2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ゲルテナ作品

げるてなさくひん

フリーゲーム『Ib』に登場するゲルテナが製作した美術品のこと。 ただし、この記事で紹介されているものの中には作者が不明のもの、 作品かどうかも怪しいものも存在する。 記事の都合上ネタバレの可能性もあるため、 初見ではこの記事を見ずにプレイすることをオススメします。
目次[非表示]

1階に飾られていた美術品

悪意なき地獄
 深海の世の近くに飾られていた大きな作品。
深海の世
 床に描かれた作品。
 青い液体に導かれイヴが不思議な世界に迷い込む際に通った場所でもある。
精神の具現化
 大きな薔薇の作品。
 作品の意味が書かれているようだが幼いイヴには読むことができない。

星と鉱石の煌めき
 ガラスケースで展示されているアクセサリー作品。
 リメイク版では茶の間に展示されている。

蛇蝎の精神
せきをする男
ある丘から見た空
個性なき番人
地平線の風景
波打ち際の孤独
対極の器
 リメイク版では2階に展示されている。

永遠の眠り
 リメイク版で追加された絵画作品。

2階に飾られていた美術品

吊るされた男
 吊るされた男性が描かれている作品。
 ゲーム開始時、この作品の前にギャリーがいる。
 あるエンディングに到達すると作品が別のものに変わっている
無個性
 首のない女性の作品。
 不思議な世界ではプレイヤーを追いかけまわしてくるものと、
 美術館同様、全く動かないものがいる(その場合、道を塞いでいる場合が多い)。
赤い服の女
 赤い服を着た女性の作品。
 不思議な世界では「キャンバスの中の女たち」の1つとして、赤い服に加えて青い服・緑の服・黄の服と別の色の服を着た作品がいくつも存在し、
 無個性同様プレイヤーを追いかけまわしてくる。
 また、虚空を見つめる女と言う作品も存在する。

指定席
 白いソファに複数の赤い線のような模様が入った作品。
 不思議な世界では「ふたり」と同じ部屋に飾られており、座ることが可能。

???の世界
 2階でイヴが見つけた大きな作品。
 この作品を確認したことにより物語が大きく動き始める。
 リメイク版では3階の休憩スペースに飾られている。

新聞を取る貴婦人
双塔
テーブルに置かれた静物
不格好なダイヤ
苦味の果実
世紀末の情景
警戒心
口直しの樹
黒い姿の君
心配
 リメイク版では同名で色違いの作品が茶の間にも展示されている。
融解
 リメイク版では1階に展示されている。
悟り
 リメイク版ではゲルテナ展の展示には無く、紫の間に飾られている。

青の間

青い鍵の部屋の女
 正式名称不明。バラを入手した先の青い鍵のある部屋に飾られている。
 額縁から長い髪の毛がはみ出ており、不気味な印象を与える。鍵を取ると…。
 なお、作品の前に解説があるが、この絵画の解説ではない。

幾何学模様の魚
 イヴではタイトルを読めないため、
 真・ゲルテナ展登録のためにはギャリーをここまで連れて戻る必要がある。

緑の間

昆虫などの生き物の絵の作品
 正式名称不明。不思議な世界に入って鍵のついた扉を開いた時に確認できる作品。
 入ってすぐにてんとう虫蜘蛛が、奥の方にが、
 右隣に芋虫からになるまでの第一章から最終章までの作品が、
 その奥に蜘蛛にとらわれているエピローグが飾られている。
 解説の無い作品も、ちゃんと調べないと真・ゲルテナ展に登録されないので注意。
 (調べなくても登録される作品もあるが…)

黄の間

かくれんぼ裸体切り裂き手形落ちるイヴ
 正式名称不明だが、プログラム内に名前がある。
 「かくれんぼ」以外はかくれんぼゲームのハズレのカーテンの中にいる。
 ハズレの絵はそれぞれイヴやゲームやプレイヤーにまで影響を与えてくる。
 一部ギャリーがいるとコメントをする絵がある。

唾液を飛ばす絵画
 正式名称不明。へらへらとした顔でプレイヤーが傍を通ると唾液を飛ばしてくる作品。
 唾液を踏むとダメージになる。作品かどうか不明。
 Pixivでは、ペロリストやぺロスと呼んでいる人もいる。

猛唇
 正式名称不明。壁にある唇。作品ではないと思われるが一応記述。
 腹(?)を空かせており、空腹を満たすものを欲しがっている。

ウソつきたちの部屋
 嘘をつくことが常識の女性たちの作品が飾られた部屋。

木に生ったリンゴ
 木でできた作品についていたリンゴ。
 本物ではないようだが甘い香りがする。
 リメイク版には登場しない。

薔薇
 正式名称不明だがプログラム内に名前がある。

板前の腕
処刑の過程

ゼンマイじかけの植物
 リメイク版で追加された作品。
 透明な鉢に植えられた植物のオブジェは、双葉のゼンマイを巻くと……。

赤の間

うっかりさんとガレッド・デ・ロワ
 クレヨンで描かれた絵本。小さな女の子のお話。
 (※作者がXXXXとなっており、本当にゲルテナ作品かは不明。)

息吹
魂を啜る群衆
うん
孔雀模様
タバコを吸う紳士
心の音
心の傷
永遠の恵み
布の下の廃村
抽象的な絵画

生ける山
 リメイク版で追加された絵画作品。

灰の間

花を欲す青い絵画
 正式名称不明。Pixivでは「おはなちゃん」という名前で呼んでいる人がいる。
 狂った様に笑っており、正直言って危ない。そもそも作品かどうかも不明。
 選んだ選択肢次第では、初見殺し的存在でもある。

花嫁花婿
 正確には嘆きの花婿嘆きの花嫁という名前。
 彼らの前には、手を模した悲しき花嫁の左手悲しき花嫁の右手という像がある。
 あるイベントを起こすと絵画の名前が変わる。

ワインソファ
 ワイングラスが斜めにカットされてソファになっている作品。
 ギャリー曰く、「座りにくそう」とのこと。

パズル
感情
憂鬱
無題
アンバランスな箱
あずかりし真心あずかりし心臓
(この二つは、ある条件で展示される物が変わる。)
 リメイク版では、あずかりし心臓は紫の間に展示され、あずかりし真心は登場しない。

ふたり
 イヴいわく、イヴの両親の絵。
 リメイク版では題名が無くなっている。

マネキンの首
 首だけのマネキン。作品であるのかは不明。
 いっぱいある。俗称・スケキヨ

香りに敏感な針猫
 リメイク版で追加された絵画作品。
時の番人
 リメイク版で追加された作品。
 「扉の番人」という似たような作品が茶の間にも追加されている。
新聞を読む貴婦人
 リメイク版で追加された絵画作品。
 「新聞を取る貴婦人」と似ているが、関連性は不明。
赤き衣のステップ
 リメイク版で追加された作品。
金を自慢する貴族
 リメイク版で追加された作品。
 手には金色の鳥を持っているが……。

虚空を見つめる女
 リメイク版で追加された絵画作品。
 ギャリーいわく、他の絵画の女たちとは雰囲気が違い、気味が悪く感じるらしい。

紫と茶の間

赤いボタン
青いボタン
緑のボタン
 リメイク版には登場しない。

赤色の目
 かわいらしいの姿の絵画。
 ただ、ギャリーはこの作品がかわいいとは思えないと言っている。
 ギャリーが単独で部屋を見に行くと全く違う絵画になっている。

青い人形
 正式名称不明。赤い目に青い身体、服を着た人形。
 ゲルテナの作品であるのかは不明。イヴとメアリーには認識されずギャリーが単独の状態でのみ確認でき、単独行動中のギャリーの前に何度も登場する。

カサをなくした乙女
 傘をなくした少女の作品。
 傘を取り戻すとカサを差す乙女に名前が変更される。

青い人形の部屋
 青い人形が大量におかれ、奥に大きな青い人形の絵が描かれた絵画が飾られている部屋。
 厳密には作品ではなく、ギミックだと思われる。

ミルクパズル
月夜に散る儚き想い
決別やめろ
争いの矛先
嫉妬深き花
ピエロ
星と鉱石の煌めき
深層
ミドリのよる
あずかりし心臓
聞き耳告げ口
釣り針釣り人
ジャグリング
落下した星
ピエロ
寡黙な視線
皮と鱗
天の糸

憧れ
 リメイク版ではひらがなであこがれとなっている。
1つの鍵穴
 リメイク版には登場しない。

連作 同体の2匹
 リメイク版で追加された絵画作品。
 よく似た大蛇の絵が、紫の間と茶の間両方に展示されている。
扉の番人
 リメイク版で追加された作品。
 灰の間にある時の番人との関連性は不明。
干からびた螺旋生物
 リメイク版で追加された作品。
 カタツムリなどの生物を模った4つのオブジェが並べられている。
回転
 リメイク版で追加された絵画作品。
 絵画は実際に回すことができる。

橙の間

挑発
隠した秘密
さぼり癖のある秒針
既視感
執拗な双子
晴天の彼方零れ落ちる夜空
失敗作
キャンバスの中の光源
見世物の血
手の届かぬ場所
社交界の女王
夜更かしをする男寝起きの悪い男
恨みの正体
葡萄
捕らわれの炎
大きなヘビ
 リメイク版には登場しない。

以下5点はリメイク版にてタイトルが追加された作品。
赤き球体
読みかけの小説
鮫の頭部
いれたての紅茶冷めきった紅茶
小さきものの住み家 

深海の間

環状の女
弾力のある石
死後の逢瀬
呑み込める夜
余白の美
あたたかな居場所
色の無い花々
未完成の少年
色彩の暴力
誘う宝石箱の魔窟
不眠症の棺
 リメイク版では不眠症の死者となっている。
単眼の微笑み
 リメイク版では『習作・単眼の微笑み』となっている。

以下3点はリメイク版には登場しない。
3羽のカラスと5匹のサカナ
覗い
コペルニクス的転回の展開

5時間前の風景5時間後の風景
 リメイク版で追加された絵画作品。

ゲルテナ

???

最後の舞台

(以下、ネタバレ注意!)
あるED時の『吊るされた男』
少女の絵画

ゲームの都合上、真・ゲルテナ展に載らない作品。理由はおのずと分かります。

暗い美術館の音色

ボツネタゲルテナ作品

2012年7月現在で、ゲーム内には登場しないものの、ボツネタとして公式で発表されている作品。
ボツネタでありながら、作品が投稿されているものもある。

ミルククラウン・ドレス
アダムのかけら
落ち葉拾い

関連タグ

Ib イヴ ギャリー メアリー 
ゲルテナ

他の記事言語

Guertena Works

関連記事

親記事

ゲルテナ げるてな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゲルテナ作品」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゲルテナ作品」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349652

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました