2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

型式番号OZ-15AGX
全長24.6m(高機動MAモード:19.4m)
重量21.7t
装甲材質G-METAL(ガンダニュウム合金)+チタニュウム合金
出力15965kw
総推力316950kg


機体解説

ハイドラガンダム


スターダストナイツらデルマイユ侯爵の関係者を排除しOZプライズの支配者となった、「暗黒の破壊将軍」の異名を持つヴァルダー・ファーキルが操るモビルスーツ
頭部正面にガンダムの顔、左右側頭部にゲルググの様な顔、そして後頭部にはあのジオングによく似た顔を併せ持つ異形のガンダムである。
ハイドラの名称は「うみへび座(ヒュドラ)」に由来する。

本機は、オペレーション・メテオによってコロニーから地球へ送り込まれた5機のガンダムへの対抗兵器としてDr.ペルゲによって開発された経緯を持つが、射撃偏重の武装選択はトレーズ・クシュリナーダの開発したガンダムエピオンに対抗する機体としての性格が強いと言われている。
ヴァルダー本人もエピオンとの決闘を望んでいたが、実際にエピオンと本機が対峙する事はなかった。

アフターコロニーに於けるモビルスーツで初めて精神感応型兵器を搭載した機体であり、マルチセンサーと呼ばれるパイロットの精神と直結したセンサーシステムを装備しており、頭部ユニットは状況に複数のセンサーを状況に応じて使い分ける構成となっており、正面、左右、後方とそれぞれ違うデザインの顔が取り付けられているかのような外観を有する。
このマルチセンサーによってパイロットは敵の位置を正確に把握し、攻撃を行う事が可能となっている。

ハイドラガンダム


高機動モビルアーマーモードへの変形機構を有しており、脚部をスカートに収納して下半身を推進システムにする事で、宇宙空間では圧倒的な加速力を発揮する。また、スカート・アーマー内にはステルスジャマーを搭載しており、敵のレーダーを無力化する事も可能となっている。

武装

バスターカノン

本機の主兵装で、戦艦すら破壊可能なハイドラ用の大型ビームライフル。基本的に肩部に固定したまま使える他、右腕で抱えて使う事もできるが、出力が強すぎて左腕で補助する。
GジェネレーションFやOWなどのゲーム作品では、片手で使用する描写も見られる事が多かったが、クロスレイズにて補助する描写が追加されている。

ビームサーベル

近接格闘武器。EMFシールドの裏側に2本装備している。
高機動モードでも使えるため、パイロットの腕次第では応用が効く。
Gジェネレーションクロスレイズでは2本のビームサーベルを連結し、ビームナギナタの様に振るうアクションが展開された。
おそらくはゲルググのオマージュだろう。

ショルダークロー

両肩部のクローユニット。
ビーム砲を内蔵する攻撃端末型のマニピュレーターとして両肩部と背部が稼働する、本機を象徴する武装の一つでもある。パイロットの脳波に応じて攻撃方法を変更し、バスターカノンと組み合わせた砲撃を行う事も、格闘戦時にはビーム砲のビームをビームソードのように展開して手数を増やすなど用途は多岐に渡る。
さらに、有線式の遠隔操作端末としての機能も搭載しているため、これによってオールレンジ攻撃が可能となっている。

EMFシールド

G-UNITにも採用されている電磁フィールドを搭載したシールド。Dr.ペルゲの設計した機体に共通する標準装備で、本機にも採用されている。
ガリアレスト編において改良が行われており、A.S.プラネイトディフェンサーにように防御範囲が広がった「EMFシールドの完成形」となっている。

ハイドラワルツ

バトルマスター2から追加された必殺技。
パンチやキックを連続で叩き込みながら接近し、ビームサーベルを振り上げる。
クロスレイズにて復刻された。

ゲームでの扱い

流石に登場している作品は少ないが、一作品のラスボスでありWの世界で最強クラスの高性能機である事からか、極めて強い機体として登場している。

「Gジェネシリーズ」ではFが初登場で、極めて高いスペック(攻撃力と防御力は共に33で、∀ガンダムとマスターガンダムと同値)と隙のない武装で纏められており、大変使い勝手の良いユニットと評された。本機が参戦していない後発作品ではその存在を懐かしんだり、参戦されない事を嘆くユーザーが現れるほど高い評価を得ていた。
以降はNEO~ワールドまで未参戦だったが、OWで復活。武装はF時代より一つ減ったものの、代わりに大気圏内の飛行が可能となったり使い勝手の良さは依然変わっていない。
クロスレイズにも登場し、あろう事かバトルマスターの超必殺技までもが追加された。

また、「ガンダム・ザ・バトルマスター」シリーズでは2作目のラスボスとして登場している。
これは登場する機体が1st~逆シャアで縛られている本シリーズにおいて、異例ともいえる大抜擢である。
ラスボスなだけありかなり強いのだが、前座(前作のラスボスでもある)のサイコガンダムMk-Ⅲの方が圧倒的に強く、割を食わされている。
更にバトルマスターシリーズの流れを汲む「SIMPLEキャラクター2000シリーズ新機動戦記ガンダムW THEバトル」でも登場しており、トレーズ搭乗エピオンとの夢の対決を再現する事も可能である。

余談

  • ショルダークローについて

有線を用いてオールレンジに展開する攻撃をインコムと呼ばれる事が多いが、PS用ソフト「SDガンダムGジェネレーションF」のみの表記である可能性が高い。
実際にプラモデルの解説等の資料にはインコムの表記は存在せず、後年再登場を果たしたOWでも最新作のクロスレイズでも武装欄にインコムの表記は無い。
また、ショルダークローの描写が作品や媒体ごとに統一されてない時期があり、二種類の展開方法が見られる。1つは、漫画版G-UNITを始めとした背部ユニットを含めて攻撃端末として展開する方法で、GジェネレーションFやOWなどの作品でもこの演出を採用していた。しかし、クロスレイズやガンダムウォーズでは背部ユニットはそのままになり、マニピュレーター部分だけが攻撃端末として飛ぶように変化している。いつ頃に演出が変わったのか不明。

SDガンダム外伝シリーズでは、

SDガンダム外伝では、モビルスーツ形態と高機動モビルアーマーモードの二体が別個体扱いで登場し

  • 新SDガンダム外伝 鎧闘神戦記では、モビルスーツ形態が登場し
こちらは、覇界神バロックガンが支配する世界カッズ・ザルド界の生息する4体の魔物が融合し誕生した古代モンスター四面獣ハイドラとして登場し360度すべてからの攻撃に対応し4つの命を同時に失わないと倒すことが出来なかった為、創世超竜譚の時代では、ヴァーチェゴーレムの秘術によりバロックガンとその配下と共に封印されたが復活したバロックガンと共に封印が解かれた。
ちなみに左手の盾は、鎖で固めた鉄になっている植物ザクレロになっており新約SDガンダム外伝 創世超竜譚本編では、同じく鎧闘神戦記で登場した古代モンスターテディザクマと共に登場は、していなかった。
  • SDガンダム外伝 円卓の騎士SP レジェンド オブ ブリティスでは、聖機兵物語の前日の遠国からの使者に高機動モビルアーマーモードが登場し
こちらは、ネオジオン族の邪騎士バーザムが召喚したモンスター四元龍ハイドラゴンとして登場しており力を求めて禁呪に手を出してしまった騎士の成れの果ての姿で強大な力を得た代わりに理性を失い、破壊の限りを尽くす怪物と化し火.水.風.雷の属性を持っている。
ワンダースクールのSDガンダム外伝イラストで投稿され大賞をとったキャラであった。
デザインしたカモスー氏のTwitterでの詳しいキャラ解説と経験

関連項目

新機動戦記ガンダムW DUAL_STORY_G-UNIT
ガンダムエピオン ガンダムジェミナス ガンダムグリープ
ガンダム・ザ・バトルマスター

関連記事

親記事

DUAL_STORY_G-UNIT でゅあるすとーりーじーゆにっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイドラガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58093

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました