ピクシブ百科事典

冥王ハーデス

はーです

冥王ハーデスとは、「聖闘士星矢」シリーズのキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:粕谷雄太(瞬の身体時)、大塚明夫(ハーデスの魂または真の肉体時)

冥界の神で、過去200数十年毎のペースでアテナや聖闘士達と神話の時代から地上の領有圏を巡り戦いを繰り広げては封印されるのを繰り返していた。

クロノスとレアから生まれた自分の真の肉体を大事にしているため、太古の昔に天馬星座の聖闘士に傷つけられたのを機に復活する度に「地上でもっとも清らかな心」の人間を選び、憑依して利用してきた。肉体自体はヒュプノスの眠りの力によってエリシオンにあるハーデス神殿に安置され、成就した暁にはその体で君臨しようとしていた。元々陽の光を嫌う性分の為に太陽を遮る作戦を復活の度に地球規模で行う。

原作ハーデス編ではパンドラの母の胎内を借りて魂が現世に出現する形で降誕し、その際にパンドラの生家に居た生きとし生きる物を人間からペットに至るまでパンドラを残して殺害、パンドラを「現世の姉」との名目の部下として冥闘士の指揮にあたらせていた。アンドロメダ瞬ロストキャンバス及びネクストディメンションではアローンという絵描きの少年(両作品で多少設定は違う)に憑依した。
LCでは原作同様にパンドラの母の胎内を借りて魂が産まれようとしていたが、杳馬の手により城から持ち出されアローンの肉体に付けられている。

ハーデス編では城戸沙織の霊血により瞬の肉体から追い出された上に、エリシオンで側近のタナトス、ヒュプノスを撃破され、その影響で真の肉体を曝す事となった。その姿は長い黒髪の逆立ったもの。最終的には沙織により倒されたが、その際に彼女を庇ったペガサス星矢の胸にインビジブルソードを突き刺し、彼を廃人に追いやり命すら奪おうとする。

誕生日は9月9日。(パンドラの母の胎内を借りて現世に出現した日)

関連イラスト

Planet Hell


関連タグ

聖闘士星矢 ロストキャンバス ネクストディメンション
ハーデス 冥闘士 ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「冥王ハーデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52160

コメント