ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「母ーたん母ーたん おで!!! “白しげ”のむすこだよな!! しげ 白いし!!!」


「うおおおお〜〜〜!!!父ーたんの故郷にィ!!!手を出すなァァ〜〜〜〜!!!」



概要

王下七武海の一人で、頂上戦争後に加入した人物。元四皇の一角"白ひげ"エドワード・ニューゲートの実の息子の肩書きを持っており、自称は“白ひげJr.”

自称“白ひげの愛人”であるミス・バッキンを母に持つ。


プロフィール

本名エドワード・ウィーブル
自称白ひげJr.
年齢35歳
身長680cm
懸賞金元4億8000万ベリー
肩書き王下七武海
覇気武装色見聞色
出身地偉大なる航路
誕生日12月10日(エドワード(10)・ウィーブ(12)ル)
星座いて座
血液型S型
好物母ーたんのキャビアおにぎり
初登場単行本80巻 第802話『ゾウ』
CV塩屋浩三

人物

一人称は「おで」。母親のミス・バッキンを「母ーたん」と呼び、「白ひげ」の事は「父ーたん」と呼んでいる。また、呂律が悪く、ハ行の発音が出来ない為、代わりにサ行の発音で喋っている(例:白ひげ→白しげ))。

白ひげを凌ぐ程の巨漢であり、体の一部にツギハギの様な傷跡を持つ。


母に吹き込まれてしまった為に、自分をエドワード・ニューゲート”の実の息子と思い込んでいる。一応は白ひげと同様に白い三日月型の特徴的なひげではあるものの、外見的に白ひげに似た部分は殆ど無く、また頭もあまり良くない為に白ひげ海賊団の残党達からは白ひげの息子と認められてはいない(但し、厄介にも肌色・髪色や体躯、腕の太さ等は少し似ている為、血の繋がった息子とまではいかずとも、遠縁等の可能性は否めない)。


かなり短気な性分なようで、口論になれば自分から殴り掛かるのもしばしばあるらしい。

また、ウィーブル自身は『父』と言い聞かされている白ひげを心の底から慕っているようで、父親の白ひげを殺害した“黒しげ”を「ぶっころしてやるんだど!!」と熱い涙を流してつつ、母に決意を語る程には仇討ちを望んでいる。

また、白ひげの財産に目が眩んだ悪徳海兵達が白ひげのゆかりの地に襲撃を仕掛けた際は、激昂して海兵達を追い払い島の住民達を守っており、それを聞いた元・白ひげ海賊団のマルコからは「ヒーロー」として認められていた。

どう見ても演技や腹芸が出来るような性質には見えない為、彼なりに抱く『父』への情自体は本物のようだ。


戦闘能力

武器は白ひげと同様に薙刀を扱い、またその実力は黄猿から強さだけなら若い頃の白ひげの様だ」と評されており、実際に大規模な戦闘で町ごと吹き飛ばして、民間人にも甚大な被害を及ぼす程である(この為、海軍の一部の兵からは「“七武海”とてこれに目をつぶっていていいものか…」と疑問視されている)。


経歴

過去

頂上戦争後に王下七武海に加盟した(加盟の理由、これまでの来歴や過去などは今の所不明)。


本人は白ひげの仇である黒ひげへの仇討ちを望んでいるが、王下七武海に加盟した後は(白ひげの莫大な遺産目を狙う)母のミス・バッキンに誘導されて、マルコを始めとする白ひげ海賊団の残党達を探し出そうとしており、その最中にA・O海賊団を始め16人の船長を討ち取っている。


第2部 最後の海・新世界編

ドレスローザ

A・O海賊団を町ごと全滅させた後、ドンキホーテ・ドフラミンゴモンキー・D・ルフィに討たれた報を世界経済新聞を通じて知り、マルコ達の居場所を知っているかも知れないルフィに興味を抱き、命を狙う。

尚、白ひげが財産の殆どを故郷であるスフィンクスの存続に使っていた実態については知らない(もしくは耳を貸そうとしていない)模様。


ワノ国

第二幕~第三幕 幕間

聖地マリージョアで行われた世界会議にて、王下七武海制度の撤廃が決定。味方であるはずの海兵達に取り囲まれ動揺したが、母から「やっちまっていいよ!!」と指示されるや否や、すぐに全員の殺害を決意した。


エッグヘッド

包囲した海兵と軍艦を本当に全滅させた上、白ひげの故郷のスフィンクスまで到達していたと判明

白ひげの財産を没収すべくスフィンクスを襲撃した海軍のラーテル大佐達を撃破したものの、折り悪く同時に海軍大将“緑牛”が援軍として来襲した為に、抵抗虚しく捕縛されてしまった。


余談

  • 登場と困惑

七武海への加入時期や他の候補の経歴との兼ね合いから、劇場版第12作目『ONEPIECE FILM Z』で語られた、ゼファーの教え子を(2を残して)皆殺しにした上で彼の右腕を斬り落とした犯人かつ、その犯行後に七武海に加入した海賊である可能性が高い。ただし、後述するように『FILM Z』は原作漫画とは直接繋がらない、パラレルワールドでのエピソードである可能性に注意)。


新世界編が開始してローやバギー等、新たな七武海のメンバーが明らかになっていく中、読者は未だ紹介されていない最後にして『FILM Z』でもその強さの片鱗が語られた七武海のメンバーの登場に大きく期待していた……が、いざウィーブルが登場すると自称・白ひげの息子の経歴や、不細工な容姿とおつむの悪さ等から落胆した声が多かった。


しかし、単行本83巻の質問コーナーSBSにて「ウィーブルが白ひげの息子はない」との投稿がされると、原作者の尾田栄一郎氏は「キミの意見、僕の思うツボです」とコメントしている。


加えて、2017年8月23日の東京ワンピースタワーにて開催された『偉大なる座談会(グランド・トークショー)』では、担当編集者・杉田卓氏(ドレスローザ後半~ゾウ編担当)が、このキャラについて尾田氏から「ウィーブルは『イケメン出しますよ!』って予告されていたキャラ」だと明かしており、既に「エドワード・ウィーブルがイケメンで格好良いと分かるエピソードが出てくる」と応えている。


登場が最低なまでに不評である状況は、尾田氏の想定した感想であり、この不評を覆し得るエピソードの予定があると判明している。当初は印象が悪くとも話を経る内に評価を一変させる例は、ワンピースにおいて枚挙に暇がなく、新世界編に入ってから明言された例としても

キャラクターが居るのに加えて、



等々の例もある為、彼が本当に『イケメンで格好良い』のかどうかは今後の物語に期待するべきだろう。

また、見た目とやり口、怪しげな出自にかなり難があるものの『利益しか考えていない母親に対して、真摯に父の敵を討とうとする子供』の構図に加え、上記のエッグヘッド編ではバッキン曰く「スフィンクスを守った為に緑牛に捕まった」等もあり、性格面において実は比較的イケメン寄りの描写が散見されている。


尚、前述の映画の犯人と同一人物の場合、白ひげがまだ健在であった9年前には既に海賊として活動しており、何らかの悪魔の実の能力を有している可能性がある。

但し、同作は原作者自らが制作に携わっているものの、原作の物語とは展開に矛盾が生じている為、パラレルワールドでのエピソードである。原作のルートでは魚人島→新世界海上→パンクハザードドレスローザゾウホールケーキアイランド……まで切れ目なく物語が続いており、『FILM Z』のエピソードが展開されるような余裕がない。

『FILM Z』の時系列は魚人島後、原作と「浮上した新世界海上の地点」が異なるパラレルであり、モベジュムール海域(映画連動特別編「Zの野望」)⇒「ドック島」⇒「セカン島」⇒「ピリオ島」(『FILM Z』)⇒「パンクハザード」となる。

その為、今後映画との関わりや詳細が原作中で明かされるのかは不明である。


更に、原作では現状七武海にが生じており、仮にウィーブルが『Z』での事件の犯人でなかったとしても、その犯人が今後七武海に迎えられる事態も考えられなくはない。

……が、956話で七武海制度自体が撤廃されてしまった為、今後ウィーブルと『Z』の関係についてどうなるのかは分からなくなっている。


また、一部考察者達によって、この人との接触が囁かれている。主な理由として『ミス・バッキンの目的である白ひげの遺産=宝の入手と彼の目的が一致する為』であり、彼にも取引材料があるので不可能ではないと思われる。


加えて、最近では海軍の新兵器が登場しており「ウィーブルはあの人物を複製した兵器の試作型失敗作なのでは?」との説も出ている。

体に継接ぎの手術痕、更に新兵器の製造方法にある技術の使用が示唆されており(更に本当のクローンまで登場した)、もしそうなら息子どころの問題では済まなくなる

更にミス・バッキンの経歴から上記の推測を発展・飛躍させた説に『ウィーブルは白ひげと金獅子ハイブリッド、果てはロックス海賊団メンバーのキマイラと推察する層も……(この推測をする層の見解では「ウィーブルの唇が白ひげよりも、シキやカイドウ等のロックス海賊団のメンバーに似ているからとされる)。


また、前述の「ウィーブルがイケメンで格好良いと分かるエピソードが出てくる」の話については、エッグヘッド編の「父ーたんの故郷に手を出すな」とスフィンクスを守る姿から「見直した」と彼を再評価する声もある一方、百獣海賊団残党のようにウィーブルも緑牛に養分を吸い尽くされ、痩せてスリムになった状態で捕まったという予想から「(養分吸収によって)物理的にイケメンになって再登場するのでは?」との考察をするファンも少なからずいるが、果たして……。


  • 声優

ウィーブルを演じる塩屋浩三氏は、過去に東の海編に登場したゲンゾウパッパグを演じていた。


関連タグ

ONE PIECE 海賊 王下七武海

エドワード・ニューゲート 白ひげ海賊団 ロックス海賊団

魔人ブウ…中の人が同じで「高い戦闘力を誇る」・「言動が子供っぽい」・「小柄な人物と行動する」など共通点も多い。

関連記事

親記事

王下七武海 おうかしちぶかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17555

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました