ピクシブ百科事典

ガンダムジェミナス

がんだむじぇみなす

新機動戦記ガンダムW G-UNITに登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

機体解説

基本情報(宇宙用ユニット装備状態)

型式番号OZX-GU01A/OZX-GU02A
全長17.3m
重量7.9t(本体)/10.2t(装備有)
装甲材質G-METAL(ガンダニュウム合金)+ルナ・セラミック+ファインケプラー
出力5479kw
総推力96365kg

コロニー連合の支配を離れOZの傘下に入った工業コロニー、MO-V(ファイブ)の
Drペルゲが開発したモビルスーツ
全身のパーツを換装することによって特性を変化させる事が可能であり、またバーネット兄弟のみに扱える高出力モード、PXシステムを搭載している。

当初はオデル・バーネット用の黒いジェミナス02、アディン・バーネット用の白いジェミナス01の二機が存在したが、オデルが戦闘中に行方不明になるとペルゲはOZプライズに参加し、回収した02をガンダムアスクレプオスに改造した。
一方MO-V側はエルオーブースターを完成させるが、以降劇中では両機の装備変更はなされなかった。
また、後半ではアスクレオプスの発展機としてガンダムバーンレプオスも登場している。


バリエーション

ガンダムエルオーブースター

物語中盤からジェミナス01に装備された、高速戦闘用ユニット。
レーダー・センサー類も強化されており、リーオータイプのMSが捕捉出来ないほどの遠距離から接近する機体を攻撃する事ができる。
両肩のバインダー部はスラストビームキャノンを兼ねており、簡易変形によるMA形態でも使用できる。

ガンダムアスクレプオス

OZプライズ側が回収したジェミナス02を強化改造した機体。
当初はロッシェ・ナトゥーノが搭乗したものの、機体を使いこなせないと判断したペルゲの判断によりシルヴァ・クラウンをパイロットとしている。
肩部に収納されているクローやバックパックパーツを変形させることで格闘戦モードに移行する。
その後、シルヴァ(オデル)が資源衛星をMO-Vへと衝突させると見せかけてガンダムグリープを届けるべく出撃するが、ハイドラガンダムとの戦闘で破損。
その後MO-Vへ回収された後は頭部がジェミナス型ものになり、ジェミナス用ライフル、シールドを装備した。

ガンダムバーンレプオス

スターダストナイツを裏切りヴァルダーのもとで特佐になったクラーツが操る。
両腕に、左右別形で銃口らしきものの付いた、長い甲剣のようなものを装備している。
アスクレプオス同様、格闘戦モードに移行するが、こちらは足も変形する。
明確には語られていないが、ペルゲの製作である事と「アスクレプオスの改造型か」という台詞からジェミナスの3号機と考えられる。
適性のないクラーツがPXシステムをオーバードライブで使用、オデルのアクスレプオスを圧倒するが、その戦いの中でクラーツの心身は限界を迎え、機体も爆散した。

関連タグ

G-UNIT ガンダムアスクレプオス ガンダムバーンレプオス 新機動戦記ガンダムW
ガンダムグリープ ハイドラガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムジェミナス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22897

コメント