ピクシブ百科事典

アクィラのユナ

あくぃらのゆな

ユナとは、アニメ『聖闘士星矢Ω』に登場する鷲座の青銅聖闘士。
目次[非表示]

概要

CV:雪野五月

13歳で戦災孤児。同作品のメインキャラの中では唯一の女子聖闘士である(アテナの場合は『女神』)。
幼児期に戦争で家族を失ってから困窮して万引をして逃亡していたところに遭遇し、自身を助けてくれた女子の白銀聖闘士パブリーンの弟子となる。暫く指導を受け、その後6歳のときパライストラに預けられた。当時は「アテナと世界中の人々の幸せを守りたい」という夢を持っていた。
同世代の多くの若手聖闘士と同様、光牙に出会うまでアテナが城戸沙織であることを知らなかった。

掟に従い仮面をしていたが、内心では掟に反発する心があり、3話の光牙との出会いおよび教員であるのアドバイスを経て自分の本心と向き合い仮面を外す。
5話のヘルキャンプでは龍峰とコンビを組んだ判断も吉と出て、女子でただ1人クリアしており聖闘士ファイトも準決勝まで余裕で勝ち進んでいる。

11話でアリアを連れて逃亡する際には、通りすがりの民家に交渉して2人分の宿や食事を確保するなど、幼少期より苦労を重ねた為か、手際のよさと高い社会性も見せており、遺跡への旅ではチームの資金管理を担当。

アリアの死後は自身の悲しみをこらえて、闇落ちしかけたりする光牙を多々気遣っており、かつては敵であったエデンに対しても「わたしたちを助けてくれたわよ」と気遣う様子を見せている。
その活躍ぶりは主人公を喰わんばかりの男前さだったが、一期終盤ではヒロイン的描写も多くなされた。

二期では一時期故郷へ帰っていたことが判明。故郷は平和を取り戻した事で人が戻ってきていたが、その平和さに慣れたことでかえって彼女の心に戦いへの恐怖心が芽生えてしまっていた。
星見で新たな戦いの予兆を知り貴鬼に聖衣を修復してもらうもその迷いから最初は纏うことができなかったが、光牙らの激励もあり迷いを吹っ切り新聖衣を手に入れた。その後他メンバーらとともにパラスベルダ攻略に参加。69話では蒼摩とともにメトネを撃破している。

性格

登場当初より、かなり堅物で男勝りな性格をしている上に、短気で鉄拳制裁等も厭わない過激な面も多かったが、その内には女子としての優しさや芯の強さ等も秘めている。

私服はワンピース光牙龍峰より背が高い。「星を読む」能力を持ち、それによりかなり漠然とではあるものの事件の予兆なども感じられる。

仮面を取った後は吹っ切れたのか表情や態度も穏やかになり、熱い面を秘めつつも自制心や状況判断もきちんとできる冷静で面倒見の良いお姉さんキャラになっている。

また師匠・パブリーンの薫陶を受けているためなのか、シャイナを筆頭とした気性が激しく、言動が大変粗い女子聖闘士(聖闘士訓練生も含む)が大勢いるなかで、女性語を常用できる数少ない女子聖闘士の一人でもある。

過去の辛い経験から「もう何も失いたくない」という思いを強くもっており、そのために強くなろうとしている。幼い頃に辛酸を舐め尽くしたせいかレギュラーキャラの中でも精神的なタフさはずば抜けている
男には厳しい反面、同じ女子に対してはある程度寛容になる様で、アリアへは情が湧くのを通り越してやや溺愛の域に入ってきており、男どもに買ってやらない食物も彼女に買ってあげたりする。

仲間の中でも光牙に対しては特に厳しい面を見せる事が多く、彼へのツッコミ・叱咤ポジションを得ている。彼がエデンに敗北した事に自棄になっていた際も、容赦無く殴り飛ばしながら罵倒する事で、立ち直らせている。
しかし、共に戦いを経験していくにつれ、彼に対して厳しいだけでない接し方も見せる様になり、特に光牙がアプスの闇のコスモによって度々暴走しかけていた際には、強く気に掛けている。そして彼が完全にアプスに乗っ取られてしまった際は、他の仲間達が倒れていく中、最後まで立ち続けて呼びかけ、星矢からの協力も得て、抱きしめながらの説得によって、遂に光牙を正気に戻した。
現在の所、ユナの光牙に対する感情は明確に明かされていないが、これらの行動からも、仲間以上の意識を持っている節が強いのは確かである。その為なのか、第2期で倒れかけたアテナに星矢が「沙織さん」と本名で呼びながら抱かかえたのに光牙が嫉妬を覚えた際は、ユナだけがその様子を察知していた。

故郷はとある雪の降る街だが、彼女がパライストラに入学した後、再び戦災にあって破壊され尽くしており帰る故郷は無くなっている。1期の3〜4クールのOPで映る彼女の故郷の光景のシーンで、旧ソビエト連邦戦車のT-62が走っており、出身地は政情不安定な東欧か旧ソビエト連邦にある国であると思われる。また同シーンでモブ通行人の女性達が頭にスカーフを被るゆるいムスリマ風の服装をしており、ロシア南部〜旧ユーゴスラビア近辺のイスラム教地域という裏設定があるものと思われる(現実でも90年代末以降に、旧ユーゴスラビア地域やチェチェンなどで紛争が起こっているエリアである)。

聖闘士としてのユナ

星座は鷲で、これをアクィラと読んでいる(ラテン語またはイタリア語読み)。
属性は聖衣石はチョーカー形状。
戦闘力も高く、必殺技はキックからの旋風など蹴り技も得意な模様。
逆立ちの体制からの蹴りも多用している。
ただしまだまだ実戦経験も浅い故なのかソニアには歯が全然立たず、白銀聖闘士にも苦戦している。
また跳躍力にも非常に優れ、10話では光牙アリアを抱えたままバベルの塔から外に飛び出すことさえ出来ている。

聖衣着用時のコスチュームもパフスリーブにフロントが割れたミニスカと、旧作の女性聖闘士達と大きく異なっている。
本編登場前に公開されていた各種設定画ではスカートの中身の構造については不明だったため、二次創作においては想像で描くしかなく、絵師の属性により差異が出ていたが、
初登場の3話でガーターベルト状になっているパンストのような形状だったことが判明した。
また7話で初披露となった変身バンクで逆立ちした際にスカートの中身が見えている。
技によっては聖衣の背中から羽が展開する。

21話で、過去に聖衣を得る修行場所として訪れたという、「慟哭の谷」に光牙を案内したが、その場の奥には何故か氷河がいた。しかし氷河とユナの関係については現時点で不明である。
32話で蟹座のシラーに冥界の入り口へ落とされたものの、34話で龍峰に次いで2番目のセブンセンシズ覚醒を果たし、シラーに完勝している。

二期の新しい鷲座聖衣はスカート部分がプリーツスカート状の金属板状になっており、マスクのパーツやパフスリーブ部分の質感にも大きな変化が見られる。

  • ディバイントルネード

キックから旋風を起こす技。

  • ブラストタイフーン
脚から風の刃を放つ牽制技。
  • アクィラスピニングプレデーション
風を纏い突撃する技。この技をかける前には聖衣の背中に垂れ下がった襟の後ろのようなパーツが翼状に展開する。
  • アクィラシャイニングブラスト
セブンセンシズ覚醒と共に編み出した技。キックから巨大な竜巻を生じ、敵にぶつける技。
  • ストームトルネード
巨大な竜巻を発生させる技。この技から、蒼摩のライオネットフレアストームボンバーに繋げている。
  • アクィラフライトルネード
Ωに覚醒したユナが編み出した技。

余談

鷲座つながり

ちなみに無印の登場人物鷲星座の魔鈴とは、主人公をサポートする鷲座の女子聖闘士という点は共通だが、関係は不明。なお、聖衣の読み方(アクィラとイーグル)・色(青銅と白銀)・形状の全てが異なる。
若林豪プロデューサーのインタビューによると2年目で光牙とユナの関係の掘り下げと、2世代に渡る天馬座と鷲座の話は機会があれば描きたかったとのこと。

備考

初期発表の際にアクティラのユナと誤表記されており、それに基づいたタグがついている場合もあるが、その後の公式サイトなどでの表記やアニメ3話での台詞からアクィラのユナが正しいと思われる。
また、初期設定では14歳となっており、雑誌等でもそのように公表されていた時期もあった。
女子キャラがレギュラーメンバーに入ったのは原作者の意向をうけてのことである。

関連イラスト

ユナとの再会
らくがき聖闘士星矢Ωユナ


ユナさん
アクィラのユナ


ブラストタイフーン
アクィラのユナ


関連タグ

聖闘士星矢Ω 鷲座 青銅聖闘士
ユナさんマジ男前
ユナ光 光ユナ ユナアリ パブユナ

カップやきそば現象リース
緑川なお/キュアマーチ:カラーリング&風属性繋がり⇒なおユナ
花海ことは/キュアフェリーチェ:カラーリング&風属性繋がり⇒ユナとは
※ユナと同僚の母親は中の人繋がり。
鳳凰寺風:カラーリング&風属性繋がりの先駆者。
ラプター283…5年後のニチアサ鷲座ヒロイン後輩。

グリーンヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「アクィラのユナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1519509

コメント