2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

偉大なる航路』後半「新世界」に存在する、世界政府直轄の島。
島の中央から半分ずつ灼熱の地極寒の地で分かれており、かつては世界政府科学者Dr.ベガパンク研究所が設置されていた。元々研究所があっただけあり、科学者達の研究の痕跡が島のあちらこちらにあり、人工的に作り出されたドラゴンなどが生息している。

現状に至るまでの経緯

当初、この島は美しい緑豊かな島であった。
しかし世界政府が研究所を置くとそこの動植物を使って実験が繰り返されるようになり、ついにはよそから囚人を連れて来て人体実験なども始めだした。

そんなある日、政府No.2の科学者シーザー・クラウンが、自らが開発した毒ガス兵器を島内で発動してしまい研究所が爆発。
毒ガスが立ちこめたことで生物が住めない荒野と化してしまい、立ち入り禁止区域となった。

シーザーはこの責任を問われ失職し、投獄される事になったが、途中で脱獄し、以後3億ベリーの賞金首となりながらも、自らが壊滅させたパンクハザードで密かに兵器の研究活動を続けていた。

それから月日が経ってガスが薄まり、政府は2年前に人間が立ち寄れる程になったのを確認。そして海軍元帥の座をかけた当時の大将"青雉”と"赤犬"が決闘を行い、10日間にも及ぶ激闘の末、島は現在の灼熱と極寒の地に分かれてしまった(なお、決闘に関しては赤犬が勝利している)。
ちなみに島の中央にあるは、2人が戦った爆心地のような穴に、島に入った巨大な裂け目から海水が流れ込んで形成されたものである。そのため、サメが生息している。

原作での関わり

主人公ルフィ率いる麦わらの一味の新世界最初の冒険地として登場する。そこでは、王下七武海となったかつての超新星トラファルガー・ローが島に隠れ住んでいた元政府科学者シーザー・クラウンと共同生活を送っていた。冒険の過程でルフィとローは四皇の一人を標的とする海賊同盟を組むことになる。

本編では、これに加えて、一味を追ってやって来た海軍G-5支部スモーカー部隊、自身の息子モモの助をパンクハザードの研究所に探しに来たワノ国の侍錦えもん、シーザーの協力者で王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴの部下でもある海軍G-5支部基地長のヴェルゴ(スモーカーたしぎ達の上司)などが入り乱れ、大混戦となった。

また、戦いが終結すると、今度はシーザーの協力者であるドフラミンゴが、ロー達より先にシーザーの身柄を確保するためを送り込んだ他、ドフラミンゴ本人や元海軍本部大将クザンまで現れるなど、サプライズ展開が連続する。

また、本編ではローの能力により一味の一部やスモーカーとたしぎの人格が入れ替えられるシーンがあり、自分の体に興奮するナミ、薬学に詳しいサンジ、女々しいサンジ、目つきや態度の悪いチョッパー、女々しいフランキー、女々しいスモーカー、ワイルドなたしぎなどが見られる他、海賊嫌いのスモーカーが訳あって泣く泣く一味やローと共同戦線を組んで戦うシーンなど、作中では珍しいシーンが数多く見られる。

主要人物





  • モモの助(シーザーに誘拐されてきた子供の1人、錦えもんの息子)
  • モチャ(シーザーに誘拐されてきた子供の1人)



島の生物

ドラゴン十三號

プロフィール

名前ドラゴン十三號
出身地パンクハザード
年齢不明
誕生日6月3日
星座ふたご座
全長70m以上
体長95m以上
体重1.8t以上
好物侵入者の肉


Dr.ベガパンクが護衛用に造り出した人工生物。13回目の実験で漸く成功し誕生したことから天竜人によって名付けられた。
元来は想像上の生き物とされており、島を訪れたルフィたちを驚愕させた。翼で空を飛び、口からは火を吹く。頑丈な鱗や強力な牙を持つ。どんな環境にも適応できる。
『ONE PIECE magazine Vol.5』の「怪物図鑑」によると、骨はカーボンに近い性質で、丈夫なだけでなく強い気流に耐えて飛べるほどの軽量さを併せ持つ。体内に発火とガスの生成を担う火炎放射器のような器官があり、自らガスを生成可能。唾液は可燃性でに近い性質を有している。火を吐くために必要な酸素を一気に取り込むため鼻の穴が大きい。

作中では燃える島にて護衛の役割を担っており、ルフィ達を襲ったものの、ゾロの「死・獅子歌歌」で首を斬られて絶命し、ルフィ達の食料にされた。

進化型である小型の竜も存在し、こちらは機動力と耐久力がさらに高い。性格は凶暴で、鎮静剤を使わないと扱いが難しい。

スマイリー

詳細はリンク先を参照。

関連タグ

ONEPIECE シーザー・クラウン モネ ヴェルゴ
トラファルガー・ロー スモーカー たしぎ 錦えもん

本編の流れ
魚人島編→パンクハザード編→ドレスローザ











※1035話のネタバレ注意











1035話にて、とある2人の過去を追った1ページから、この島が人体実験に使われていたという、高い可能性があることが判明した。(そのページの1コマに、PH-006と描かれた建造物があったことからほぼ確実である。)ちなみに、この過去編から、パンクハザードが、今も世界に名を馳せる最強候補の一角である海賊団の始まりの場となってしまったこともわかった。

そう考えると、後にはこの島にあった失敗作の悪魔の実を食べて能力者となり、その失敗作の悪魔の実のベースとなった能力の因子を持つもこの島で実験を受けており、そして2人の陣営があの国で戦っているのを見ると何とも、運命とは数奇なものである











※1066話のネタバレ注意











22年前のベガパンクの肩書が「海軍 パンクハザード研究所 所長」となっていたこと、彼の乗る船の帆に「PH」と書かれていたことから、上記の回想に登場した研究所はパンクハザードにあったもので間違いないと思われる。

関連記事

親記事

新世界(ONEPIECE) しんせかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1719304

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました