ピクシブ百科事典

牡牛座のハービンジャー

たうらすのはーびんじゃー

聖闘士星矢Ωのキャラクター。金牛宮を守護する牡牛座の黄金聖闘士。
目次[非表示]

CV:矢尾一樹
タグとしてはハービンジャーが多い。

概要

Ω29話で初登場した牡牛座(タウラス)の黄金聖闘士で、「力と破壊を司る黄金聖闘士」を名乗る。
薄い青系の短髪と隻眼の逞しい体躯の青年でイオニアよりも身長が高く、ガッチリしているが今までの牡牛座担当の傾向とは違うイケメン系で、かませ牛ではない。
とある大都会の治安の悪い地区に育っており、家族も無く孤独で荒れた幼少期を送っていたようである。
できたばかりの部屋に骨を散らかしているところから旧作のイメージ的には蟹座っぽいがれっきとした牡牛座の聖闘士である。
「骨の砕ける音が好き」「心が砕ける音はもっと好き」と語るサディスティックな面もあるものの、後述のように幼少時の自分が「弱いというだけで虐げられた」経験があることから弱い者虐めをしたいわけではなく、弱者を虐げるものには怒りを覚える。

Ω30話で本人が語ったところによると幼少期に不良からリンチを受け重傷を負い左目を失うものの、その際に「自分の中の何かがはじける」感覚(作画上では小宇宙に目覚めたともとれるような描写になっている)とともに相手の骨を折ったことがきっかけでその音を聞く快感に目覚めた。
以来その音を求めて喧嘩に明け暮れる日々を送り、警察官をボコりつつ格闘家の時期もあったようである。
その過程で「心の砕ける音」を聞く喜びに目覚め、やがて聖闘士の存在を知り、彼らと戦うようになっていった。
(この際にろくに小宇宙の訓練を受けていないにもかかわらず、生身で聖闘士達をボコボコにするという何気にとんでもないことを成し遂げている)
そんな中でイオニアのスカウトを受け、マルスに引き合わされることになった。
マルスの圧倒的な実力を感じ取り、「この男は自分でも折ることができない」と戦わずして悟り、その力に畏怖し、恭順することを決意。修行を重ねセブンセンシズに目覚め、黄金聖闘士になった。

マルスの下につく際の餌は、地位や不死などといった今までの裏切り黄金や冥闘士等と違い「好きなだけ人の心を折り続ける(=強い敵を探して好きなように痛めつける権利)」ことであった。
つまり善悪の区別すら学ばない環境で育ち、聖闘士に関する基礎知識や基本的な倫理観も殆ど持たないままの状態で敵組織に組み込まれた為に世界を守る使命感もアテナへの忠誠心も最初から皆無であり、「アテナを裏切る」という意識すら無い。
基本的に主役側の味方で自身の職務に忠実な武人タイプが揃っていた従来の牡牛座担当とは異なり、力をただ求める根っからの戦闘狂である。
但し「骨の強さは心の強さ」と語ったり「骨のある者(=心の強い者)が選ばれる世界」を欲しているなど、単なる嗜虐心とは異なる独特の美学の持ち主であることも伺える。
対戦相手にも「折りがいのある力を見せる」ことを要求する面もあり、倒れていると面白くないようであまり攻撃を加えないことすらある。
これらからマルスの行動指針そのものには賛同しているものの、己の欲求を満たす光牙というライバルの存在を前に任務を蔑ろにしたこともあった。
突き詰めればマルスへの忠誠心すらも希薄なものであり、あくまで彼が最も強く求めるものは強者との戦いを置いて他にはない。
また幼少期から聖闘士業界で育った多くの同僚と異なり、一般社会で長く暮らし成人してから聖闘士の世界に入ったせいか、ある意味ではフラットな感覚も持ち合わせる。

光牙らを苦戦に追い込み、ユナ栄斗龍峰蒼摩を別の宮まで吹っ飛ばしたがこれに関してメディアは「余計な事をした」と苦い顔をしている。
その後終始光牙を圧倒し全身の骨を砕くにまで至ったが、彼の心はなおも折れなかった。
立ち上がる姿に歓喜しペガサス流星拳に呼応し、全力のグレイテストホーンをぶつけ合わせる。
打ち合いには勝利したものの己に膝をつかせたこと、吹っ飛ばされてなお立ち上がり先を目指す精神力を認め戦闘を放棄。
この先の戦いの中で鍛え上げられ、「一番強くなった」時に再戦を期待し彼を送り出す。
光牙を送りだした後は元々上記のようにあまり善悪の区別がないせいか、「骨のある奴がいれば世界が新しかろうが古かろうがどうでもいい」と言い放ち白羊宮まで降りて貴鬼の手伝いを申し出た。
彼がマルスから身を隠していた時期を知っているあたり、それなりの交流はあるようだ。
地球の小宇宙が火星へと移植され火星士達の逃走後は貴鬼とともに天秤宮に集合し、玄武フドウと4人で青銅聖闘士4人を火星へと送った。フドウの名前は知っていたもののその時まで顔は合わせたことがなかったようである。その後は4人で地球の崩壊を食い止めるべく残りの小宇宙を放出した。

2期ではパラサイトに襲われた軍事基地に現れ、パラサイト兵を蹴散らしていた。
相変わらず「骨の折れる音を聞きたい」願望は健在で、横暴な振る舞いをたびたび玄武に咎められている。
特に城戸沙織に対しては、パラスとの戦いに煮え切らない態度を示していたのが気に入らないのか、「お前」呼ばわりしたりタメ口で話すなど、露骨に無礼な態度を取っていた。
あえてアテナ軍に正式加入していたその心境は不明だったが、戦う覚悟を決めた沙織が、Ω73話にて聖衣を発動させる現場に立ち会い、その聖衣を沙織から預かる役目を任されたことによって、心境に変化が生じ始めている。
さらにΩ82話では星矢や貴鬼から仲間として扱われたことに表面的には怒ってみせたりしつつも、根の人の良さを隠しきれなくなってきている。Ω84話では「肉親の顔も知らない自分にとって実の姉妹が殺し合うのは見ていられない」という理由で双子座の姉妹対決に割って入りインテグラを支援。
Ω90話では星矢、沙織とともにパラスの間でタイタンと対戦。「弱い者を虐げるパラス達への怒り」という、敢えてアテナ軍に身を置き戦っていた理由を明かし、闘志を剥き出しにして戦い、さらにその怒るシーンで同僚の黄金聖闘士達の殉職にも心を痛めていたことが判明し、折り合いの良くなかった玄武などにも情はあったようである。
(彼がマルスに従っていたことと矛盾するのではないか?とも考えられるが、マルスが「弱者を統制し導くための必要悪」として戦いを起こしたのに対し、パラスにはそうした題目や志がなかったため、彼女らはマルスより悪質であるとも言える)
聖衣のマスクを被り、怒りと共に放ったグレートホーンは、無防備に晒された聖剣をも粉砕し、当初彼を見下していたタイタンに見解を改めさせることとなる。
重傷を負いながらもなお折れない闘志で立ち向かおうとするが、沙織に制止され戦いを中断。

尚「ハービンジャー」とは「先駆者」の意味であるが、もっといえば同名の競走馬がいる。脚本がこのひとなので無理もない。
(実は中の人は過去に、人知を超えた存在になった事がある。
しかもその名称が………
(ニコニコ大百科へのリンク)


聖衣デザインは、大元は原作のデザインラインを保っているが、腹筋のような意匠がなくなっているなど、一般的な甲冑に近づいたものになっている。
マスクは牛の顔を象ったものになっており、牛の鼻先部分によって、目元が隠れる仕様になっている。
余談ではあるがかつて先代タウラス・アルデバランもまた、ペガサス星矢と戦った際に、マスクの角を折られ、先に進むことを認めたという過去がある。
ハービンジャーのマスクの角が未だ修復されていないのは、半ば勲章扱いで貴鬼に修復をあえて願い出なかったのかそれとも貴鬼から忘れられていたのか…。

アテナの聖衣=呪いのアイテム…?

第二シリーズ「新生聖衣編」では、パラスベルダに突入する際、アテナの聖衣を任された事で“あ、これで確実に牡牛座死んだな…”と諦観する視聴者がいたとかいなかったとか?
またパラス城潜入時、エウロパから“どうしてアテナに従っているのだ?”と心理的に揺さぶりをかけられてしまっている。・・・嫌な予感しかしない。

だが!!

死亡フラグをもへし折った・・・!

Ω90話にて、四天王最後の一人・タイタンと対峙。天神創世剣の前に劣勢に立たされるが、「弱き者や罪無き者を虐げる事への怒り」から小宇宙が増大し、結果、聖剣の破壊に成功。尚且つも本人も死亡フラグの回避という快挙を成し遂げ、歴代の牡牛座の黄金聖闘士の中でも稀に見る大金星を挙げた。

なお単独で(しかも事前に皹を入れる事無く)聖剣を破壊したのは彼のみである。(*とはいえ、この時タイタンはパラスの保護を最優先し、自身の聖剣を放置したために、ほぼ無防備な状態で聖剣を壊されている。それでも聖剣自体の耐久力はかなりのモノなので、本人の底力が如何に強力なモノだったのかは容易に推測できる。

ちなみに他の聖剣は皆、最低でも一回は皹を入れられた後に完全破壊されている。
天地崩滅斬玄武に皹を入れられ、その後紫龍フドウ貴鬼アテナエクスクラメーションで破壊された。
武神光臨剣:再び発動したの異様なまでの巨大な小宇宙により、皹を入れられ、その後エデンのオリオンズ・エクスターミネーションで破壊された。
重爆雷斬刃:「新生聖衣編」開始前に一輝から皹を入れられ、その後光牙から再び破損させられ、最後は再び一輝の力で今度こそ破壊された。

もうかませ牛だなんて言わせない。(・・・アテナの聖衣をそれほど大事にしなかったことが結果的に生存フラグに繋がったのかな?)

ハービンジャー
Ω90


まさかの大出世

サターンとの戦いが終結した後、なんと教皇に就任する羽目になった。
沙織の指名や他の黄金聖闘士が全員彼を指名、本人は当初嫌がったが結局「てめえらこき使ってやるから覚悟しやがれ」と悪態をつきつつ受理することにした。「今まで教皇の地位に拘泥してトラブルを起こした者達がいるがハービンジャーは地位への拘泥が無くまっすぐ」なのも理由であったようである。

シリーズ稀に見る牡牛座大出世となった。

  • グレートホーン

牡牛座伝統の必殺技。腕を組んだ姿勢から前面に突き出す際の拳速によって衝撃波を発生させ、前方に放つ。

  • グレイテストホーン
名前からグレートホーンを発展させたものと思われる。
グレートホーンのように直射することもできるが、その最大の特徴は腕を左右に振り抜くことによって全方位に向けて衝撃波を放てることにある。
この技で前述の4人を別の宮に飛ばしたあたり、意外と器用なのかもしれない。

  • シャドーホーン
ハービンジャー独自の技。自らを不定形の影に変え、変幻自在の挙動から攻撃を繰り出す。

関連イラスト

SCAR FACE
いきててよかった



関連タグ



pixivに投稿された作品 pixivで「牡牛座のハービンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1905

コメント