ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

別世界の美術館に迷い込んだイヴギャリーが出会った女の子。名前の綴りは「Mary」。
金髪碧眼の美少女で、深い緑のワンピースに青いリボンスカーフを身に付けている。所持している薔薇の色は黄色。
二人と出会った時には警戒していたが、本来は明るく無邪気な性格で、可愛いものや美味しいもの、遊ぶことなどが大好き。

外の世界にいる父親に会いたがっており、ゲーム中盤からイヴ達と行動を共にするが…。

人気イベントの多くが本作の重大なネタバレとなってしまうキャラクターでもあり、メアリーを検索することそのものが作品の根幹に触れることに等しい。
ちなみに彼女が仲間になってから前に通った場所を再び調べると、新たにイベントが発生する場所もある。

関連イラスト

深淵へ再び
Ib7周年


无题
Mary


関連タグ

Ib イヴ(Ib) ギャリー フリーゲーム
メアリーまじメアリー 黄薔薇

カップリングタグ

メアイヴ イヴメア
ギャリメアメアギャリ
偽ャリメア

他の記事言語

Mary (Ib)





















この先ネタバレ注意




















「存在を交換することにより 空想が現実に成り得る」

きいろい花


メアリーの正体はゲルテナによる生涯最後の作品。比喩表現ではなく、本当に絵画から抜け出てきた美少女だった。
そのため、創造主であるゲルテナのことを「お父さん」と呼んでおり、彼女が持っている黄色い薔薇は造花。

薄暗く寂しいゲルテナの世界でずっと"外の世界"を夢見ていたメアリーは自分の夢を叶えるため、彼女に代わってゲルテナの世界の存在となる者として、やむを得ずも迷い込んだイヴとギャリーを利用しようとしていた。
そのためゲームシナリオにおいての役割は敵寄りで、あまり良くない印象を持っているプレイヤーもいるかもしれない。
しかし、前述のようにゲルテナの世界でずっとひとりぼっち、それ故に彼女に良し悪しを教える存在もいなかったこと、探索中に話しかけると頻繁に外の世界への憧れを目を輝かせて語る様子などを考えると、一概に彼女を悪役とは言い切れない。

絵空事の世界


イヴとギャリーは彼女にとって初めての"友達"という存在であり、特にイヴは同年代かつ女の子同士だったからか非常に気に入っていた。
そんな中でずっとイヴと一緒にいたかったのか、自分より前から行動を共にしていたイヴとギャリーの関係が羨ましく思ったのか……彼女はある時、イヴに問いかける。
「もしもここから出られるのが二人だけだったから…イヴは誰と外の世界へ行きたい?」と。
この選択肢は後のエンディングにも影響を与える。

この発言をはじめ時折見られるイヴへの執着心はヤンデレとして扱われることも。
道中、ギャリーによって正体が明かされてしまったために彼とメアリーの間に決定的な亀裂が生じてしまうが、本心では彼を本当に嫌ってはいなかったことも作中で明示されている。

結末
結局、彼女の夢が叶うEDはひとつだけ
夢が叶えられない場合、ひとつはそれでも今までに無い程幸せな笑顔を見せるED、もうひとつは今までに無い程絶望的な泣き顔を見せるEDがある。

それまでメアリーの心情が見える描写は少なかったが、アップデートにより後者二つのEDが追加され、メアリーを操作できる仕様になって初めて彼女の心情の数々が明かされた
さらにメアリーの日記やらくがきなどの要素も追加されており、そこに記されているのは切ないことに、健気な少女の思いである。
この追加要素によって過去プレイヤーの数多くが彼女に対するイメージを塗り替えたことだろう。

しかし彼女の夢が叶うEDにも不完全な部分は残されており、作品的にクリアといえるEDでは幸せな彼女の姿を見ることはできない。
3人で外の世界へ出る新EDを待ち望むプレイヤーも多いが、作者曰く「これ以上の追加EDはない」とのこと。
…あったとしても、美術館のルールが厳然と存在する以上、こればかりはどうにもならないのだが。

関連イラスト(ネタバレ有ver.)

ある絵画の末路
Mary


あのね、
君が作品になったら


真の関連タグ

ダークヒロイン 哀しき悪役 憎めない悪役
パレットナイフ

関連記事

親記事

Ib いゔ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メアリー(Ib)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メアリー(Ib)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3672588

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました