ピクシブ百科事典

ゼファー(ONEPIECE)

ぜふぁー

 ゼファーとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物である。
目次[非表示]

「正義とか…  自由とか…」

「お前らすべてやり直しだぁぁぁ!!!」

概要

通称「黒腕のゼファー」。
NEO海軍総帥。元海軍本部大将。
海軍で中将のモンキー・D・ガープつる、大目付のセンゴクは海軍時代の同期である。

劇場版第12作目『ONEPIECE FILM Z』のために、作者尾田栄一郎と脚本家鈴木おさむが考案したキャラクターで、公開前の宣伝では「ワンピース映画史上最凶の敵」という触れ込みで紹介されている。

プロフィール

本名ゼファー
通り名黒腕のゼファーゼットゼファー先生(海兵が使用(NEO海軍兵はゼット先生))、全ての海兵を育てた男
肩書きNEO海軍総帥
能力無し
誕生日不明
年齢74歳
出身地とある軍港の町
主な部下アインビンズ
CV大塚芳忠


人物

海軍にいた頃は立派な海兵で、その姿は同期のガープに「誰よりも海軍の正義を信じた男」と評される程であった。設定画や小説によれば、海賊を決して殺すことなく投獄するような人物だったとのこと。
彼を逆恨みした海賊によって妻子を殺されてしまったショックから、自分の信じてきた正義に悩み大将を辞任しても、教官として現在の海軍の中核をなす海兵たちを育ててきた。しかしある時、とある海賊によって自身の教習艦が襲われ、教え子がほとんど殺され、以降は遊撃隊を組織して能力者の海賊狩りに命を費やすようになる。
それでも海軍の正義を信じていた彼であったが、教え子を殺した海賊が王下七武海入りした事で、自身の最後の拠り所であった世界政府やそれに属する海軍の"正義"に完全に失望し、性格も一変した。

それ以降は海軍を抜けて新たにNEO海軍を組織し、周囲の一般人や海兵の犠牲を厭わず海賊殲滅のために動く、己の正義を実行する超攻撃的な性格となっている。
自分の命を助けたくれたルフィ達が海賊であると知った途端に彼らを襲うほど。
ついには全ての海賊の目標である"ひとつなぎの大秘宝"諸共新世界の海を消滅させるべく、大破局噴火「グランリブート」を引き起こすことを画策する。
当然このような市井の被害を顧みないやり方を海軍が認めるわけがなく、NEO海軍はテロ組織"Z軍"として殲滅対象と定められることとなった。

その一方で、海軍と敵対する立場になっても教え子への情は持ち続けており、ボルサリーノに対しては剣戟の最中にも「ピカピカの実の能力に頼り過ぎるなと教えたはずだが」と指摘したり、既に海軍を抜けたクザンと再会した際には道を違えたことを理解しつつも穏やかに接していた。また最期の言葉も、かつての教え子である海兵たちに向けた「最後の稽古をつけてやる!」であった。
当然部下からも強く慕われており、NEO海軍の構成員は殆どがゼファーを慕って一緒に海軍を抜けた教え子たちであり、敵対することになった海軍将校の中にも恩師を想って涙を流す者がいたほど。

戦闘能力

右腕を失った海軍在籍時代に海軍の科学者により装着された巨大な海楼石製のスマッシャー(バトルスマッシャー)がメインの武器となっている。
殴打、マシンガン、ビーム、爆発、防御など、様々な用途に使用出来る高性能な武器で、残った左腕による武装色の覇気による攻撃と併用する事で、年老いた今尚でも、ボルサリーノとも真っ向勝負できる程の強力な戦闘力を生み出す。

ただし、年齢から来る心肺機能の低下により戦闘中でも吸入器を使った薬物投与を行わないと戦いが継続出来ないなどの理由から、これでも全盛期の大将時代の実力には遠く及ばなくなっている
アインの能力で若返ればいいのではないかという意見もあるが、ゼファー自身は能力に頼り切ることを好まず、アインが倒されれば能力は解除されることを考えるとその考えは間違っていないといえる。

この他にも、能力にかまけた能力者向けに海楼石製の弾丸を装填した小さい銃を持っている。

右腕を失うまでは武装色の覇気をまとった腕っ節のみを武器として用いており、その強さは武装色硬化をした時に発生する手が黒く変色する現象からそのまま付けられた"黒腕のゼファー"という通り名が物語っている。

来歴

過去

海軍在籍時代は、14歳で海軍学校に入り、同期がセンゴクモンキー・D・ガープつるといった化け物海兵ぞろいだった中、自身も凄まじいスピードで成長。
下士官の時点で六式を修得、34歳で覇気を習得して、弱冠38歳で最高戦力である本部大将にまで上り詰めた。

だが、42歳の時に妻子を海賊からの報復で殺害され、そのショックで現役を退いてしまった。
以後は上官の説得で教官として後輩の指導に力を入れ、三大将、現在の本部中将達(ドーベルマンオニグモモモンガストロベリーヤマカジコーミルステンレスなど)、スモーカーヒナTボーンなど、現在の海軍を支える屈強な海兵達を世に送り出した。
教官としては厳しかったが、これは彼の誰にも死んでほしくないという思いからくるものであり、「全ての海兵を育てた男」 と言われる名教官だった。

しかし、65歳の時に自分が指揮する演習艦が、ある能力者の海賊に襲われる。
アインビンズを除く演習兵が殺害され、自身も右腕を切断されるという悲劇に見舞われると、教官も辞めてしまい、海軍の科学者に取り付けられた右腕の海楼石製のスマッシャーを武器に、アイン、ビンズを含む部下達と海賊遊撃隊を組織して大海の能力者の海賊達を討伐していった。

だが、73歳の時、演習艦襲撃事件の犯人である海賊が王下七武海に迎え入れられた事で世界政府や海軍の正義に絶望。
自分を支持する海兵達を引き連れて海軍を去り、自らは「ゼット」を名乗って海賊を滅ぼすための『NEO海軍』を結成する。

NEO海軍として

古代兵器に匹敵する力を持つといわれる海軍の切り札ダイナ岩を奪い、その岩を使って新世界の3つの「エンドポイント」を爆破させることで、新世界の海賊達と新世界のどこかにあるとされる海賊達の目標"一繋ぎの大秘宝”を新世界ごと大爆発で消滅させて、大海賊時代を終わらせようと画策。

エンドポイントを守るための「ダイナ岩」の保管施設があり、一つ目の「エンドポイント」でもあるファウス島を「ダイナ岩」を強奪するために襲撃。撤退戦でゼファーは海軍本部大将黄猿の急襲から逃れるためダイナ岩を爆発させた事により、ファウス島の破壊と同時に海を漂流する事態となった。
その際、ルフィ率いる麦わらの一味に助けられ、当初は一味に感謝し好意的に接していたのだが、ルフィ達が海賊と知ると激昂してルフィ達を殺そうとし、一時は一味の母船サウザンドサニー号が火に包まれ壊滅寸前となった。これにより、一味との全面対決に入り、初回のサニー号での戦いを含めて3回に亘り一味と衝突した。

戦いの中では終始ルフィや一味を圧倒したが、最終対決でとうとう老化による体力低下と片腕を失ったハンデから、ほぼ共倒れのような状態ではあったが、ルフィに敗れた。

敗れた後、ゼファーは戦いを通じて認めた一味を逃がすため、そして自分がやりたい様にやった落とし前をつけるため、NEO海軍と麦わらの一味の討伐に現れた大将黄猿率いる海軍の大軍に単騎で戦いを挑み戦死した。

死後は生き延びたアインとビンズ、そしてクザンの手によって、演習艦襲撃事件で犠牲となった教え子たちの名が刻まれた慰霊碑のそばに弔われた。ルフィとの最後の戦闘で破損したスマッシャーが彼の墓標となった。

備考

演じる大塚は、過去にモンブラン・クリケットの先祖であるモンブラン・ノーランド役でシリーズ出演経験がある。

関連タグ

ONEPIECE ワンピース ONEPIECE FILM Z

NEO海軍 
アイン(ONEPIECE) ビンズ シューゾ

海軍(ONEPIECE) 
センゴク(ONEPIECE) モンキー・D・ガープ つる(ONEPIECE)
三大将 クザン(青雉) ボルサリーノ(黄猿) サカズキ(赤犬(ONEPIECE))

ドーベルマン(ONEPIECE) オニグモ(ONEPIECE) モモンガ(ONEPIECE) 
ストロベリー(ONEPIECE) ヤマカジ コーミル ステンレス(ONEPIECE)

スモーカー ヒナ(ONEPIECE) Tボーン

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼファー(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64022

コメント