ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

声:郷里大輔/今村直樹(ハーデス編)/木村隼人(セインティア翔)
身長:240cm。体重:180kg。誕生日:8月15日。血液型:O型。出身地:アフリカ。修行地:ウガンダ。年齢はこれでも17歳であり、聖衣の色も青銅寄りだがれっきとした白銀聖闘士である。
聖衣のデザインは獅子の皮を被ったヘラクレスの上半身を模すが、「武器を使ってはならない」と言う聖闘士の掟の関係上、聖衣に弓や棍棒の類は確認できない。

必殺技は暴風を纏った投げ技『コルネホロス』(ギリシャ語で「棍棒を持った人」の意。ヘラクレス座のβ星の事も指す。)
アイオリア監視の為に、ディオとシリウスと共に派遣された白銀聖闘士

ヘラクレス座と言うギリシャ神話屈指の英雄の星座を守護星座に持地、パワーは聖闘士の中でも随一と言う、設定だけ見ればかなりの強敵だったのだが、重傷を負った星矢をフルボッコにしていた所、現れた射手座の黄金聖衣を纏った星矢に瞬殺されてしまった。同じギリシャ神話の英雄であるペルセウス座は見せ場が多かったと言うのにこの扱いの差は…。まあ、ギリシャ神話最強クラスの毒を持つヒドラでさえ、青銅聖闘士の中ではあまり強くはないので仕方のない話であるが…。まあ、星矢ではよくある事。

冥王ハーデス編(アニメオリジナルのストーリー)では冥王ハーデスの手により、冥闘士として復活。前回同様に三人がかりでアンドロメダ瞬に襲いかかるが、海王との戦いを経た瞬の敵ではなく三人まとめて冥府に送り返された。
しかし、その真の目的は冥王軍と戦うに足るか、瞬の成長ぶりを確認する事にあった。このことから本質的には悪人ではない事がわかる。

余談

名前の由来はヘルクレス座のα星の名前から。

奇しくもヘルクレス座は獅子座射手座とギリシャ神話で関わりがあり、特に射手座のモデルであるケイローンはヘラクレスの師であり、ケンタウロス族との諍いで間違えてヒドラの毒矢でケイローンを射殺してしまったと言う逸話があり、見方を変えれば神話の時代越しに因果応報が起こったとも言える。

ちなみに、ヘラクレスが神話で瞬殺した蟹座はというとドラゴン紫龍の強敵として立ちはだかると言う逆転現象が起こっている。


関連タグ

聖闘士星矢 白銀聖闘士 ヘルクレス座
巨漢 怪力
ミスターサタン:声を演ずるのはアルゲディ同様に郷里氏。海外名ではサタンと言う名前が不適切である為か『Hercule』(ヘラクレスの意)と呼ばれている。

関連記事

親記事

白銀聖闘士 しるばーせいんと

兄弟記事

コメント