にはZの好物であるシェリー酒が握られていた。
「泣くな!!」「男が自分の人生に一本筋を通して逝ったんだ」
かっこいいじゃねェか…

Zの原点

映画の最後にはいじめっ子を倒し、少女の人形を取り返した子供時代の彼が出てくる。その子供時代の彼の理想“Z”には、今の“Z”を彷彿とさせる部分が多々あった。その行動の善し悪しや形はどうあれ、彼は確かに自分の理想をまっすぐに追いかけていたのだった。
「いつでもかかってこい!」「おれの名は!!」「正義のヒーロー…」


ゼーーーット!!!

余談

Zの好物はシェリー酒。本編の中盤でそのシェリー酒を投げ渡すクザンとそれを受け取るZの墓石前での会話は本編と企画案ではかなり差がある。

本編と企画案

  • 本編

クザンがZに酒を投げ渡した後、「一番かっこいい酒はこれだ」とZが自身の感想を述べ、「おれもあんたの真似してよく飲みましたよ かっこいい男になりたくてねェ」とクザンが自身の思い出話を始める。

  • 企画案
クザンがZに酒を投げ渡した後、「クザン こいつらを殺した奴らが今どういう顔をしてるかわかるか?」「笑ってうまい酒を飲んでるだろうよ。敵を殺し・・・生き残った者が正義だ」とZが歪んでしまった思想を述べ、そのまま酒を叩き割る。クザンはその会話中ほとんど喋らない印象的な無音の描写が入れられている。

企画案の狙い

企画案の方はクザンとの関係や自分の正義(海賊を殺すことなく投獄したかつてのゼファー)を見失ってしまっているZを描くことで、Zにとどめをささないルフィや出航するルフィたちのための自己犠牲、映画全体のテーマやクザンのラストシーンといった部分を締める狙いがある。もし本編に入れられていれば、FILM Zで印象的なシーンの一つになっていただろうが、残念ながら時間がないので入れられなかったとのこと。
他にも時間の都合からZの印象的なシーンはいくつか削られている。詳しくは劇場特典の1000巻を確認。

備考

演じる大塚は、過去にモンブラン・クリケットの先祖であるモンブラン・ノーランド役でシリーズ出演経験がある。

関連タグ

ONEPIECE ワンピース 劇場版ONEPIECE ONEPIECE FILM Z

NEO海軍 
アイン(ONEPIECE) ビンズ シューゾ

世界政府 海軍(ONEPIECE) 

0世代 センゴク(ONEPIECE) モンキー・D・ガープ つる(ONEPIECE)

三大将 クザン(青雉) ボルサリーノ(黄猿) サカズキ(赤犬(ONEPIECE))

ドーベルマン(ONEPIECE) オニグモ(ONEPIECE) モモンガ(ONEPIECE) 
ストロベリー(ONEPIECE) ヤマカジ コーミル ステンレス(ONEPIECE)

スモーカー ヒナ(ONEPIECE) Tボーン

モンキー・D・ルフィ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼファー(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77340

コメント