ピクシブ百科事典

青銅一軍

ぶろんずいちぐん

青銅一軍とは、漫画「聖闘士星矢」のメインキャラに対する非公式な呼び方である。
目次[非表示]

概要

主に原作に登場した青銅聖闘士のうち、メインキャラのペガサス星矢ドラゴン紫龍キグナス氷河アンドロメダ瞬フェニックス一輝、の5人を指す。

作中では冒頭の銀河戦争以外、殆どメインの上記5人とサブの5人が(なりゆき上ではあるが)二分する形で別行動を取っており、且つ実力にも大きな差があり、メイン5人が戦闘の最前線をほぼ担当していることから、呼ばれ出した用語である。

元々の才能も非常に高いものを秘めていたと思われるが(特に鳳凰星座の聖衣は扱いが難しく、適格者がなかなか現れるものではない)、5人とも数々の実戦を経由してセブンセンシズやエイトセンシズに目覚める等、黄金聖闘士や数々の強敵とも渡り合う力を付けていった。
聖衣はポセイドン編前に黄金聖闘士の血を受けて修復され、さらにハーデス戦ではアテナの血を受けて神聖衣となる能力まで備えるなど、そのチート化ぶりはすさまじい。
ファンのブログや掲示板のスレッドなどでもよく使われているが、
公式の用語ではなく、原作・アニメともこのような分類がされたことはない。

これに対して、サブの5人の事を青銅二軍と呼ぶ事もある。
原作では一軍及び二軍の全員が城戸光政を実父とする異母兄弟である(一輝と瞬のみ両親とも同じ)。

Ωにおいての一軍

過去の数々の活躍により、若手聖闘士達の間では伝説的な存在として有名になっているが、後述の理由により、13年前のマルス封印後は彼らの前に出てくる事は本編開始まで殆どなかったようである。
5人のうち星矢は射手座の黄金聖闘士として登場しているが、本編開始の13年前の戦闘により闇に引き込まれ行方不明となっており、本編時点では実体があるのかすらわからない状態になっているが、時折幻のような形で出てきていたが、後にアプスに対抗する保険としてマルスに捕獲されていたことが判明した。
また星矢の消失現場で城戸沙織と星矢以外の4人はマルスから魔傷を受けて聖衣をまとえなくなったため前線を退いており、長らくそれぞれの暮らしをしていた。
紫龍は既に妻子持ちとなったが、本編開始の数年前から既に魔傷が全身に回り、小宇宙を通してすらまともな会話ができない状態になっていた。
実質聖闘士としての活動は休業状態に追い込まれており、聖衣も息子であり本作のメインキャラである龍峰に引き渡している。
瞬は12話で登場。過去のマルス戦で魔傷を受け、聖衣をまとえない状態になっており、聖闘士業はこちらも休業して医師をやっていた。
氷河は21話で登場し、会話や通常の動作はできるようで技も放っていたが、何をやっていたのかは不明で、彼もまた魔傷があった。
一輝は魔傷を受けた体を賭して、たった一人で当時暗躍していたパラサイトと戦っており、パラサイト四天王のアイガイオンと渡り合い、彼の聖剣にヒビをいれるというとんでも無い偉業を成し遂げていた。

また、12話の瞬の回想シーンより、聖衣石システムに変更する直前には既に星矢が黄金聖闘士になっていたことが判明、星矢以外の4人は当時も青銅聖闘士のままだったようである。
(東映公式サイトにも瞬は青銅聖闘士として紹介されている)
また24話のシャイナの回想によると、当時赤ん坊だった光牙を沙織が拾って育てると宣言した現場に彼ら全員が揃っており、このため光牙の存在は一軍全員が知っていた。
しかし青銅二軍の面々、パライストラの教員となった元聖闘士達は彼を知らなかった模様であり、光牙の存在が一軍にとって特殊なものであったことを示唆している。

また、当作の時系列は龍峰の年齢から考えて、旧作から最低でも14年以上経過していることになり、一軍の面々もどう年数を最大限詰めても27〜29歳であるが、これだと紫龍が13歳相手に子作りをやらかしたことになってしまい、旧作の彼の生真面目キャラからすればそぐわない面もあり、また他の戦いがいくつかハーデス編後にもあった可能性も高いので、実際はさらに数年くらいのインターバルがあるものと思われ、おそらく30代前半〜下手すればアラフォーになっていると思われる。

しかし全員未だ全く容姿が老けていない
(星矢は13年前に消失し、別空間などにいるのであれば歳を取ってないのも納得なのだが)
紫龍も息子がローティーンになるほどの年齢でなお若々しい容姿を保っている。
むしろ現役時代が10代前半の割に大人びた容姿なので、年齢が容姿に追いついた(追い越した?)とも言える。

1期終盤で魔傷の力の元であったアプスが滅亡したため2期においては紫龍は回復しているが、既に管理していた天秤座の黄金聖衣も弟弟子の玄武が持っているために、実質的な半隠居状態となっていた。星矢はそのまま黄金聖闘士として聖域に詰めており、瞬は青銅聖闘士に復帰して新しい聖衣を発動させたものの後輩や黄金聖闘士達とは別行動を取っている。
一輝は当初消息不明であったが、アイガイオンとの戦闘でのダメージをカノン島の噴煙で治療していた。
パラスベルダ攻略作戦では星矢が前線指揮官的立場で参加。他4人もそれぞれ戦場に馳せ参じ無双状態。紫龍は玄武が戦死したことを受け天秤座の黄金聖闘士として復帰した。
パラス城攻略では一輝が単独先行、紫龍・氷河・瞬はそれぞれ3つのチームに別れた新青銅一軍の後見的立場で付き添い、星矢は他の黄金聖闘士とともに沙織の護衛にあたることとなった。

尚、氷河・瞬・一輝は青銅聖闘士のままであるものの、伝説の聖闘士だけあってその実力は黄金聖闘士に匹敵する。
刻闘士達との戦いが終わった後は一輝はいずこかへ去り、星矢はそのまま黄金聖闘士として聖域に残ったが出世には興味は無い模様で、他の黄金聖闘士とともにハービンジャー教皇に推薦し彼を就任させた。

LegendOfsanctuaryにおける青銅一軍

以下、映画のネタバレを含みます








本作のキャラの例に漏れず、年齢設定は大幅に変わっており、4人が16歳、一輝が20歳という設定になっている。
異母兄弟設定の有無は明らかにされておらず、城戸光政が選抜した孤児あがりということ以外は不明。
星矢のみ、沙織と過去に接触していたらしいエピソードがある。

関連タグ

聖闘士星矢 青銅聖闘士 聖闘士星矢Ω 黄金一軍 新青銅一軍 青銅二軍LegendOfsanctuary

pixivに投稿された作品 pixivで「青銅一軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40083

コメント