2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

双子座

ふたござ

双子座(Gemini)とは星座の一つで、12星座の一種である。 5月21日~6月21日生まれの人は、この星座になる。
目次[非表示]

概要

 西洋占星術における黄道十二宮双児宮にあたり、だいたい5月21日~6月21日前後に太陽に留まる。
 ギリシャ神話では双子ディオスクーロイが星座になったと云われており、カストル(α星)とポルックス(β星)の2つの明るい星の名前は、その双子が由来である。

神話

女たらしに定評のある大神ゼウススパルタの美貌の王妃・レダ(軍神アレスの孫なので曾孫に相当)に目をつける。
だが彼女は貞淑な人妻であったため、まともな誘惑では落とせないと見たゼウスは白鳥に化け、鷲に追われると見せかけた。これを見て憐れんだレダは咄嗟に白鳥を抱きしめて庇い、これに乗じてゼウスはまんまと想いを遂げる。

こうして白鳥の姿のゼウスと交わった結果として後にレダは二つの卵を生む
この卵は女の子の双子が入っているものと、男の子の双子が入っているものだった。
このうち後者から孵化したのがカストルポリュデケウス(ポルックスはラテン語表記)。前者から孵化した女子の双子はクリュタイムネストラとヘレネと名付けられ、2人ともがトロイア戦争とその後の顛末に大きく関わっていくこととなる。

兄のカストルと姉のクリュタイムネストラはレダが元々妊娠していたテュンダレオスの子であり、ただの人間なのでいずれ死ぬ運命にある。
対して弟のポリュデケウスと妹のヘレネはゼウスの子つまり半神で、不死性を獲得している。

成長に伴い、弟のポリュデケウスはゼウスの血を引き神性を帯びていく。しかし二人はそんなこともつゆ知らず、カストルは乗馬に、ポリュデケウスはボクシングに熱中していた。
やがて二人は逞しい青年に育ち、従兄弟の双子(テュンダレオスの異父兄アパレウスの息子たち)イダスとリュンケウスと共にアルゴ号の冒険にも参加し、武勇を轟かせた。

ベブリュクスでは旅人に拳闘試合を挑んでは殴り殺していた暴君アミュコスに対してポリュデウケースが対戦。ボコボコのタコ殴りにして返り討ちにし、襲ってきたベブリュクス人もアルゴナウタイによってことごとく殺された。
また航海の最中に暴風雨に遭遇し、あわや沈没かという危機になった。しかし竪琴の名手オルフェウスが琴を弾いて神に祈ると、双子の頭上ににわかに星が輝き、暴風雨がおさまったという。この神話により、双子は航海の守護神としても崇められた。
これにあやかり、航海中に悪天候に遭遇した時、マストの先端などに「セントエルモの火」(放電現象により生じる鬼火)が2つ生じるとかの双子が天より降りてきたものとされ、天候が回復すると信じられていた。

アルゴナウタイに参加した勇士ペイトリオスは妻ヒッポダメイアを亡くした後、後添えを探そうと考えた。そこでマブダチにしてミノタウロス退治の英雄、アテナイ王テーセウスに「絶世の美女と噂されるヘレネーを攫って嫁にしようぜ」と持ち掛けた。
その頃テーセウスも妻パイドラーを亡くしたばかりだった為に「ヘレネーの略奪に成功したらくじを引き、勝った方がヘレネーと結婚し、負けた方の為にもう一人ゼウスの娘をさらってくること」という、よく考えるとだいぶアレな誓いを立てる事となった。
首尾よくヘレネーの誘拐に成功した二人だったが、当時ヘレネーは12歳と、古代ギリシアの倫理からしても立派な犯罪だった。更に妹の誘拐を知ったカストルとポリュデウケースは大激怒、執念深く犯人を捜し始める。
くじを引いて勝者となったテーセウスだったが、このままではアテナイとスパルタとの全面戦争になると考えた。そこで母アイトラーの許にヘレネーを預けてとんずらしたが、程なくして双子がアテナイに到着。妹を取り戻した上でアイトラーを人質にして帰還する。
かくして国民に内緒で不義をはたらいたとして、哀れテーセウスは王位を追われる事となった。
その後ペイトリオスはこりもせずゼウスの娘を嫁にしようと考え、よりにもよって冥府の女王ペルセポネに狙いを定める。テーセウスは嫌な予感がしたが先の誓いのせいで同行せざるを得なくなり、愛妻の危機を知ってカンカンになったハデスの策略でひどい目に合わされるのだが、それは別の話である。

後にカストルとポリュデケウスは、従姉妹(テュンダレオスの異父兄レウキッポスの娘たち)であるヒラエイラ(処女神アテナの巫女)とポイベー(処女神アルテミスの巫女)という姉妹を拐し、既成事実を作り、結婚することとなる。
この略奪婚によってカストルとヒラエイラの間にはアナキシアス、ポリュデケウスとポイベーとの間にはムネシレオスという息子たちが生まれる。
しかし、姉妹の従兄弟であり婚約者であったリュンケウスはこの略奪婚を恨み、イダスと共に主へ敵対する事を決める。合同結婚式で酒を飲んで暴れ、そのことを叱責されると腹いせにカストルとポリュデケウスの飼っていた牛をみんな盗んでしまった。

憤激した双子は牛を奪い返すが、不運にもカストルはイダスの投げつけた槍に貫かれ、命を落としてしまった。
ポリュデケウスも兄弟の攻撃を受けるが、神の血を引くため致命傷にはならない。ポリュデケウスは槍を奪ってリュンケウスを刺殺するが、直後にイダスに石で殴り倒されて気を失ってしまう。
イダスはポリュデケウスの息の根を止めるために襲い掛かる。
しかし、その手が振り下ろされるよりも早く、雷光がイダスを貫いた。雷を落としたのは、ポリュデケウスの父であるゼウスだった。
目を覚ましたポリュデケウスはカストルの死に慟哭し、雲の上のゼウスに向かって叫んだ。

「我が父、大神ゼウスよ! 私の命を捧げます! だから兄さんを生き返らせて下さい!! 兄さんのいないこの世で生きていても、それは生きているとは言えません!」

自らの招いた不祥事であるとは言えこれを反省したゼウスはハデスに頼み込み、ポリュデケウスの命を半分カストルに与えた。
こうして、二人は1日おきに天上界と人間界で暮らすことが出来るようになった。
永久に消えぬ兄弟の絆を称えるため、ゼウスはその姿をふたご座として天に遺したのである。

美少年として描かれる事が多いが、前述の通り、古代ギリシャ有数の脳筋文化都市であるスパルタの出身。すなわちムキムキマッチョである。
しかも、出身地とされるスパルタでの扱いは軍神であった。

黄道十二宮の特性

属性は。守護惑星は水星
太陽星座では、明るく社交的な行動派で、他者とのコミュニケーションを大事にする。
一方で他者からの評価を気にするところがあり、多弁が過ぎてトラブルを招くこともある。
月星座でのふたご座生まれは知性が幼少で止まる傾向があり、基本的に文章を纏めることに難を持ちやすい。また、責任に対する考えも浅く、都合が悪くなれば即座に逃げやすい傾向もある。
人付き合いは広く浅くになりがちな新しもの好きのため、「飽きっぽい」や「堪え性のない」人と見られがちである。FBI調べでの星座別犯罪傾向では、12星座の中で重犯罪とは縁が薄いが、詐欺で捕まる度合いが多いとされている。
トラブルメーカーの面もあり、突然カッとなって暴れだし、暴言を関係ないところにまでぶつける悪癖がある。逆にネガティブな精神状態が続くと這い上がることは困難であり、に陥りやすい。

肩に関連する星座のためか、五十肩になりやすい。精神では気分変調症になりやすい。

関連キャラクター

神話と同様に双子のキャラクターが目立ち、血縁が無くても二人一組である事が大半。
だが出典で命を分け合う位仲の良かったカストル&ポルックスとは異なり不仲だったり対立していたり、酷い時は命を狙い合っている連中すらいたりする。何でだよ。
一方、二人組でない場合は多重人格などの要因で二面性を抱えているケースが多い。
神秘性から強キャラになる例もちらほらあるが、そう言う時は大抵が敵対する側だったりする。

聖闘士星矢

特撮

アニメ

漫画

ゲーム

その他

  • Sollux Captor、Mituna Captor、The Ψiioniic(Homestuck


関連タグ

十二星座牡羊座 牡牛座 双子座 蟹座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍座 射手座 山羊座 水瓶座 魚座


ふたご座 双児宮 Gemini/ジェミニ 双子  井宿(二十八宿)
黄道十二星座 黄道十二宮 星座 占星術 神話 ギリシャ神話

白鳥座:この時ゼウスの化けた白鳥がモデル。

他言語記事

Gemini

関連外部リンク

ふたご座 - Wikipedia
ふたご座とは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

十二星座 じゅうにせいざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「双子座」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「双子座」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2141525

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました