ピクシブ百科事典

白鯨星座のモーゼス

ほえーるのもーぜす

白鯨星座のモーゼスとは、「聖闘士星矢」のキャラクター。(メイン画像左)
目次[非表示]

CV:戸谷公次(テレビ版)、金子英彦(OVA版)

概要

白鯨星座の白銀聖闘士。17歳。
隻眼で全身傷だらけの巨漢。相手を高々と投げ上げるなどの力技を得意とする。

銀河戦争なる「見世物の私闘」を繰り広げた星矢ら十人の青銅聖闘士に制裁を下すべくミスティアステリオンバベル魔鈴の四名と共に来日。

星矢に止めを刺さなかった魔鈴の「裏切り」に怒り、(原作では『サトリの法』、アニメでは『読心術』の使い手でもある)アステリオンのアドバイスを受けて終始彼女を圧倒、叩きのめした挙句逆さ吊りにして海に浸け込み、星矢をおびき出そうとする作戦に出る。
魔鈴にも理由あっての事なのだが、彼女の裏切りによりミスティとバベルの両名が戦死した事を考えれば、モーゼスの怒りも暴挙もある意味当然とも言える。

しかしこの行為は星矢をマジギレさせてしまい、星矢の怒りの猛攻の末にペガサスローリングクラッシュを受けて敗れた。

技:カイトススパウティングボンバー
敵を上空高く投げ飛ばし、落ちてきたところへアッパーカットを放って更に打ち上げる。

余談

彼の守護星座は「白鯨星座(くじら座)」であるが、聖衣の形状は星座のルーツになった「エチオピアでペルセウスに退治された神話の化け鯨」でも「本物の」でもなく、シャチに近い形状である。

雑誌初掲載時には星座の読みが「ホエール」ではなく「カイトス」になっていた。
技の名前が「『カイトス』スパウティングボンバー」になっているのはその名残である。アニメでも「カイトス」になっている。
『カイトス』とは件の「神話の化け鯨」の名前とされるが、『ティアマット』とする資料もある。

関連タグ

聖闘士星矢 白銀聖闘士
巨漢 怪力 隻眼

関連記事

親記事

白銀聖闘士 しるばーせいんと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白鯨星座のモーゼス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 688

コメント