ピクシブ百科事典

双子座のカノン

じぇみにのかのん

双子座のカノンはメディアミックス作品『聖闘士星矢』登場人物のひとり。
目次[非表示]

概要

年齢28歳
身長188cm
体重87kg
誕生日5月30日
出身地ギリシャ
修行地不明
CV曽我部和恭(初代)、置鮎龍太郎(2代目)


双子座(ジェミニ)の黄金聖闘士サガの双子の弟。
アニメでは髪色がサガより緑がかっている。サガの事は「サガ」もしくは「兄さん」と呼ぶ(前者の方が多い)。
13年前サガと彼が双子だとは誰にも知られておらず、サガに万一のことがあった時は、カノンが双子座の聖闘士として闘うはずだった。
善悪の心に苦しんでいた兄と違い、悪心しか持たないと自称し悪事ばかりを好んでいた。
それ故か強い力を他人や地上の為行使する兄を偽善者と罵っている場面もある。その理由は原作では不明だが、他メディアでは上に兄がいる事へのコンプレックスが仄めかされている。
遂には自身の力の過信から覇権欲に囚われ、地上を我が物にせんとアテナや教皇の暗殺をサガに唆すことで怒りを買い、スニオン岬の岩牢に幽閉される。
偶然にも海皇ポセイドンが愛用するアテナの封印で封じられた三ツ又の矛を見つけ、地中海のポセイドン神殿へとたどり着き、そこでもアテナの壷に封印されていたポセイドンを目覚めさせ、「海龍(シードラゴン)」と偽りポセイドンの代行者及び海将軍の筆頭として海闘士たちの指揮を執り、地上と海界の支配を企てる。
しかし、アテナの愛に触れて改心し、ミロとの邂逅や、その慈悲により数々の罪を許されたことから、サガ亡き後の双子座の聖闘士として戦う。

ポセイドン編前半においてはその威圧感・存在感を、後半においては実力の一端を示してかつてサガと闘ったことがある一輝が「実力はまさにサガの生き写し」と認め、冥王編でも教皇の間で対峙したミロもまた「良くて互角、下手をすれば自分が倒される」と考えたほど。

ハーデス軍との聖戦では双子座の聖衣を纏い冥界へ乗り込む。
アテナ救出のために冥界へと向かった星矢たちを援護し、時には叱咤するなど先輩としての役割も果たすようになる。主としてラダマンティス配下の冥闘士たちを数人まとめて倒し、ラダマンティスに対しても優勢に戦うなど相手に圧倒的な強さで活躍を見せる。
嘆きの壁破壊時に於いて黄金聖衣を兄に返却、生身の体でギャラクシアンエクスプロージョンを放ち羽交い絞めにしたラダマンティス共々道連れにした。

名の由来は、地中海のカノン島。この島は作中でも聖闘士が戦傷を癒す場所として登場している。
余談としてカノンがハーデス編以降仲間になったのはその戦力や関連性からでなくミロによって聖闘士として許される場面を描きたかったからと作者の雑誌でのインタビューでぶっちゃけられている。
また名前をカノンではなくセガにする予定もあったとか(一応冗談らしい)。

アニメ版

原作での悪行に加えて神闘士らの戦いの黒幕設定も追加されている。
また尺の都合からかポセイドン編の終盤でアテナをかばうシーンが星矢に変わってしまうため改心場面がなくなっていた。
OVA冥界編ではカノンの最期の言葉が追加されている。

エピソードG

この時点でもまだ牢屋にいる設定になっており内心で兄に愚痴っている。

技:ゴールデントライアングル、ギャラクシアンエクスプロージョン、幻朧拳(げんろうけん)、幻朧魔皇拳(げんろうまおうけん)

エピソードGアサシン

冥王ハーデスとの聖戦では生還しており、なんと教皇に就任していた。教皇の地位を得ている。サンクチュアリから現世と冥界の狭間に技を放ち、シュラ・サガ・デスマスクを補助した。
外界との折衝を兼ねているものの、被害の大きさに辰巳から文句を言われている。また、同席していた執事見習にの邪武に星矢の生還を遠回しに伝えた。

余談

カノンがサガに岬の牢に閉じ込められるシーンで、カノンが「だせ!」と叫ぶシーンがあるのだが、ジャンプ初出時は誤植で「だぜ!」にされていた。その為当時から二次創作等でよくネタにされていた(単行本では修正済み)。
なお、イラストを探す際は「双子座のカノン」よりも「カノン」で検索するのをオススメする。

関連イラスト

双子②
カノン


海将軍
ごめんなさい、ありがとう



関連タグ


pixivに投稿された作品 pixivで「双子座のカノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107853

コメント