ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

失敗作

しっぱいさく

(1) 作ろうとして上手く行かなかったもの。(2) とあるクリエイターが「失敗作」と称する作品。
目次 [非表示]

失敗作

失敗作(しっぱい さく)とは、ろうとして上手く行かなかったもの。失敗と見做す作品


上手に作れなかった料理、思うように表現できなかった作品、成果が少なかったりトラブルを起こしてしまったりした製品想定外問題が発生してしまった建造物、等々。

毒親に「失敗作」などと言われてしまう可哀想子供や、自らをそのように評価してしまう大人も、世の中にはいる。


他方、失敗作がセレンディピティ (cf.Wikipedia) を通じて大きな成功に繋がった例も世界には数多く存在する。

身近なセレンディピティの例として、貼って剥がせる低粘着性の付き付箋ポスト・イット」があり、これは、強力な接着剤発明しようとして正反対どうしようもない低粘着性の失敗作を生み出してしまったが、そこに天才閃きが働いて便利な発明品を爆誕させたというものである。

英語

英語では、様々な表現で「失敗作」を表す(※a)。

とりわけ面白いのは、「失敗作」「売れない製品」「時代遅れ」などを意味する "Edsel(音写例:エドセル〈cf.Wikipedia〉)" で(※b)、これはフォード社の自動車 "Edsel" が多額の宣伝費を投じられながら消費者からそっぽを向かれて悲惨な売上高を計上してしまったことに由来し、その名が「失敗作」の代名詞になったものである(※b)。

また、映画演劇などの興行の失敗については、様々な言い回しが存在する(※a,c)。

pixivでは

pixivでは、自らの作品を「失敗作」と公言する作者を見掛けることがある。

ただ、物事の評価はおしなべて人それぞれであるため、他者が作者の自己評価に共感するとは限らず、どこが失敗なのか判らないといったようなことも珍しくない。

それは、巨匠と呼ばれているような才能溢れるクリエイターでも同様で、ファン名作賞賛してやまない作品でも、作者自身は駄作もしくは失敗作と感じているなどということが、ままある。


一方、pixivで「これはひどい」タグを設定される作品の中に、作者側の評価と関係なく閲覧者側が失敗作と感じる作品も、わずかながら含まれている可能性がある。

関連イラスト

世の失敗作

近視の姉#42近視の姉#27残念なオムライス目玉焼き

左から順に(以下同様)。

1. 手作りチョコ (cf.) に挑戦して失敗してしまったおねえさん

2. オムライスケチャップ文字でもしくじるおねえさん。

3. こちらはオムライスの成形で盛大にやらかしている失敗作。

4. あ! フライパンから勢いよく飛び出す目玉焼き。ここからのリカバリーは無理っぽい。

ピラミッド・パワーガンプラっぽいパンジャン世​界​修​復​​ スペイン フ​レ​ス​コ​画偉大なる修​復​センシティブな作品

5. 古代エジプトピラミッドも、その建造時代の黎明期には、重力克服できずに途中で崩壊が起こったためにやむを得ず角度を緩めて完成させている、「失敗作」とも言える「屈折ピラミッド (cf.Wikipedia)」の存在が知られている。

6. パンジャンドラムは「しくじり兵器」の筆頭とも言える世紀の大失敗作。なぜ戦場で通用すると思ったのか、わけがわからないよ。なお、史実では役立たずもいいとこだったので、このイラストのように量産なんてしてません。

7. フレスコ画 "Ecce Homoこの人を見よcf.〉)" の修復は、美術修復史上に残る大失敗作で、「キリスト」と揶揄された。

8. pixiv作品。作者のキャプションによれば、生体実験 (cf.) で生み出された失敗作とのこと。しくじり兵器としての人造兵士とか、そういうことか。

自称「失敗作」

まってまっておかしくなった何度も何度も描きなおしてもダメだった・・・(失敗)失敗。失敗作

1. 描くほどにどんどん修正が利かなくなってしまったらしい。あるある

2. デッサン力の不足が招いた失敗。これは初心者あるあるで、練習あるのみ。

3. どこ見てんの、怖いって。黒目)の描き方がマズくてそうなってる。この人の初期作ので、けど、この後に続く十数作品目あたり、期間にして1年と3か月ほど後には改善されてる。

4. 言うほど悪くはないと思うんだけど、作者は気に入らなかったらしい。思ったように彩色できなかったってことだろうと推定。

無題ホンキ!

5. 作者は失敗作と言ってる。どのへんが? 表情がキツすぎるところ、確かにキャラクターに合ってないかもしれないけど、そのつもりで描いたんだろうから、いいと思うんだけどなあ、見てる側としては。でも、本人が言ってるのを否定なんてできない。

6. 松岡修造とのことだけども、失礼ながら、確かにあんまり似ていないかも。

Ibの「失敗作」

フリーゲームIb』の ver:1.04以降に登場した、ゲルテナの作品の一つ。

失敗作

2周目以降の追加ダンジョンに登場する作品の一つ。顔を黒く塗りつぶされた灰色の服の男の肖像画で、「失敗作」と銘打っておきながらしっかりと額縁に納められてたりする。

所謂無個性赤い服の女のように絵画から突然飛び出してきて、接触するとダメージを受けてしまうのだが、顔を塗りつぶされているせいか、プレイヤーを認識して追っては来ない。もっとも、こいつの場合はそのいびつな動きがかえって不気味なのだが。

ゲルテナがどういった経緯で彼を失敗作と銘打ったのかは、ゲルテナ作品である無個性等を眺めていると自然と分かるかもしれない。もしかすると「作者に失敗と断じられて顔を消されてしまった絵」として、意図的に無様な姿に描いた皮肉な作品なのではないか、という見方もできなくはない。

脚注

出典

※a 「失敗作」『英辞郎』(cf.)

※c "Edsel" 『英辞郎』

※b "turkey" 『英辞郎』

関連タグ

失敗 作る 作品

関連記事

親記事

作品 さくひん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 774687

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました