ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

年齢20歳
身長185cm
体重85kg
誕生日8月16日
出身地ギリシャ
修行の場ギリシャ・聖域
CV田中秀幸下野紘エピG)、井上剛(LoS)、梅原裕一郎セインティア翔ドラマCD版)

概要

射手座の黄金聖闘士アイオロスを兄に持つ、獅子座(レオ)の黄金聖闘士

聖闘士にとってオーソドックスな打撃系光速拳と、天の怒りを顕すを得意とし、黄金聖闘士の中でもトップクラスの強さを誇る。スピードだけが彼の持ち味ではなく、地伏星ワームのライミのワームズバインドで締め付けられた状態でも光速拳を放って怯ませ、怪力でそのまま引きちぎってしまうほどの怪力を有する。


そのルックスと爽やかさ、そして男らしい熱血漢な性格も相まって人気はかなり高く、派生作品でも「G」「黄金魂」と2作にわたって主役を務める。

しかし、義理固く使命感が強い反面、冷静さに欠ける言動も指摘される。

例えば、冥闘士が大挙して獅子宮に攻めてきた際には黄金聖闘士の小宇宙を微かに感じ取るも、敵である事には違いないと判断、「ええい面倒!」と纏めて叩き潰そうとしている(だが聖戦の真っ只中である以上、アイオリアの判断は間違っているとは言えない)。

しかしながら勇者に相応しい優しさも持ち合わせており、シャイナを負傷させてしまった際には治療を行なっている。


黄金聖闘士になったばかりの頃にサガの暗躍によってアイオロスが逆賊とされてしまい彼自身も「逆賊の弟」と蔑まれ辛酸を舐めてきた(尤も彼自身は「聖闘士の鑑」と称される程の人物であり、一部で蔑まれながらも多くの聖闘士から一目置かれていた)。

元々は聖域で修行する星矢から見て良き先輩、親しいお兄さん位のキャラとして1話から登場していたが、作品の長期化により黄金聖闘士として抜擢された裏話がある。

日本人というだけで不当な扱いをされてきた星矢の潜在能力を認めていた。


黄金聖闘士と設定されてからは星矢への刺客として聖域から派遣される。

あわよくば、知己である星矢の説得も考えていたが、星矢が投降を拒否した為に交戦し、彼を庇ったシャイナが負傷してしまう。射手座の黄金聖衣からアイオロスの遺志を感じ取り、教皇に叛旗を翻すも幻朧魔王拳を受けて傀儡とされてしまう。

獅子宮まで辿り着いた星矢と再び相見え、星矢を遥かに凌ぐ拳速で優位に立つが、そこへカシオスが幻朧魔王拳の呪縛から解き放つ為に命を賭して乱入。それでも呪縛から解き放たれることはなく、星矢のペガサス流星拳を受けて漸く正気に戻った。


までは良かったものの本人自体は聖闘士として戦いたくてもそうならないことが多く、


十二宮編→サガの実態を知り星矢達を助けようとしたらムウに止められる。

ポセイドン編→ミロと一緒に戦おうとしたらムウと童虎に止められる。

ハーデス編→シャカの死に怒り戦おうとしたらムウに止められる。


と大体ムウにその行動をいさめられている。

しかし3回目の時はさすがに怒りが頂点に達したのか「しかし目の前で同胞が殺されているのを見て、何の行動も起こせないような奴は……もはや男として認めん!!」と漢らしい名言を残している。


兄アイオロスの事を尊敬しており、一回殺されかけたにもかかわらず束の間の再会に号泣して感動する程。その為兄を半殺しにしたシュラ(エピGではギスギスしちゃいるがそこまで険悪ではない)と、その元凶のサガは敵であり、ゲームで対戦させるとその怒り様を見る事ができる。

サガたちがアテナエクスクラメーションを用いて来たため、OVAのオリジナル要素として兄アイオロスの敵であるシュラを肩に抱えてシュラがアイオロスの事を謝罪しようとする言葉を遮る描写が追加されている。

ハーデス十二宮編OVAでのラダマンティスとの戦いにてすべての真実を知った彼が言った「まだ足りん……サガやアテナの流した血と涙に比べれば、何もかもが足りんのだぁーっ!」は原作にはないオリジナルながら、後世に残る名セリフとなった。


冥界編ではミロ、ムウと共にコキュートスに落とされ、そのまま冷凍刑に処されていたが、アテナの小宇宙を受けて復活し、勢揃いした黄金聖闘士と共に嘆きの壁を崩して消滅した。


アニメ版

聖域での星矢との絡みが回想などで増えている。

また星矢の師匠であるイーグル魔鈴に気にかけたりいい雰囲気のような描写があり、尚且つアニメ公式書籍では「魔鈴を愛しているらしい」と彼女に対する恋心をほのめかすような事が書かれていた。

兄であるアイオロスに幼少修行していた回想や、OVAでの再会での会話など兄弟の絆も強調されている。


エピソードG

聖闘士星矢エピソードG」では主人公として登場する。

当時13歳。

エピGリア

髪の毛を赤く染め(地毛は金髪)、本編の星矢を思わせる砕けた口調で、本編時系列の堅物優等生キャラとはかなり離れている。

しかしリトスとの出会いや、さまざまな戦いを超えて黄金聖闘士として目覚めていく。

本編ではわからなかった他の黄金聖闘士からアイオリアへの感情が様々に描かれており、当時の状況が補完されている。中でもアイオリアからの思いを受け継いだ際に一人称が「」になるシーンは必見

蠍座のミロとはショーモナイ口喧嘩をしつつも気遣い合う友人同士。


エピソードG.A

聖域の許可なく日本へ向かったシュラを討つため刺客として派遣される。

ギリシア語の他、英語を扱うが日本語は苦手である。また、店でカップラーメンを2つ入手する際、レジに1万円を置きお釣りを貰わずに戻ってきたなど日本の生活習慣や知識は疎い。シュラを追い京都へ来た際は、吉乃と共に八ツ橋シュークリームを食べていた。本作では髪を黒く染め、より少年らしい格好をしており、その理由は単行本1巻のカバー裏に記載されている。

名古屋では熱田神宮にて何者かに自身が大神の器であることを知らされた。


失われた世界(ロストワールド)のアイオリア

大神が現世に降臨するための器として生まれていた。

自らを依代として出現した元凶から意識を取り戻した際、アイオロスに自身ごと元凶を討たせた。


セインティア翔

十二宮の戦いの直前、ミロとともに聖域で邪悪な小宇宙の気配を悟っている。

十二宮戦終了直後は復活したエリスの城に単独で突入するも、アイオロスや自分の幻に翻弄される。しかしその後死んだばかりのはずだったサガに遭遇する。


LegendofSanctuary

Aioria Legend of Sanctuary style

作中でのポジションには比較的原作と近い。

容姿は髭面になっており、濃い胸毛が聖衣から覗いている。本作の黄金聖闘士は年齢設定も大幅に変わっているが彼が最年少の23歳。詳細は不明だがアイオロスとはかなり歳が離れていることになっている。

青銅一軍たちが城戸沙織と合流し護衛に就いた直後に聖域の刺客として城戸邸を襲撃。この時は星矢たちをこともなげに蹴散らしながら沙織に迫るが、彼女の小宇宙に何か感じることがアリ拳を止め辰巳徳丸が沙織を救うために射手座黄金聖衣を差し出したこともあって教皇に真意をただすために撤退。

しかしその後教皇に洗脳されてしまい聖域での戦いで再び星矢たちの前に立ちはだかる。星矢の説得に耳を貸さず「教皇は絶対だ」と宣言したアイオリアに覚悟を決めた星矢はだけでも先に行かせようと渾身の力を込めて立ち向かう。アイオリアは瞬が通り過ぎたところで彗星拳を押し返し返す刀で瞬を仕留めようとする。だが、そこに原作とは違い教皇を看過できないと察したシャカが援軍として登場。障壁で瞬を護りアイオリアを釘付けにして先に行かせ、戸惑う洗脳アイオリアにシャカは開眼して小宇宙を浴びせて正気に戻した。

そして人馬宮で星矢たちが戦闘不能になったところで現れたアイオロスの遺言に戸惑うシュラミロに、真の敵は教皇に成りすましたサガであることを告げた。

以降は生き残った黄金聖闘士と復活した星矢とともに戦い、サガの野望を阻止したのだった。


黄金魂

物語の実質的主役として大抜擢される。

「もう一度、小宇宙を燃やさないか」

嘆きの壁で仲間の黄金聖闘士たちと共に散ったはずだが、気が付けば北欧の神の国・アスガルドで意識を取り戻した。


そしてワルハラ宮殿より逃げ出した若き侍女・リフィアと出会い、最初はアテナに助力するために、彼女を頼みを断るが後に奮起。

新世代の神闘士との戦いで獅子座の神聖衣を発動させた。

なお、終盤においてはオーディーンローブを貸し与えられていたのだが、ロキのグングニルの一撃を受け、破壊された。


なお、兄・アイオロスの形見であるペンダントを肌身離さず持っているという設定が付加。

その追加されたペンダントは、最終回にてリフィアに託されている。


Knights of the Zodiac

本編開始前に小宇宙に目覚めつつあった星華と星矢の前を襲ったヴァンダー・グラードの軍隊から二人を守るが、負傷した星華をそのまま連れ去ってしまう。


そのため、青銅を始末するために出向いてくるシーンでそのことにも言及されており、彼女が生きていることを伝え、姿を現わさないのはそうすべき理由があるからだと星矢に伝える。


聖域に戻ってから幻朧魔皇拳を受け、目を覚ますまでの流れは原作と同様。


その後、裏切り者を始末しようと現れたミロの襲撃を受ける。幻朧魔皇拳の後遺症で本調子が出ないアイオリアはスカーレットニードルを数発受けるも、教皇がミロを止めたので気絶するに留まっている。


アイオロスが自身に課せられた使命の重さを案ずる魔鈴に対してアイオリアが選んだ聖闘士ならばと鼓舞する、人馬宮を星矢たちが通った後にアイオロスの霊がアイオリアの下に現れ、声をかけるシーンがあるなど兄弟のシーンが増加している。


必殺技

聖闘士星矢

  • ライトニングボルト

腕に小宇宙を収束し、雷撃型の気功弾として撃ち出す。人差し指一本でも放つ事が可能。

アイオリアの技の中でももっとも威力が高い。これを広範囲に分散した技がライトニングプラズマとなる。


1秒間に1億発の拳打を放つ。ライトニングボルトよりも素早く発射できる上に攻撃範囲も広いため、多用された。

光速の拳が獅子の爪のような軌跡を描き、隙間を縫うように次々と放たれる為に回避は非常に困難。


エピソードG

  • 雷光電撃(ライトニングボルト)/雷光放電(ライトニングプラズマ)

効果は原作と同じ。ナインセンシズへの覚醒が近付くと「雷光電撃・雷火」にパワーアップする。


  • 雷光電牙(ライトニングファング)

簡単に言えばアイオリア版エレクトロファイヤー

拳を地面に突き立て狙った対象に電撃型の小宇宙をぶつける。


  • 光子破裂(フォトンバースト)

「光子発動(フォトンインヴォーグ)→宇宙開放(コスモスオープン)→光子疾走(フォトンドライブ)の状態を経て放つ技。威力はギャラクシアンエクスプロージョンと同等。


余談

ギリシア神話獅子座の獅子不死身』の獅子である。設定的には不死身属性と、かなりの凄さを誇る。

しかしヘラクレス本作では白銀聖闘士)に絞殺されて皮を剥がれてしまっている

(不死身と言うのは「いかなる武器も通用しなかった」と言うほどの硬い皮膚を持つ事からの比喩であり、本当に不死身だったわけではない。なお皮を剥ぐ際には獅子自身の爪が使われた)


獅子座はシリーズ全体を通して優遇されやすい星座だが、Ωでは次代のミケーネ死亡後に後任が現れておらず、若干不遇な扱いとなった。


修行地は聖域となっているのだが、FinalEdition収録のEPISODE.0では、黄金聖闘士選抜・アテナ降誕の直後、「技の総仕上げをしてくる」と称して、他の幼年の黄金聖闘士ともども聖域から修行の旅に出ている。アイオリアを含め、彼等が修行地として何処に向かったかは、劇中で直接触れられてはいない


関連イラスト

アイオリアアイオリア

関連タグ

エピソードG 田中秀幸 セインティア翔 雷属性 金獅子


4.巨蟹宮5.獅子宮6.処女宮
デスマスクアイオリアシャカ

関連記事

親記事

黄金聖闘士 ごーるどせいんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7144655

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました