ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

生物名

正しい表記は「SPHINX」

海底大監獄インペルダウンの「レベル2 猛獣地獄」に牢番として放し飼いにされている巨大な人面のライオンで、上半身と前足に羽毛が生えているのが特徴。飛ぶこともできる模様。

 

囚人たちがヒマ潰しとして単語を覚えさせて遊んでいるが、なぜかそのほとんどは麺類。

そのため食べ物(主に麺類)の単語ばっかり喋る。

レベル2の猛獣たちのリーダー格だが、レベル5に放し飼いにされている「軍隊ウルフ」はこのスフィンクスすら食べてしまうほどの狂暴さだという。


 

地名

偉大なる航路の後半"新世界"にある村。

かつては世界政府加盟国世界貴族に払う「天上金」すら払えないほど貧しい国で、ここで孤児として育った元四皇"白ひげ"エドワード・ニューゲートが村をつくり、海賊稼業で得た自身の取り分をすべて送っていた。


白ひげが亡くなった現在は、白ひげ海賊団の一番隊隊長だったマルコが遺志を継ぎ滞在している。


なお、この村には上記の動物のスフィンクスもいるため、片方がもう片方の由来になった可能性がある。こちらの個体は穏やかな性格をしている。


備考

ちなみにスフィンクスといえばエジプトであるが、伝説では旅人に問題を出していたという(朝は4本足、昼は2本足、夕は3本足。答えは人間)。この伝説が関わるか自体は現状不明。

また、“スフィンクス”自体はギリシャ語。作られた当時のエジプト語の現地での呼び方は今となってはほぼ謎である(現代のエジプトはアラビア語なため。)


関連タグ

インペルダウン 偉大なる航路 新世界


エドワード・ニューゲート マルコ

関連記事

親記事

新世界(ONEPIECE) しんせかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました