ピクシブ百科事典

アーレス(聖闘士星矢)

あーれす

アーレスは、アニメ「聖闘士星矢」及びそのノベライズ作品に登場する人物。
目次[非表示]

概説

本物のアーレス

教皇アリエスのシオンの末弟であり、白銀聖闘士。老齢の兄を補佐し、教皇職の一部を代行していた。実直な人柄で人々から信頼された。教皇職を代行する関係からか、教皇のマスクに似たマスクと法衣を着用していた。
聖闘士としての実力も水準以上と見られ、海闘士に化け正体・実力を隠していたとはいえ黄金聖闘士である双子座のサガと渡り合えるほどである。
のち、何食わぬ顔で帰還してきたサガを詰問したことから悪のサガに殺され、なり代わられる。その遺体はスターヒルに隠されており、小宇宙によって腐敗は抑えられていた模様。
容姿はストレートの長髪で老齢の兄を持つ割には若い美青年の姿をしており、何故か兄のように麿眉ではない。なお既に個人であるが故か声もない。

サガが成り代わって以降

ペガサス星矢が聖闘士の資格を得た後、銀河戦争の開幕と前後して教皇を暗殺し、アーレスの名前のまま教皇に就任。暴力的な手法で聖域を掌握する一方私兵を使い世界征服を推し進める。この間、ギガース参謀長らを取り立て、自らの組織を固めている。私生活は美女を何人も侍らせ、酒池肉林に耽ったり巨大な肖像画を描かせるなど頽廃したものであった。
私闘を禁じた聖闘士のおきてに則り銀河戦争にフェニックス一輝、後には私兵聖闘士、白銀聖闘士を刺客として差し向け黄金聖衣を取り返そうとするなど、教皇らしいこともやっている。
詳しくは双子座のサガを参照。

余談

アーレス教皇の法衣は、もう一つの前聖戦を描いた『ロストキャンバス』において、双子座のアスプロスの法衣として登場した。
原作漫画版に近い世界観を描いた『セインティア翔』では、復活した邪悪なサガがパワーアップを果たし、この名で呼ばれるようになっている。

またアーレス(Ares)という名はローマ神話だとマルスと同一視される。

関連タグ

双子座のサガ ロストキャンバス

pixivに投稿された作品 pixivで「アーレス(聖闘士星矢)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2960

コメント