ピクシブ百科事典

蛇遣い星座のシャイナ

おぴゅくすのしゃいな

『聖闘士星矢』関連作品に登場するキャラクター。蛇遣い星座(オピュクス)の白銀聖闘士。
目次[非表示]

蛇遣い星座のシャイナ(オピュクスのシャイナ)は聖闘士星矢に登場するキャラクター。

夭折
サンダークローーー!


蛇遣い星座(オピュクス)の白銀聖闘士であり、ペガサスの聖衣を手に入れるべく星矢と戦った聖闘士候補生・カシオスの師。16歳。
女子聖闘士であるため仮面を常につけているが、仮面の下の素顔を見られてしまったことから星矢を事あるごとに付けねらうようになる。
仮面の模様は強面だが、素顔は美少女である。
素顔を見られた女子聖闘士は相手を殺すのか愛するしかないという掟があるため、星矢を殺そうとするものの、シャイナは星矢を出会った当初から愛してしまっていた。

生存競争が大変激しい男社会な聖闘士業界に身を置いてきたせいなのか、気が非常に強く口調も大変きつく、同じ白銀な女子聖闘士である魔鈴をライバル視しているふしがあるが、二人は星矢を通じてやがて共闘していくようになる。

尚、シャイナの仮面はことあるごとに割れてしまい、星矢以外にもアイオリア、青銅二軍、貴鬼、ポセイドン、カノン、タナトス、女子も含めるなら魔鈴や星華、テティスと、多くの人に素顔を見られてしまっている。
顔見せ絶対NGの魔鈴とは仮面の硬度が違うのではと思えるほどであり、シャイナの仮面割りは、紫龍の脱ぎ芸のようなお約束ともいえる。

女子聖闘士には素顔を見られた男を殺すのか愛するしかないという掟があるはずなのだが、シャイナが殺すのか愛するのか悩む素振りをみせていたのは星矢だけである、他の者に対しては様々な切迫している状況だったというのもあるが、素顔を見られても気にする素振りも全く見せていない。しかも聖闘士星矢Ωに至っては物語後半から、ユナと同じように仮面を外してしまっている。但し、パラスとの戦いが始まった後はアテナから授かったのか新しい仮面を付けている。

必殺技

サンダークロウ

アニメ版のシャイナ

初代声優は小山茉美、OVA冥王ハーデス冥界編以降は小松由佳
聖衣の腰(というかパンツ)のパーツが無くなるなど、原作とは聖衣の形状が少し異なっている。
アニメ版のシャイナにはガイストという妹分が居たり、沙織に嫉妬する場面があるなどさまざまな脚色が行われていた。
原作では黒髪だったが、アニメでの髪色は黄緑色となっており、pixivのイラストもアニメカラーで塗られているものがほとんどである。

派生作品でのシャイナ


天界編

原作の後日談を描いた映画聖闘士星矢 天界編 序奏~overture~』(通称『天界編』)でのシャイナは、アルテミスが治めることになった聖域を警備しており、星矢と対峙することになる。

ND

原作者本人による原作の続編漫画聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』(通称『ND』)でのシャイナは、ぬけがらとなって無力な星矢を守るために姿を現す。
NDのシャイナは原作の黒髪から一転して、何故か髪の色がアニメカラーの黄緑色になっている。

Ω

原作の十数年後を描くアニメ聖闘士星矢Ω』(通称『Ω』)でのシャイナは、沙織を守りながら主人公・光牙を指導する師匠として登場する。
また、声優には初代の小山茉美が起用されている。本編から最低でも14年は経っている為に既に三十路に突入しているのは確実だが戦闘力や美貌は全く衰えておらず、厳しくも優しい師匠として描かれている。

エピソードGA





ネタバレ注意



なんとアルデバランの妻(?)になっており、火野吉乃の養母になっている。
口調と振舞いは落ち着いた女性らしいものになっていたが、吉乃いわく、綺麗だけど怒ると怖いとのことで実際教育はやや厳しめ。だが、聖衣をまとうとかつての口調に戻る。

余談

2013年は巳年であったため、にちなんだ守護星座を持つ彼女のイラストが多く正月に投稿された。

あけおめことよろ~



現実世界の蛇遣い座が黄道を貫いてるのか黄金聖闘士となっているイラストもある。

蛇遣い座の黄金聖闘士シャイナ



関連タグ

聖闘士星矢 天界編 ネクストディメンション 聖闘士星矢Ω 白銀聖闘士 白銀聖衣
 カシオス
 天馬星座の星矢星矢
 鷲星座の魔鈴魔鈴
 獅子座のアイオリアアイオリア
へびつかい
 蛇遣い星座のシャイナ(シャイナ
 ナーガ・レイ/ヘビツカイシルバー
旧作アニメ
 ガイスト
Ω
 天馬星座の光牙光牙
(pixivでは星座を抜いた名前のみのタグが使われることが多いようだ。)

pixivに投稿された作品 pixivで「蛇遣い星座のシャイナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12357

コメント